« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

70代女性、右手掌手術後使いづらかった右手を使って畑仕事ができるようになりました。

1031 頂いた花

 70代女性、たくさんのお花を頂きました。

 庭に咲いた花を切る前には畑仕事もしてきたそうで、昨年末に右手掌の手術をして以来、右手の動きが強張って体全体の活動も低下していましたが、右手の回復につれて体を動かしたいという気になれたようです。

 大きなスコップを使ったそうなので、右肩が下がり、右大腿後側がこって、対角線の左の腰から殿部もこっていました。

 座位の触診では丸くなっていた背中ですが、全身指圧後にはよく伸びて、指圧後半にはおなかが動きました。

 冷えはなく、時々耳が聴こえづらいことがあるということでしたが、両方の側頸部と耳の周囲の指圧で血行が良くなったようで、指圧中に会話が通じないということはありませんでした。

 最後にマジョラムとジンジャーで右手掌のオイルマッサージをすると、「自分がやるとこんなふうに気持ちよくできない」とのこと、右利きが左手でマッサージをすれば左手に力を入れることで全身が緊張してしまうのでしょう。

 右手根部にはスコップを握った硬さがありましたが、マッサージの後はゆるみ、示指に伸びる縫合痕も薄くなってきています。

 使ったオイルの残りをお渡しして、「塗布くらいのマッサージ」を続けていただくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

残心、圧して放しながらも集中の持続。

1030 5mの柿

 柿の実が届かない高さにたくさん残っているので、届くところで木を切ろうと思います。

 高い木を見上げる枝切作業が続いていますが、毎日のストレッチで首、肩、腰、脚、朝になるとゆるんでいます。

 今夜のNHK「グッと!スポーツ」で剣道の西村英久さんを取り上げるそうで、テレビ欄に「残心」という言葉がありました。

 技をきめてからも集中力を持続する武道の残心は、指圧の三原則の一つの「集中」も同じです。

 診断即治療の極意は「触れた瞬間に感じて検査し、適量刺激の圧刺激に調整する」ということですが、集中の原則によって圧を抜いていく時も、考え、感じ、次の一圧しに活かしていくということです。

 診断と治療は圧しながら常に相乗効果で適量刺激を探っていきます。

 力任せに圧せばいいということではないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

プラセボストレッチ。

1029 中華まんの月

 桜の木の間から見上げる月を中華まんのようだと感じたのは、気温のギアが一段、ローに入ったからのようです。

 今朝の産経新聞にプラセボ薬をそうと知って服薬しても効果が出るという記事がありました。

 還元麦芽糖を原料とした加工食品であるプラセボ薬で、片頭痛や過敏性大腸炎やうつ病の方の症状を改善できた症例はたくさんあるようです。

 十分な量の薬が投与されていても効果が出ない時に、薬剤成分を増やすことが体に害になることがありますが、プラセボ薬は「もう治療法がない」という不安を解消してくれます。

 プラセボ効果は痛みを抱えた方が「効かないストレッチをすること」でも起こると、私は感じています。

 筋肉や関節の傷を修復するのは血液ですから、急性期を過ぎて動かさないでいると血流が悪くなって症状の改善が遅れます。

 可動域は狭くていい、ブラブラと動かすだけでいい、鏡を見ながら視覚にも訴えて「治療につながるストレッチをしていること」を脳に確認させておくと、痛みの悪循環をなだめ、断ち切ることができます。

 左の腰が痛いのであれば、右の腰のストレッチができることをまず視覚でも確認して、そのストレッチをゆるめる方向に戻す時には、左の腰の軽いストレッチになっています。

 左の腰のストレッチは、ストレッチをしている真似くらいから始めて、少しでもストレッチ方向に動かせばいいのです。

 ちょっとした角度の調整、少しの持続の長短でストレッチ効果が生まれていきます。

 始めはプラセボストレッチかもしれませんが、続けていけばそこに薬効があることがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

