« 飯能生活の木 花壇に「てあて」の札。 | トップページ | 昨日の晴天から今朝は曇り空。 »

2018年10月 7日 (日)

指圧後だるくなった時は疲れが溜まっていたということです。

107 ホウジャクのホバリング

 羽ばたきながら空中で蜜を吸う蛾の仲間のホウジャク(蜂雀)、今朝はたくさん飛んでいました。

 40代女性、主訴は肩こり、右の肩上部僧帽筋に主訴のこりがありましたが、左上腕外側にも強い痛みを伴うこりがあり、左肩甲下部1点目の指圧ではポキッと音がして関節包の中の空気がはじけました。

 右肩が下がって左肩が上がり、右手を使うために左上肢が固定され、左上肢外側と左脊柱起立筋は、動かさな過ぎで収縮していました。

 また右足体重で両股関節の可動域が狭く、下肢後側のストレッチでは左右ともに坐骨神経に沿った痛みがありました。

 指圧中、前回の2月の指圧後、翌日は動くのが辛いほどだるくなったというお話をうかがうことができました。

 これは疲労物質や痛み物質が体中に詰まって溜まっていたので、全身指圧で血行促進されて血管が拡張されると、緊張からの緩和のギャップが大き過ぎてだるくなり、また疲労物質や痛み物質が排出されていく過程で全身運動になっているのでより強いだるさを感じたのでしょう。

 季節の変わり目に不調になって指圧にいらっしゃる方なので、それに懲りずに指圧に来ていただけて良かったです。

 指圧後に強いだるさに襲われる方に施術する場合は、刺激量を減らします。

 私の指圧は強く圧してはいませんが、手を当てただけで体が大きく変化する方はたくさんいらっしゃいます。

 垂直圧ができていれば、強く圧すつもりはなくても、もっと弱く調整したほうがいいというケースがあります。

 一時間足らずで全身指圧とストレッチが終わった後は、「肩こりは楽になった」そうです。今回は動きたくないほどだるくはならないでしょう。

 今回も指圧に来るまでしばらく我慢をしていたそうなので、もう少し早めに来ていただけると、後でだるさを感じることはないと思います。

|

« 飯能生活の木 花壇に「てあて」の札。 | トップページ | 昨日の晴天から今朝は曇り空。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指圧後だるくなった時は疲れが溜まっていたということです。:

« 飯能生活の木 花壇に「てあて」の札。 | トップページ | 昨日の晴天から今朝は曇り空。 »