« 暖かい朝。 | トップページ | 喘息の指圧、こりがゆるめば咳が出る、その後はタッチのテンポを速める。 »

2019年2月24日 (日)

20代女性、左肩甲骨上部内側のピリピリする痛みが続いている。

224 梅の木の根元の蕾

 梅の木の膝くらいの高さに蕾ができています。高い枝よりも栄養を吸い上げやすいのか大粒で色の濃い蕾です。

 20代女性、主訴は左肩甲骨上部内側のピリピリする痛み、何年も続いています。

 出産から3年、体重は戻ったそうですが下半身はむくんでいて猫背で左肩が上がっています。

 右利きで左肩は肘を曲げて固定されて使われることが多いようです。

 首から肩甲骨にかけてこっていて胸椎の後弯は増強していますが腰椎の前弯は正常です。

 左の頸椎から胸椎上部の筋肉が短縮して神経根症状が続いているようです。

 表層から指圧の垂直圧のポンプの力で繰り返し筋膜と筋肉の癒着を解放していきます。

 全身指圧とストレッチ後、左肩のピリピリとした痛みは消えていました。

 初めて指圧を受けにきて、マッサージ屋さんで触られるとくすぐったい部位が多いと言っていましたが一度もくすぐったがることはありませんでした。

 ヤンチャな女子高生のようなタメ口が電話を受けた時から気にはなりましたが、健康で内面の素直な人間であることがよくわかりました。

 指圧後、左肩を触って「うまいことだまされたんじゃないか?」と言った素直さが好印象でした。

 

|

« 暖かい朝。 | トップページ | 喘息の指圧、こりがゆるめば咳が出る、その後はタッチのテンポを速める。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20代女性、左肩甲骨上部内側のピリピリする痛みが続いている。:

« 暖かい朝。 | トップページ | 喘息の指圧、こりがゆるめば咳が出る、その後はタッチのテンポを速める。 »