70代男性、免許更新に必要な認知症検査前の指圧。

1028 ミントも紅葉

 今朝は窓に結露がついていました。今週は最低気温が10℃以下になる予報、ミントも緑のままではいられなくなってきました。

 今朝のNHKテレビで壊れた石垣の石積みの技術を継承していこうとする方のドキュメントを放送していました。

 石積みをして石垣が修復されると地域が元気になるという言葉が印象的でした。

 荒れた肌の肌理を整えることや、指圧で体の崩れたバランスを整えることと石積みは同じなのです。

 荒れやこりを放置しておけば、その不安定さに慣れてしまって、余計に汚れ、傾いて、さらに大きな崩壊や病気が生まれます。

 昨日指圧をさせていただいた70代男性は、免許更新をするために必要な認知症の検査をしてくるとのことでした。

 見えるところだけでなく、見えないところまで、年を重ねると検査をして異常のないことを証明することが必要になるようです。

 指圧で全身に触れさせていただいて、左右差を整え、こりをゆるめ、おなかも動いて、会話にも全く問題ありません。

 足、膝、股関節の動きも滑らかになったので、アクセルとブレーキの踏み間違えることもないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

右股関節をかばって重たい物をもって、右肩こり+左大腿後側のこり。

1027 ネギの花

 今朝起きて寒くないと思ったら外は雨、倒れたネギの中で一本だけ花が咲いていました。

 60代女性、右肩と左大腿後側がこっていて、お疲れのようで指圧中はよく眠りました。

 私でも持つと重たいお米と野菜をいただき、他にも何軒かに分けていたそうなので、肩こりになってもおかしくはありません。

 右股関節に時々痛みが出るのでそれをかばって重たい物を持ち上げる時には左膝の屈伸の力を使います。

 指圧前は右肩が上がっていましたが、指圧後は肩を上げる僧帽筋がゆるんで左右差がなくなりました。

 胃経の指圧でおなかがよく動いていたので体全体の血流が良くなっています。季節の変わり目でもありお疲れのようでしたが、大きな問題はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

今朝は暖かいと感じても手袋がないと手が冷える。

1026 マジョラムにも紅い葉

 今朝は暖かくて手袋も帽子もネックウォーマーもウインドブレーカーもなしでウォーキングに出かけましたが、帰りに手が冷たくなっていました。

 風を切って歩くと体幹の熱を逃がさないために末梢の血管が締まって手先が冷えたようです。

 庭のマジョラムの葉の中に紅い葉ができていたように、気温の低下によって変化をもたらす組織が体の中にもできてきます。

 気温と湿度が下がると肌や粘膜の潤い不足で皮膚や呼吸器のトラブルが起こりやすくなります。

 昼間や暖かいうちはいらないと思っても、陽が当たらない場所や風が吹く時には風邪の予防のためにも防寒具の用意が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

80代女性、左側頸部と左坐骨神経に沿ったこり、風邪。

1025 探せばまだ実が

 葉が薄くなった木で遅く熟したブルーベリーの実、探せばまだ5、6個みつかりました。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、左側頸部に湿布を貼っていて、左下肢には坐骨神経に沿ったこりがありました。

 時々脚がふらつくことがあるそうで両膝にサポーターをしていましたが、膝は悪くないので、サポーターがかえって膝関節の可動域を狭めて、足を上がりにくくしていたような感じもあります。

 指圧後に風邪気味だということでかかりつけの病院に出かけていきました。なかなかフットワークが軽く、明後日のお出かけのために早めに風邪を治しておきたいようで、症状は鼻風邪程度です。

 前回の指圧後に歯科医院にお連れした90代の旦那様は別の病院で8本抜歯の必要があるため一日入院してくることになったようです。それでも食欲もあり、顔色も良く元気でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

雨粒の点圧。

1024 クラゲに似ている

 今朝は晴れ間もあって傘なしで歩き始めましたが、6時を過ぎて雨が降り出しました。

 ウォーキングをしている他の方たちも雨が降るとは思っていなかったようで、時々強くなる雨に上着を傘がわりにしている人もいました。

 降り始めの雨粒が道を黒い小さなドット模様に染めていきます。

 浸透していく雨粒は、指圧の適量刺激を思い起こさせました。

 広く、くまなく、やさしく、過剰な刺激の水溜りを残さないように…。

 道端や庭に急に増えたタンポポの種は、弱い雨風に揺れて海に漂うクラゲに似ているなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

