« 羽ばたく動きで手の冷えを解消。 | トップページ | 昨夜のNHKBS1「私は左手のピアニスト…」、ジストニア、母指内転筋と、短母指屈筋の一部は尺骨神経支配。 »

2019年1月 6日 (日)

60代女性、首から肩の痛み、坐骨神経痛。

16 タンポポ

 今朝は冷たい風が吹いて、昨日の昼間は開いていた庭のタンポポが花を硬く閉ざしていました。

 頸椎手術後、首から肩甲骨周囲の痛みが続く60代女性のお宅での指圧、前日にめまいがしてふらついたそうで、左の坐骨神経痛の症状が強くなっています。

 自覚的には全身の痛みが悪化しているそうですが、全身を指圧で触れて嫌がられる部位はなく、小さい動きのストレッチやエクササイズから始めていくと、いつもの28種類の立位のストレッチも完璧にできていました。

 年末の経理の仕事や年始の家族とのお出かけと卓球もしたそうで、このところの寒さなど、慢性疼痛を悪化させるストレスがいろいろと重なったようです。

 脈の遅い方ですが、指圧後に脈は1分間に60あり問題ありません。

 頸椎の手術痕をかばうために猫背の姿勢が続き、寒い環境で久しぶりに卓球をして坐骨神経支配領域の筋肉痛になり全身に痛みを感じていたようで、頸椎屈曲の頭の重さで目や耳、脳への血行不良となってめまいやふらつきといった症状が出たようです。

 施術をした感想はいつもと大きな変わりはなく、緊急に病院を受診する必要はないと思います。

 同じ姿勢を続けないこと、寒い環境で無理に体を動かさないこと、遠くを見ること、暖かい時間に歩くこと、これらのことに気をつけておけば、ふらついて倒れ込むようなリスクを減らすことができるはずです。

 

|

« 羽ばたく動きで手の冷えを解消。 | トップページ | 昨夜のNHKBS1「私は左手のピアニスト…」、ジストニア、母指内転筋と、短母指屈筋の一部は尺骨神経支配。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60代女性、首から肩の痛み、坐骨神経痛。:

« 羽ばたく動きで手の冷えを解消。 | トップページ | 昨夜のNHKBS1「私は左手のピアニスト…」、ジストニア、母指内転筋と、短母指屈筋の一部は尺骨神経支配。 »