« 70代男性、後頭下筋群のこり。 | トップページ | 指圧の指紋部の皮膚への密着、蓋を開ける時をイメージ。 »

2018年12月20日 (木)

昨日の「スマホの内巻き肩を改善するアロマ指圧講座」。

1220 夜は華やかでも…

 表参道の電飾をまとった木、夜は華やかでも、朝は可哀想に見えます。日中に表参道を歩く人には捕まってグルグル巻きにされてテッペンまで電飾を施された木がマイナスイメージになっているのではないかと思います。

 この木の南側が原宿生活の木、昨日は「スマホの内巻き肩を改善するアロマ指圧講座」でした。

 上腕骨の縦軸に対して腕を内側にねじるのが肩関節の内旋、それが内巻き肩です。

 体の正面で手仕事をする時、肩関節は内転+内旋されています。

 昨日の講座では肩の内旋筋である肩甲下筋、広背筋、大円筋に注目して、ストレッチ、指圧、アロマオイルトリートメントの実技を行いました。

 肩甲骨の前側を覆う肩甲下筋の指圧は、仰臥位で腋窩のできるだけ奥に母指先端を入れてから肩甲骨に向かって圧し下げます。

 メンテナンスされていない筋肉なので、肩関節は外転外旋の形にして肩甲下筋を緩めた状態から指圧をし、次に母指は当てるだけで肩関節の外転外旋の状態から内旋させることで圧をかける、肩甲骨の前面と後面の対立圧などの圧し方を練習しました。

 広背筋は、伏臥位で仙骨から左右各3線の手掌軽擦の後、肩甲骨外縁から上腕骨小結節稜向かう広背筋停止部とその深部にある大円筋の母指軽擦を肩関節伸展+軽度内旋の形で筋肉を際立たせて刺激しました。

 広背筋の停止部と大円筋への手技は、水泳のクロールで水中から水面の上に腕を上げていく時の形にすると筋肉の走行がわかりやすくなります。

 肩の内旋には猫背が伴うので、伏臥位背部の基本指圧と、立位の肩関節外転外旋のストレッチ、肩の内旋筋の支配神経である第5頸神経から第1胸神経をゆるめる仰臥位の後頸部のラベンダーとユーカリのアロマオイルトリートメントをして実技を終えました。

 心臓のポンプの力を助けるために「圧して放す」が一点の指圧ですから指力で圧し込まないこと、筋肉の起始停止をとらえ、目的を持って理論的に改善ポイントとなる筋肉をゆるめること、技術や感覚が自分のものになるまでには時間がかかりますが、初めて講座に参加された方も2時間の実技で進歩がみられました。

 体の不安や指圧法、御家族の病気についての質問で時間が40分オーバーしてしまいましたが、お答えできることはお話ししますので遠慮せずに何かをつかんで帰ってください。

|

« 70代男性、後頭下筋群のこり。 | トップページ | 指圧の指紋部の皮膚への密着、蓋を開ける時をイメージ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の「スマホの内巻き肩を改善するアロマ指圧講座」。:

« 70代男性、後頭下筋群のこり。 | トップページ | 指圧の指紋部の皮膚への密着、蓋を開ける時をイメージ。 »