左膝痛、1ヶ月かかって治ってきました。

1023 令嬢の会釈

 赤と白のゼラニウムの花、赤いフード付きのドレスを着た女性が白いスカートのすそをつまんで会釈をしているように見えます。

 30代男性、主訴は左膝痛、1ヶ月かかって痛みがかなり減ってきました。

 右大腿後側と左のふくらはぎがこっていたので、右膝を使って左膝関節を安静にする使い方を自然としていたようです。

 膝の屈伸で立ち上がる動作の繰り返しで体重がかかっていたことも左膝痛の原因と思われますが、年齢や経過を診ていると膝関節の大きな変形ではないようです。

 軟骨がはがれて刺さる関節鼠のようなことが痛みの状態からいえば近い感じがします。

 関節内の傷はかなり修復されて、古傷が関節の曲げ伸ばしで引きつれるような感じで痛みが出ることは時々あるようです。

 左膝が使いにくいので滞っていた血流も指圧後は血行促進されて、首から上で熱を発散していました。

 体の使い方の意識ができたようなので、再発や悪化は避けられると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

健康体操でばね指が治った方がいらっしゃいました。

1022 紅玉が届きました

 青森の紅玉を頂きました。今年の紅玉は酸味も甘味も濃くて去年、一昨年よりも美味しく感じました。

 昨日は自治会のイベントで健康体操の指導をしてきました。

 前回の健康体操の後、前腕屈筋のストレッチを続けていたらばね指が治ったという方がいらっしゃって嬉しかったです。

 体のどこかに痛みを抱えている方でも、痛みの出ない範囲で患部を血行促進するストレッチやエクササイズを続けていけば、ずっと同じ痛みが続くということはまずありません。

 症状改善のヒントは動かし方のコツを会得することにあります。毎日の指圧でも講座やセミナーでも必ずストレッチやエクササイズのやり方をお伝えしています。

 これからも効果を感じていただける方がいらっしゃると信じて、続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

今日は町内清掃の後に健康体操。

1021 秋晴れの朝

 今朝はよく晴れてウォーキングでは手袋がほしいくらい空気がひんやりとしていました。気持ちのいい一日になりそうです。

 午前中は町内清掃で近所の道端のゴミ拾いなどをして、その後に自治会のイベントで健康体操の指導をしてきます。

 健康体操の28種類の立位のストレッチは12月のアロマ指圧2日間集中講座でも行います。

 首、肩、腰、脚、全身のこりや痛みを緩和できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

右の首と肩のこりを自覚、左大腿後側のこりは意識にのぼらない。

1020 キクの仲間

 少し青味がかったキクの仲間、庭の雑草の中で咲いています。

 旅行の長時間の座位移動で右の首と肩のこりが主訴の女性、左膝の可動域が狭くなっていて、左大腿後側の膝を曲げるハムストリングスがこっていました。

 意識にのぼる主訴があれば、その対角線のどこかに意識にのぼらないこりが生まれているものです。

 右に頭の重さがかかれば左半身のどこかにも固定されて使わな過ぎのこりが生まれます。

 指圧で左右同時に圧さないのは、体には左右差があり、適量刺激を求めるならば刺激量が左右同じではいけないからです。

 主訴とはかなり離れた位置に主訴と同じくらい痛みを抱えたこりがあっても2ヶ所同時に意識できないことが多いものです。

 指圧の診断即治療とは検査をしながらその一圧しを治療効果のある適量刺激に調整していくということです。

 今回の主訴だけを指圧していれば見過ごしてしまう対角線のこりは、胃腸の動きを活発にするポイントでした。

 体の不調を改善するポイントは固定されて動かさな過ぎの部位にも生まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

秋にソメイヨシノが咲く、葉が台風で散って開花の抑制が効かない。

1019 雨上がる

 今朝は歩き始めた頃に少し強い雨が降って、帰りは晴れ間が増えて雨が止んでいました。

 今年の大型台風でたくさん葉が散らされたソメイヨシノが各地で開花しているそうです。

 葉には開花を抑制する働きがあり、急に多くの葉を散らされたソメイヨシノは開花を抑えることができなかったようです。

 花が散ってから繁るソメイヨシノの葉にも意味があり、何事も刺激が多過ぎると異常が生じます。

 指圧でも同じことが言えます。こりには弱い刺激を、急がず患部から遠まわりの施術をすることが無理のない刺激になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

