« 指圧をすることはマインドフルネスです。 | トップページ | 丁寧な動きが癒しの空間を出現させる。 »

2018年11月 4日 (日)

薬指の爪揉みは交感神経を刺激するという理由として考えられるのは。

114 守り柿が食べられている

 一つだけ残っていた大きな柿が食べられていました。鳥のおなかの足しになったり、いざという時の備えになったり、枝だけよりも目のやり場があったり、取り尽くさないことが役に立つというのが守り柿の教えなのでしょう。

 最近テレビの健康番組で「爪揉み」の時に薬指は交感神経を刺激するので圧すなと言っていましたが、その具体的な説明がないのは気になりました。

 薬指の先端は尺側の半分が尺骨神経支配、橈側の半分が正中神経支配で、他の指の先端は正中神経か尺骨神経の単独支配ですが、この指の先端だけが2つの神経に支配されています。

 また薬指は三焦経の経脈の始まりで、上焦・中焦・下焦と分かれて口から肛門までの働きに関係しますから、上焦では心肺機能との関わりがあります。

 心臓の働きを活発にしたり、気管支拡張の働きは交感神経の働きですから、上焦に働きかければ交感神経を刺激することがあります。

 指圧や楽器の演奏で薬指を使う私はあまり動かしにくいと感じていないので、薬指が動かしにくいと感じない方もいらっしゃると思いますが、一般的には動かしにくい部位の刺激は強く感じることになるので痛いとか強い刺激だと感じて交感神経が緊張します。

 私は爪揉みだけをすることはなく、全身の指圧で答えを求めていきますので、薬指の爪揉みをしないという選択肢を考えたことがありません。

 薬指の爪の付け根尺側のツボ「関衝」も他のツボと同じようにちゃんとしたツボです。

 眉毛外端に終わる三焦経の井穴である「関衝」の効能には、頭痛、目の充血、めまいなどがあるとされています。

|

« 指圧をすることはマインドフルネスです。 | トップページ | 丁寧な動きが癒しの空間を出現させる。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬指の爪揉みは交感神経を刺激するという理由として考えられるのは。:

« 指圧をすることはマインドフルネスです。 | トップページ | 丁寧な動きが癒しの空間を出現させる。 »