« 箭弓稲荷神社、七代目市川團十郎建立の御神祠。 | トップページ | 70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛、右膝痛。 »

2019年2月 1日 (金)

70代男性、急性腰痛、反り腰を戻す大殿筋起始部に使い過ぎのこり。

21 圧を感じる

 箭弓稲荷神社本殿裏にはたくさんのお狐様、奥には森があって近寄り難い気配が漂っています。

 指圧の営業時間が終わってから、重い物を持って腰が痛くなったという御得意様が指圧にいらっしゃいました。

 お尻の上部、左右の腸骨の大殿筋起始部に痛みがあります。

 仰臥位の検査では股関節の外転と外旋で痛みがありますが、屈曲で痛みはありません。

 仰臥位になる時にためらいなくできたことからもぎっくり腰というほどのものではなさそうです。

 仰臥位腹部の指圧から始め、下肢、上肢、頭部顔面、前胸部、もう一度腹部と指圧し、横臥位で首から背部、腰部、殿部、下肢と指圧をしました。

 左背部、右三角筋前部は特に硬くなっていました。右手を主として使って、下から重い物を持ち上げてできたこりのようです。

 さらに伏臥位で指圧をし、背中や股関節のストレッチをして、最後に痛みが残ったのがやはり腸骨上部の大殿筋起始部でした。

 年齢的に反り腰で痛みが出やすくなってきているので、大殿筋を使って股関節を伸展気味に使って骨盤を起こすことで、無意識に反り腰にならないようにしていたようです。

 わざと大きく猫背になる背部のストレッチと、座位で片膝を曲げて反対側の大腿に足首を乗せて体幹前屈で大殿筋を伸ばすストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

 指圧とストレッチの後は楽になったということでした。早目に手当てができてよかったです。

 昨夜はこちらは雨だけだったようで、道路の凍結もありません。

 

|

« 箭弓稲荷神社、七代目市川團十郎建立の御神祠。 | トップページ | 70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛、右膝痛。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70代男性、急性腰痛、反り腰を戻す大殿筋起始部に使い過ぎのこり。:

« 箭弓稲荷神社、七代目市川團十郎建立の御神祠。 | トップページ | 70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛、右膝痛。 »