昨日の腰痛のアロマ指圧講座。

1018 抗菌免疫風邪対策

 昨日は原宿生活の木で「腰痛に坐骨神経に沿った深層筋のアロマ指圧」の講座でした。

 開店前のショーウインドウには保湿のシアバターが並んでいて、手書きの看板では抗菌作用があって免疫を高めるマヌカハニーとプロポリススプレーを季節商品としてプッシュしていました。

 講座では腰の筋肉の重層構造の説明の後、腰部、殿部、下肢後側の坐骨神経に沿った指圧とマジョラムとジンジャーを使った足から膝までのアロマオイルトリートメントと腰痛改善のストレッチの実技を行いました。

 神経の持続的な圧迫が神経痛の鎮痛をもたらすことを実技を通して実感していただけた方がいらしたのは幸いでした。

 指力で筋肉を潰すのではなく、圧して放すポンプの力で浅層から徐々に筋肉や筋膜の癒着を解放して、栄養と酸素に富んだ動脈血を送り込むことによって症状を改善していくのが指圧・マッサージです。

 アロマ指圧をすること、アロマ指圧を受けることで、血液検査の結果が全て基準値内になったという方がいたことも嬉しいことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

腰部浅層の広背筋からの筋肉と筋膜の重層構造、大腰筋までは遠い。

1017 広背筋で引っ張り下ろす

 高い枝のカラスウリ、蔓を引っ張って下ろす時に使うのが広背筋です。

 今日は原宿生活の木で「腰痛に坐骨神経に沿った深層筋のアロマ指圧講座」、腰の浅層にあるのが広背筋です。

 広背筋の下には息を吐く時に胸郭を引き下げる下後鋸筋、その下に胸腰筋膜に包まれた脊柱起立筋があって、その下に腸骨稜内側から腰椎の側面に広がってを第12肋骨に停止する腰方形筋、さらに腰椎の前側に大腰筋があります。

 腰方形筋までは体幹を反らす方向に働く筋肉、大腰筋の働きは体幹前屈ですから背筋群と大腰筋では働きが違います。

 筋肉の形と位置と深さと働きをイメージしながら癒着をはがして血行促進することができれば解剖学的な筋膜リリースです。

 浅層から少しずつゆるめていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

訪問マッサージ受領委任の申請に施術者登録番号が必要。

1016 カラスウリとカタツムリ

 庭の木の高い所ににからみついていたカラスウリを写真に撮ろうとしてキウイの低い枝にぶら下げたらカタツムリがいました。カラスウリとカタツムリ、名前の似た物コラボです。

 訪問マッサージの受領委申請に日マ会(日本あん摩マッサージ指圧協会)の施術者登録番号が必要だということで調べてもらったら未登録だったそうで番号をつけていただきました。

 日本指圧師協会経由で日本あん摩マッサージ指圧協会に所属しているので、事務手続きで見落としたままになっている人がいるかもしれません。私に施術者番号が必要だったことが今までありませんでしたから…。

 今月末までが受領委任申請の締め切りです。申請される方は施術者番号の御確認を。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

山茶花(サザンカ)。

1015 サザンカ

 サザンカの花が咲きました。

 花が立体的で葉が尖っているのがツバキ、花が平面的で葉が丸いのがサザンカ、サザンカは10月から12月に花をつけ、ツバキはサザンカより遅れて花をつけます。

 伸びた枝を切っていたら、葉隠れの花が顔を出しました。

 「たきび」の歌の、サザンカの咲いた道で落葉焚きができた頃と今とでは環境がずいぶん変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

70代男性、冷えてこりが強まる、左足の冷え、左耳たぶ上部の冷え。

1014 ヤマゴボウ

 玄関横に自然に生えたヤマゴボウが色づいてきました。

 70代男性、2週間ぶりの定期的な指圧、めずらしく左足が冷えていました。

 全体的にこりが強く、寒さで縮んだ感じで、首、肩、上腕、背中のこりを指圧でゆるめていくと、仰臥位の指圧ではいつもよりも大きな音を立てておなかが何度も動きました。

 左耳たぶの上の方が冷たかったのも右利きの左半身を固定した体の使い方で左に血行不良が現れやすいということです。

 右膝伸展のストレッチでポキッと音がしたのは右足体重で右膝軽度屈曲の状態が続いていたからでしょう。

 指圧後は体が温かくなってこりがゆるんでいたので問題はありません。

 今朝は雨が降ったりやんだりで寒い一日になりそうです。肩を回したり、膝の屈伸をしたり、関節を固定して血行不良にならないように体を動かしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

昨日の夕方から寒くなりました。

1013 カラフルミニトマト

 ウォーキングで見つけた畑のミニトマト、ハロウィンカラーや白いミニトマトも混ざっています。

 昨日の夕方から急に寒くなりました。

 こんな時は重ね着をして首の周りから冷気を入れないようにしないと風邪を引きます。

 冷え性の方や関節痛のある方は、くるぶしまでのアンクルソックスではなく、アキレス腱まで届く普通サイズの靴下に変えてください。

 最高気温が20℃以下という気温にはまだ慣れていないので、こんな日に薄着で仕事をすると肩こりや腰痛になるのでお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

指圧の手の構え、手掌の虫様筋と掌側骨間筋で体重移動を完成させる。

1012 今朝は雨

 天気予報がくもりを伝えていた今朝は雨が降りました。小さな花も濡れて頭を垂れています。

 昨日は11月のセミナーの1ヶ月前でレジュメに加筆して提出しました。

 ハンドマッサージがあるので手掌の筋肉について見直していて思うのは、指圧の手の構えが優れているということです。

 指の付け根の中手指節関節を屈曲し、2つの指節関節伸展で、四指を中指に寄せる形を作るのに働くのは虫様筋と掌側骨間筋です。

 物をつまむ、握るという動作に必要なこの形を指圧では平面上でも作って、母指への体重移動を完成させます。

 腕力で圧し込むような疲れる圧し方ではなく、正しい指圧の圧し方ができれば、長寿に欠かせない物をつまむ、握るという動作が衰えません。

 虫様筋と掌側骨間筋には無理に力を入れる必要はなく、中手指節関節屈曲+2つの指節関節伸展のこの指圧の構えが作れていればいいのです。

 セミナーが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

90代男性、口の中で出血、心臓の薬には出血傾向の注意もありましたが…。

1011 背くらべをすれば違いあり

 今朝のウォーキングで拾ったドングリ、「ドングリの背くらべ」という言葉は「ほとんど違いがない」という否定的な表現で使われますが、並べてみると個性があって、違いがあります。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、左肩、左腰から殿部にこりがありましたが大きな問題はありませんでした。

 問題があったのは90代の旦那様、昨日と今朝、口の中で量の多い出血があったそうで、心臓病があるのでお薬手帳を見せていただくと処方薬に出血傾向の注意があります。

 最近の血液検査の結果も見せていただくと、これはほとんど基準値におさまっていました。

 ちょっと痩せたようでもあり薬のことも心配でしたが、歯科に車でお連れすることになって、その診察の結果は歯茎に残っていた奥歯と入れ歯の噛み合わせの刺激で出血したそうで、翌日にもう少し高度な治療のできる歯科に行くように紹介状を書いてもらったということです。

 その後、またレストランで御馳走になって、90代がほとんど一人前ステーキ御膳を食べていたとは、診察した歯医者さんはきっと想像できないでしょう。

 あのまま放っておいたらヘナヘナとなっていたかもしれません。帰りはもう元気になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

反応を高めるコツ、追い込み過ぎない、逆の動きを取り入れる、忘れている時間を作る。

1010 落花生

 庭の畑に落花生の実ができていました。どんな味か楽しみです。

 来週の原宿生活の木の講座、11月のセミナー、12月の2日間集中講座、来年の春夏の講座の企画など、考え事や書き物をしていたら体重が1kg減っていました。

 私の場合は、書き物や創作活動をしている時が一番エネルギーを使うようです。

 便秘の方や体重が落ちない方では、そこに意識が集中するあまり、かえって効果が出ないという方がいらっしゃいます。

 排便をしなければという強迫観念にも似た追い込み過ぎや、痩せるための努力のストレスが、かえって効果にブレーキをかけているということもあると思います。

 腰痛などの痛みでも、何かに集中している間は痛みを忘れていることがあります。

 怨みや仇のように思い続けないで、痛い時は、美味しいや楽しいや気持ちいいという感覚を得ることが薬になります。

 猫背の人は、一度背中を反らしてから体を良い姿勢に戻し、上腹部だけを前に倒すように力を入れてみると、腹筋群が肋骨下部を下に引こうとする緊張に対抗するために猫背になりません。

 思いきり一つの方向への力を使うのではなく、それがダメだった場合に次の手も打てるように柔らかく体を使っておくと、次の反応がしやすくなります。

 逆張りの発想が閉塞感を突き破ることは指圧ではよくあります。

 指圧やアロマやストレッチで自分の体に起こる良い変化が皆さんにも起こるように、講座やセミナーで伝えていきたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

70代女性、右片頭痛、前日と比べて気温と気圧が下がる。

109 カリン

 今朝は新聞の休刊日なので少し遠くまで歩いてきました。コスモス、菊、プチトマト、柿、ハロウインカボチャ、オレンジ色が目立つ中、カリンの地味な青い実にも静かな存在感がありました。

 70代女性、主訴は右の片頭痛、朝のうちに畑の草取りをしたそうで、首、肩、背中、上肢がこっていました。

 右半身がこっていて、右大腿外側のこりと左足の冷たさは、右脚をO脚に使った右足体重で左半身をほとんど使っていなかったということです。

 首はやや左に回旋していましたが、指圧中はおなかもよく動き、全身指圧後には首の向きも矯正されて頭痛もなくなっていました。

 晴れの日曜日との気温差と気圧差で、くもりの昨日は頭痛の起きやすい日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

昨日の晴天から今朝は曇り空。

108 イヌタデ(アカマンマ)

 昨日の夏のような晴天から、今朝は重たい曇り空、急な気圧の変化でこんな日に頭痛や関節痛が悪化します。

 今朝不調を感じていない方は体を動かしておくことが頭痛や関節痛の予防になります。

 今日は体育の日、今朝の新聞には「汗臭くなるのが嫌で運動をしない若い女性が増えている」という記事がありました。

 香り成分の中にはスカトールのようにクサイものもありますが、香水の中にはスカトールが含まれているものもあります。

 無臭や無菌を目指すと体を弱くしてしまうことがあり、ちょっとクサイ香りが含まれることで絶妙な香水のブレンドになるということもあります。

 汗をかく習慣は、嫌な匂い成分をデトックスして、体臭を減らすことにもなります。

 老廃物を溜めた体は、頭痛や関節痛の素を溜めているということです。

 人間は動物だから動く、運動する、それがないと気圧の変化に適応しにくい体になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

指圧後だるくなった時は疲れが溜まっていたということです。

107 ホウジャクのホバリング

 羽ばたきながら空中で蜜を吸う蛾の仲間のホウジャク(蜂雀)、今朝はたくさん飛んでいました。

 40代女性、主訴は肩こり、右の肩上部僧帽筋に主訴のこりがありましたが、左上腕外側にも強い痛みを伴うこりがあり、左肩甲下部1点目の指圧ではポキッと音がして関節包の中の空気がはじけました。

 右肩が下がって左肩が上がり、右手を使うために左上肢が固定され、左上肢外側と左脊柱起立筋は、動かさな過ぎで収縮していました。

 また右足体重で両股関節の可動域が狭く、下肢後側のストレッチでは左右ともに坐骨神経に沿った痛みがありました。

 指圧中、前回の2月の指圧後、翌日は動くのが辛いほどだるくなったというお話をうかがうことができました。

 これは疲労物質や痛み物質が体中に詰まって溜まっていたので、全身指圧で血行促進されて血管が拡張されると、緊張からの緩和のギャップが大き過ぎてだるくなり、また疲労物質や痛み物質が排出されていく過程で全身運動になっているのでより強いだるさを感じたのでしょう。

 季節の変わり目に不調になって指圧にいらっしゃる方なので、それに懲りずに指圧に来ていただけて良かったです。

 指圧後に強いだるさに襲われる方に施術する場合は、刺激量を減らします。

 私の指圧は強く圧してはいませんが、手を当てただけで体が大きく変化する方はたくさんいらっしゃいます。

 垂直圧ができていれば、強く圧すつもりはなくても、もっと弱く調整したほうがいいというケースがあります。

 一時間足らずで全身指圧とストレッチが終わった後は、「肩こりは楽になった」そうです。今回は動きたくないほどだるくはならないでしょう。

 今回も指圧に来るまでしばらく我慢をしていたそうなので、もう少し早めに来ていただけると、後でだるさを感じることはないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

飯能生活の木 花壇に「てあて」の札。

106 やさしいてあて

 飯能生活の木 薬香草園の花壇の木札、「手当て」でもやさしいケアをしていることがわかりますが、平仮名にしたことでやさしさが増しています。

 ハーブの世話をする方がやさしいからか、このハーブガーデンの丘では特別な風を感じることができます。

 診るだけでなく、直に触れて、傷を確認し、添え木をしたり、薬を使ったり、栄養を加えたり、そこには具体的に状況が改善する方法があり、技術があって、そんな具体的でわかりやすいやさしさがあることは指圧やアロマテラピーでも大切なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

肩甲骨を動かす筋肉をゆるめるアロマ指圧講座。

105 スープではない

 飯能の生活の木のハロウィン企画のお知らせ、レストラン横の掲示板にあったので「スープ作り」かと思ったら「ソープ」でした。今度の月曜日もやっています。

 昨日のアロマ指圧講座は「肩甲骨を動かす筋肉をゆるめるアロマ指圧」の実技でした。

 肩甲骨は鎖骨と上腕骨と関節し、本来は胸郭の上を滑るように上下、左右(内転外転)、上方回旋、下方回旋の動きをします。

 猫背の姿勢が続くと、肩が上がり、肩甲骨が背骨から離れて、肩が内転内旋に使われて、肩甲骨の動きが悪くなります。

 講座では肩甲骨に停止して肩甲骨を動かす6つの筋肉の指圧を中心に、肩甲骨に起始して上腕を動かす12の筋肉についても説明し、肩周囲のこりを指圧とストレッチ、ラベンダーとローズマリー・カンファーを使った上肢のアロマオイルトリートメントでゆるめました。

 肩こりの原因となる筋肉はたくさんありますから、肩上部僧帽筋を強く圧すことで症状が改善することはまずありません。

 筋肉を知り、肩甲骨の動きを知ることで、本来は胸郭の上を滑るように動くのが肩甲骨だということを感じていただけたのではないかと思います。

 ハーブガーデンの上のほうは倒木で通行止めの道がありました。台風の被害は飯能の薬草香園にもありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

週2回20分のスロースクワットで血糖値が下がる、昨日の「ガッテン」。

104 ギンナン

 大きなイチョウの木の下にはブルーシートが敷かれ、ギンナン収穫の準備ができていました。

 昨日のNHK「ガッテン」は「週2回20分のスロースクワットで血糖値が下がる」という内容でした。

 10秒かけてゆっくりと腰を沈め、膝を曲げていくスロースクワットで、遅筋(赤筋)と速筋(白筋)の中間のピンク筋が増えるそうです。

 ピンク筋は脂肪を燃焼する赤筋と糖を燃焼する白筋の両方の性質を持ち、効率よく脂肪と糖を燃焼するそうです。

 今日は飯能でアロマ指圧講座なので、午後の指圧は4時からになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週2回20分のスロースクワットで血糖値が下がる、昨日の「ガッテン」。

104 ギンナン

 大きなイチョウの木の下にはブルーシートが敷かれ、ギンナン収穫の準備ができていました。
 昨日のNHK「ガッテン」は「週2回20分のスロースクワットで血糖値が下がる」という内容でした。
 10秒かけてゆっくりと腰を沈め、膝を曲げていくスロースクワットで、遅筋(赤筋)と速筋(白筋)の中間のピンク筋が増えるそうです。
 ピンク筋は脂肪を燃焼する赤筋と糖を燃焼する白筋の両方の性質を持ち、効率よく脂肪と糖を燃焼するそうです。
 今日は飯能でアロマ指圧講座なので、午後の指圧は4時からになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

後頸部のこり、頭部顔面に痛み、不快感。

103 冬桜

 ウォーキングコースの道端に冬桜が咲きました。

 50代男性、台風の前から後頸部のこり、頭部顔面の痛みと不快感が続いています。

 猫背で両肩甲挙筋がこっていて、鼻風邪か副鼻腔炎もあるようです。肩甲間部の「風門」と後頸部の「風池」は圧痛点になっていて、急な気温と気圧の変化で風邪を引いたということもあるかもしれません。

 伏臥位の指圧で首から背中を弱い圧の指圧を繰り返してゆるめ、仰臥位の指圧ではいびきをかいて眠りました。

 呼気から喫煙者であることがわかり、睡眠時無呼吸もありそうで、後頸部のこりと肥満気味の体型から椎骨動脈の動脈硬化のような詰まりもあるかもしれません。

 肩甲挙筋は左のほうがよりこっていて、首はやや左に傾いています。左橈骨動脈の脈拍が右よりも弱いので、左の首から上肢に血管の詰まりはあります。

 左三叉神経に沿った下顎骨周囲の痛みの訴えもありました。

 緊急性を伴う重篤な症状であれば指圧中に眠れないので、この指圧後に楽になるようであればすぐに病院を受診しなくてもよさそうです。

 喫煙習慣と推測される睡眠の質の悪さからは筋肉には酸欠が起こりやすく、こりは繰り返すと思います。

 健康観、死生観は重篤な症状になるまで変わらないかもしれませんが、この指圧で症状の改善がみられるようでしたら定期的に指圧でメンテナンスをしていくことをお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

あん摩マッサージ指圧の受領委任制度、来年1月1日から。医師の同意書がある保険診療では接骨院と同じ支払い形式に。

102 台風で落ちた鳥の巣

 道端に落ちていた線維の塊、蔓草も混じっています。台風で落ちた鳥の巣のようです。器用に編まれていて、見つけた時は鳥のヒナかと思いました。

 来年1月1日から、医師の同意書がある保険マッサージに接骨院と同じように受領委任制度が適用されます。

 今までは保険マッサージの治療院(施術者)に全額を払って、後から患者が申請をして保険負担分の返還を受けることになっていたのですが、受領委任制度では一部負担金を患者が支払い、治療院が保険負担分を請求することになります。

 保険マッサージでは患部が限定されますので、右上肢とか両下肢とかの施術になります。

 私の考えでは回数を減らしても全身の施術をお薦めしますが、経済的に利用しやすいというメリットと患者の申請がいらなくなるというメリットが増えたことは大きいと思い、私も申請することにしました。

 埼玉県であん摩マッサージ指圧の受領委任制度を利用する場合には10月末までに関東信越厚生局指導監査課への申請が必要です。

 ホームぺージから申請書をダウンロードできます。その他に国家資格の免許コピーと施術所の開設届けのコピーが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

陸上長距離の右大腿直筋起始部痛、2回目の指圧。

101 台風で折れた枝

 今朝はいつものウォーキングコースが台風で折れた木の枝で敷き詰められていました。昨夜は夜中まで大きな渦のように風が吹き荒れました。

 陸上の部活をしている中一女子、右大腿直筋の起始部を痛めて2回目の指圧です。

 先週は新人戦の2日前に指圧をして、その後いつもよりも食欲が旺盛になったそうで、新人戦の日は雨でしたが無事走ることができたようです。

 今回は股関節屈曲+膝伸展で痛みが出る範囲が狭くなっていました。

 右脚に大きな負担をかけないような走り方もできているようで、右下肢は大腿前側をのぞいてゆるんでいました。

 台風の前で気温の上下があって、来た時にはノースリーブの両上肢が冷えていましたが、全身指圧で血行促進されて指圧中には何度か眠り、上肢も温かくなりました。

 右大腿前側の大腿直筋には患部があるので、この胃経の指圧でおなかもよく動きました。

 指圧後、右股関節の屈曲で痛みは減り、右股関節伸展のストレッチでも引っ張られる時の痛みは減っていました。

 無理をしなければ自然と治っていくでしょう。

 痛みの出ない範囲のストレッチと、やや歩幅を狭めた走り方ができれば次の大会にも出られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »