« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

左季肋部の痛み。

228 7時前、雨が降り出す

 今朝の7時少し前、小雨が落ちてきました。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、便秘がちな方ですが下痢気味だということで大腿前側の胃経と下腿内側の脾経の指圧で痛みがありました。

 季節の変わり目に体が折り合っていないようですが手足やおなかに冷えはなく食欲もあるので心配はいらないと思います。

 90代の旦那様は左季肋部が痛いということでおなかを見ると大判の湿布が張ってあって、粘着部にプラスチックの裏紙が4分の1ほど残っていたのでそれを取り除きました。

 背中やおなかの触診で硬さはないので胃や膵臓や脾臓が原因ではないようです。

 腹筋の筋肉痛ということもあるかもしれませんが、プラスチックを取り除いた後は訴えがなくなったのでおそらく原因はそれだと思います。

 旦那様は義歯の調整にひとりで歯医者さんまで行ってきたそうで、御夫婦ともに風邪を引いておらず、花粉症もなく、御無事で何よりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

今朝は寒く感じる。

227 

 梅の開花がすすんで春らしくなってきましたが今朝は寒く感じられます。

 インフルエンザのピークは過ぎましたが気温の高低差が大きいので衣服や暖房で調整しないと体調を崩しやすい頃です。

 背中を伸ばしておなかを引っ込め、血管の通りを良くしておきましょう。

 姿勢を正す、臍下丹田に力を入れる、昔から言われてきたことは健康維持の秘訣です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

左膝をかばって右膝の痛み。

27 切り口から咲く

 電線に届く枝を切った切り口から紅梅が咲きました。花の数が少ないからか色が濃くて鮮やかです。

 痛みをかばって反対側が痛くなるということはよくあります。

 最初に痛めたのがよく使う側だとすれば、反対側は使うことが少なかったはずなので使えばすぐに疲れます。

 左膝に痛みを感じていた方が右膝の痛みを訴えた場合、後から痛みを感じた側は指圧やストレッチですぐによくなることがあります。

 筋肉のストレッチ不足が原因の場合は数回のストレッチで新しく痛みを感じた側は治ることもあります。

 どんな仕事でもその仕事で使う筋肉はだいたい決まっていて、同じ仕事で疲れが溜まる部位があれば仕事の合い間にストレッチをしておくと筋肉疲労のピークを遅らせることができます。

 膝の痛みの場合は大腿前測か大腿後側のこりが原因となるので、立位で足首を持って片膝をしっかりと曲げるストレッチや、足を一歩前に出して足底をしっかりと床につけ、大腿前則を圧しながらお尻を後ろに引いてお辞儀をしていくストレッチをしておくと痛みが出にくくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

喘息の指圧、こりがゆるめば咳が出る、その後はタッチのテンポを速める。

225 今朝はくもり

 夜が明けるのが早くなってきましたが今朝は雲が多くてやっと咲いた白梅が灰色に見えました。

 60代女性、主訴は肩甲骨周囲のこり、喘息の持病があります。

 気管や気管支の平滑筋は、こりがゆるんでリラックスすると収縮します。

 筋肉の緊張はゆるめたい、ゆるめると咳が出るということが喘息の方の施術では起こりますから、施術を進めていって咳が出たら副交感神経が優位になったと考えて、そこからはタッチのテンポを速めて「ゆるめ過ぎない」ようにしていきます。

 1秒圧の指圧、速い手掌軽擦などの後に、ブラブラと手首、足首を動かす関節運動やラジオ体操のようなテンポの良いストレッチをすることも、喘息の方への施術の仕上げに向いています。

 咳をすることで猫背になり、首、肩、胸、背中の筋肉は硬くなりますから、緊張した筋肉には弱い刺激をします。

 持続を短く、接地面を広くということに注意して施術をします。

 全身指圧、ストレッチ後、肩甲周囲のこりはゆるみました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

20代女性、左肩甲骨上部内側のピリピリする痛みが続いている。

224 梅の木の根元の蕾

 梅の木の膝くらいの高さに蕾ができています。高い枝よりも栄養を吸い上げやすいのか大粒で色の濃い蕾です。

 20代女性、主訴は左肩甲骨上部内側のピリピリする痛み、何年も続いています。

 出産から3年、体重は戻ったそうですが下半身はむくんでいて猫背で左肩が上がっています。

 右利きで左肩は肘を曲げて固定されて使われることが多いようです。

 首から肩甲骨にかけてこっていて胸椎の後弯は増強していますが腰椎の前弯は正常です。

 左の頸椎から胸椎上部の筋肉が短縮して神経根症状が続いているようです。

 表層から指圧の垂直圧のポンプの力で繰り返し筋膜と筋肉の癒着を解放していきます。

 全身指圧とストレッチ後、左肩のピリピリとした痛みは消えていました。

 初めて指圧を受けにきて、マッサージ屋さんで触られるとくすぐったい部位が多いと言っていましたが一度もくすぐったがることはありませんでした。

 ヤンチャな女子高生のようなタメ口が電話を受けた時から気にはなりましたが、健康で内面の素直な人間であることがよくわかりました。

 指圧後、左肩を触って「うまいことだまされたんじゃないか?」と言った素直さが好印象でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

暖かい朝。

223 花が増える

 昨日から今朝にかけて暖かで、梅の開花がすすみます。

 庭のアオキを切って花粉症の症状が出ていないので今のところはまだスギ花粉症にはなっていないようです。

 いつまでこのままいけるか、血行促進の体のメンテナンスと運動、食事、睡眠、自分の健康に良かったことを見逃さないように、今日も指圧をしながらデータを溜めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

ウグイスの声、梅が咲き、花粉の飛散が増える。

222 

 今朝庭の南の梅が一輪開きました。

 ケキョケキョと鳴き始めたウグイスの声が聴こえ、春らしくなってきました。

 東京の桜の開花予想は3月20日だそうです。

 今年の花粉の飛散量は例年の4倍以上になるそうで、花粉症ではなくても油断できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

昨日のアロマ指圧講座、花粉症の目や鼻の充血を足の施術で解消。

220 原宿生活の木

 昨日の開店前の原宿生活の木ショーウィンドウは抗ウィルス作用、抗菌作用に優れたマヌカハニーでした。

 昨日の講座は「花粉症ののぼせを足のアロマ指圧で解消する」がテーマでした。

 目や鼻の充血の解消に、のぼせを下ろす足の肝経に注目して、下肢の基本指圧とストレッチの後に、ジンジャーとブラックペッパーを使った経脈に沿ったアロマオイルトリートメントを行いました。

 目、鼻、のどがアレルギー反応で充血していれば末梢の手足は冷えていると考えることができます。

 手足に血行促進の施術をすることによってのぼせを下ろし、全身の血流を改善することを目的としました。

 特に足の甲の足背動脈と足底動脈がつながる位置の関係の「太衝」をポイントとして、手には「太衝」と同じような位置に「合谷」があることも大腸経の施術で紹介しました。

 血を蔵する肝と目の関係、肝を傷る(やぶる)怒りの感情なども説明し、脛骨上を上行する肝経、脛骨の後縁の際を上行する脾経、アキレス腱と脛骨の間を上行する腎経など、オイルの母指軽擦だから得られる感触を相モデルで実技をすることで体験していただきました。

 自分の感覚として理解できるまでには繰り返し練習をする必要がありますが、その効果が花粉症だけではないことも感じていただけたことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

70代女性、右肩痛、灯油缶を持ち上げて…。

220 夜明け前の満月

 西の空の満月、今日の日中は四月の気温になる予報、早朝から真冬の頃の寒さはありません。

 70代女性、右肩が痛くて外転90°より上げると痛みがあります。

 20ℓの灯油缶を運んだそうで、棘上筋腱か肩峰下滑液包に炎症があるようです。

 右の三角筋や上腕三頭筋のこりは肘を伸ばして重い灯油缶を持ったことに原因がありそうです。

 松坂投手がファンの人に手を引っ張られて肩に炎症を起こしたのですから、70代女性が普段は配達を頼んでいる灯油缶を持てば肩を痛めることもあるかもしれません。

 全身指圧といくつかのストレッチ後、右肩が上がるようになったので傷ができていたとしても小さいようです。

 右肩関節周囲をくまなくゆるめた血行促進により右肩痛は緩和できました。

 しかし、小さい傷はあると思いますので無理をなさらず、痛みの出ない範囲のストレッチは続けていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

左腰痛、左斜め下への体幹の傾き。

219 百合の芽

 乾いた花壇の土の間から百合の芽がいくつか出てきました。今朝は暖かい曇り空、頭痛になる人が増えそうです。

 50代男性、主訴は腰痛、肩、上腕、背中、左の腰がこっていて、上着のジッパーが左に曲がっています。

 右利きで、右から体幹を左斜め下に曲げて両腕を使うことが多いようです。

 仰臥位の検査では左股関節の内転+内旋で痛みがあるので左の腰から殿部にストレッチ痛を起こすような小さい傷がありそうです。

 仰臥位下肢から指圧を始め、伏臥位の体位変換に時間がかかることもなく、指圧ができないような痛みもありませんでした。

 全身指圧後、上着のジッパーはまだやや左に寄っていたので、左側を上にした横向きで上肢下肢を上下に伸ばして、左股関節を伸展+内転させて左足を斜め後に伸ばしてマットに軽く当てるストレッチをしていただきました。

 体幹が左斜め前に傾いている姿勢は下肢からでも矯正できます。

 指圧後、腰痛は楽になったとのこと、昨日の朝からの急性腰痛だったそうですが、傷はあっても小さいと思います。

 この体の傾きを矯正するには右腕を左斜め下から右斜め上に振り上げるテニスのバックハンドの振りも効果があります。

 仕事の合間や気づいた時に姿勢の傾きを矯正するようにしておけば、腰痛予防になります。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

春の陽射し、ヨモギが生える。

218_yomogi ヨモギ

 今朝の太陽は近くに見えて強い陽射しを放射しています。

 庭にヨモギが生えて、春らしくなってきました。

 今週は暖かくなる予報なので花粉の飛散が増えそうです。

 花粉症の症状で今まで困ったことはありませんが、誰でも花粉症になるかもしれないということなので、指圧とアロマの力で今年も発症しないように予防したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

腰痛がほとんど治っていても痛みが残ることがある。

Photo 蕾が咲く時を待つ

 今朝は時々強い風が吹いて、晴れてはいても外を歩いていると寒さを感じました。もう少し暖かくならないと蕾も安心して花を開けないようです。

 先月急性腰痛で指圧をした女性、予想以上に状態は良くなっていました。

 股関節の屈曲・伸展・内外転・回旋などの動き問題はなく、このまま毎日のストレッチや猫背姿勢を減らすなどで、腰痛の再発を予防することもできると思います。

 ただし、毎日の生活や仕事の動作の中に腰痛の原因があるので、体全体の柔軟性の獲得と筋力の強化のためにも、普段は動かさない方向への関節の動きを取り入れたストレッチやエクササイズを続けていただきたいと思います。

 8割くらいは治っているように感じましたが、筋肉や神経や毛細血管の修復は完全には終わっていません。

 全身を指圧して、上半身のこり、下半身のむくみという上下のアンバランスもあるので、下半身を動かすことで筋力が強くなってくると、古傷の痛みに意識が集中するようなこともなくなってくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

1点のツボからその周囲を広く探っていく。

216 また一つフキノトウ

 昨日都内では雪が降ったようですがこちらでは降りませんでした。今朝は凍った葉っぱもありますが、また一つフキノトウが顔を出しました。

 足の反射区の図をいくつか見比べてみると、たとえば副鼻腔の反射区では足趾の先端にしているものと、第1関節にしているものがあります。

 頭部顔面ののぼせを下ろすために末梢を刺激するという目的から考えれば、ピンポイントの狭い範囲だけを刺激するよりは「その周囲」を広く刺激したほうがよいでしょう。

 動脈血を末梢へ送る遠心性の施術をすれば動脈に伴行する静脈血とリンパは心臓に還り、むくみを還す求心性の施術でも動脈血は末梢へ流れます。

 神経の交叉や姿勢の歪みによる重心のかかり方など、患部と同側に治療ポイントとなるツボが見つかることも、反対側に見つかることもあります。

 来週のアロマ指圧講座では花粉症の症状を足の施術を中心として改善する実技を行います。

 ツボや足の反射区のその1点から広げていって、冷えや痛みなどの「当たりのある部分」を無理なく血行促進していくという施術の組み立て方を覚えていただきたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

風邪か、花粉症か。

215 咲き始める

 庭に同じような花が秋から咲くのでサザンカかツバキか迷います。庭の東側に咲き始めたこの花はツバキのようです。

 今の時期は、指圧をしていて花粉症か風邪かわからないこともありますが、どちらであっても指圧後に体は楽になります。

 指圧後外に出て急にクシャミが頻発すれば花粉症かもしれませんが、寒冷刺激が原因ということもあります。

 来週から気温が上がってくる予報です。花粉症の方には辛い季節が始まっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

受け入れやすい刺激を体は喜ぶ。

214 フキノトウ

 一昨日から都内でもスギ花粉が飛び始めたそうで、晴れて風のある今日は花粉症の症状が出る方が増えそうです。季節は少し進んで、裏庭にまた一つフキノトウが顔を出していました。

 昨日は80代女性のお宅で3週間ぶりの指圧、肩や腰はこっていましたが冷えはなく体は元気でした。ただ、今確認したばかりの物が何だったか忘れることがあって、大きな異常はなくても頭の働きが曖昧になっている時があるようです。

 90代の旦那様は奥様の指圧中に散歩に出かける元気がありました。しかしどうやら元気なところを見せたかったようで帰ってきて疲れた様子でした。

 介護の助けを受けていない高齢夫婦の暮らしは刺激が少ないので、受け入れやすい刺激になればと思っています。

 昨夜の「ガッテン」の後頭下筋群のストレッチでも、ゆらゆらと軽く頭の向きを変えることで後頭骨と上部頸椎をつなぐ深部の後頭下筋群をゆるめていました。

 急に攻撃的な刺激を与えれば体は筋張して硬くなります。

 体が喜ぶのは、身構えずにすむゆるい刺激が浸透していくことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

20代男性、ドライアイ、肩こり。

213 恐竜と郵便ポスト

 越生梅林へ向かう道路沿いにトリケラトプスとたくさんの古い郵便ポストが並んでいました。梅の満開はまだ先でしたがこの光景はインパクトがありました。

 20代男性、主訴は肩こりと疲労、眼科へ行ってきてドライアイと診断された直後の指圧です。

 冷えと乾燥で猫背にもドライアイにもなるので、目からの肩こりということもありそうです。

 指圧中はよく眠り、肩こりはゆるみました。

 手足に冷えはなく「胃腸は下がってなかったか?」と尋ねる余裕もあり、リラックスした笑顔で帰っていきました。

 指圧後に目は綺麗で充血もないので、肩、首の血流が良くなれば目の症状も軽くなるのではないかと思います。

 残念ながら長身痩せ形の胃下垂タイプで、指圧をさせていただいている御家族も皆さん胃下垂タイプで、胃腸は下がっていたので上げておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

今日は晴れ、花粉がそろそろ増えそうな風。

212 今朝の太陽

 曇りと雪の連休から今日は晴れの予報、朝から風が吹いていてそろそろスギ花粉が飛びそうです。

 インフルエンザの予防にも寒さにも花粉症にも、血行促進によって免疫力を向上させる指圧は効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

年末にいただいた梅。

211 年末の梅開花

 年末にいただいた梅の花が開き始めました。

 呼吸で時間を測るようにして外の梅の木の気配を感じながら今朝から花を開くことにしたようです。

 命には強さも秘められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

日暮れからの積雪、朝日の虹。

210 雪と虹

 昨日の日中の雪は風花が舞う程度でしたが、日が暮れてから雪が降りました。庭のアオキに積もった雪を写真に撮ると朝日が反射して虹ができました。

 土や木に雪が積もっていますが舗装した道路には積もっていません。

 朝のウォーキングで日陰の道路は凍結している所がありました。滑らないようにお気をつけください。

 雪が積もれば指圧に来れないかなと思ってた先週急性腰痛で時間外に指圧をした70代の男性がいらしゃって腰痛は治っていました。

 寒い日が続きます。指圧は体全体を点圧して血管を拡張させて、血行促進によって体の不調の改善に貢献します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

女子中学生、左膝蓋靭帯の痛み、駅伝前の調整。

27 薬香草園作業中

 何を植えるのかと期待をさせる飯能生活の木のハーブガーデン、今朝8時を過ぎてもこちらではまだ風花が時々舞う程度です。このまま大雪にならないといいのですが。

 女子中学生の陸上長距離選手、駅伝を月曜日に控えての指圧です。

 走り出した時に左膝蓋骨の下に痛みがあるとのことですが、走っているうちに痛みはなくなるとのこと、古傷のひきつれがあるようですが、膝の関節運動や指圧で痛みはありませんでした。

 体幹が左へ側屈気味なことが左膝への負担の原因となっていそうです。

 全身指圧、ストレッチの後、左大腿四頭筋のエクササイズと抵抗運動を覚えてもらって施術を終えました。

 前回の時よりも下肢の筋肉がついてきていて身長も少し伸びたようです。

 柔らかい故障しにくい筋肉のようですし、筋力と体力がついてくればもっと成績も伸びるでしょう。

 ベストのペースで大会にのぞめる体に調整できたと思いますので、ウオーミングアップで体を温めてからスタートできるように余裕を持って準備をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

花粉症のアロマ指圧講座。

27 小鳥のごはん

 昨日の飯能生活の木薬香草園は植え替え中が多くて、目立ったのは小鳥のごはんの落花生のリングでした。

 昨日の花粉症の講座では、頭部・顔面・首の指圧で目や鼻の充血を解消し、下肢内側の肝経と上肢外側の大腸経のアロマオイルトリートメントで手足の冷えを解消し「のぼせを下ろす」実技をしました。

 肝経ののぼせに効くとされる「太衝」は第一趾中足骨遠位外側に位置し、この第2趾との間で足背動脈が足底動脈に合流します。

 爪先に動脈血を送る重要なポイントが「太衝」ですから、ここを指圧することが頭部顔面の「のぼせを下ろす」ことになります。

 血を蔵すのが「肝」、怒りとストレスに反応するのが「肝」ですから、肝経の下肢の指圧やアロマオイルトリートメントは、頭部顔面にのぼせた血液を末梢に分配し、充血した鼻づまりや目の症状を改善します。

 大腸経は示指から始まり、示指の付け根の橈側面にある「合谷」の位置は、手と足の違いはありますが、肝経の「太衝」とよく似ています。

 反対側の小鼻の横の「迎香」に終わる大腸経へ指圧やアロマオイルトリートメントは、圧迫側で副交感神経が優位になるので反対側の鼻づまりが解消するという「圧発汗反射(半側発汗反射)」の具体例として覚えておきたい経脈です。

 アロマオイルトリートメントにはユーカリ・グロブルスとサイプレスを使い、血管収縮による血行促進と静脈血の血行促進を目的としました。

 次回3月7日(木)は腹部のアロマ指圧です。リクエストがあったので下肢との関連(胃経を中心に)も含めて実技を行います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

路面凍結、転倒注意。

27 越生梅林

 越生梅林に梅の花が増えてきました。といってもまだ開花は半分以下、満開の見頃はもう少し先です。

 昨日の雨で今朝は路面が凍結していました。側溝の鉄製の蓋の上を歩く時や日陰の坂道、歩道橋などでは転倒しないようにお気をつけください。

 今日の午後は飯能生活の木で「花粉症のアロマ指圧講座」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

70代男性、足がつる、猫背、О脚、睡眠中の同じ姿勢。

26 川越薬師神社の絵馬

 時の鐘の奥にある川越薬師神社に奉納された絵馬、眼病平癒と商売繁盛の「芽が出ますように」の願いが込められています。絵馬と御札はお隣の福呂屋さんで購入できます。

 70代男性、11月の20kmマラソンを膝痛で辞退し、現在は走ることをやめています。整形外科では異常がなかったそうで、今回の主訴は足がつること、座位では猫背でО脚、御自分で身長が縮んだという自覚があるようです。

 首、肩、背中がこっていましたが、坐骨神経に沿った下肢のこりはなく、足は冷えていません。

 脈は遅めで強く打っています。マラソンの練習をしていたので心肺機能が強いのでしょう。

 寝相が良くて朝まで仰向けの姿勢のまま寝ているようなので、寝返り不足は足がつる原因になります。

 全身指圧後、立位でわざと猫背になる背筋のストレッチをすると硬さがありました。

 背中を反らすほうは問題がないので、爪先を内側に入れて歩くО脚の矯正とともに背中のストレッチを続けていけば血行促進によって足がつることもなくなるでしょう。

 膝の関節に問題はなく、大腿の筋肉や骨盤周囲の筋肉にも問題はないので3月から再開したいというランニングの練習は大丈夫でしょう。

 こまめな水分補給も脱水で足がつることを防ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

40代女性、3週間風邪が治らない。

Photo 川越 時の鐘 裏側

 節分にお参りしたのは時の鐘の奥にある川越薬師神社、眼病平癒の絵馬がたくさん供えられていました。「目」から「芽が出るように」と商売繁盛の御利益もあるそうです。

 40代女性、3週間風邪が治りきらず指圧にいらっしゃいました。時々のぼせて汗をかくことがあって更年期障害の心配もしているようです。

 座位では、左側頸部から左肩上部がこっていて、首が軽く左に側屈しています。

 伏臥位の指圧では首から背中までがこっていて腰以下がむくんでいました。

 頭部顔面にのぼせはなく、指圧前は両脇が詰まって橈骨動脈の脈がとりにくかったのですが、仰臥位の指圧の時にはしっかりとした脈を感じられました。

 来た時にトイレに行き、伏臥位の指圧の終わりにトイレに行ったのでむくんでいたことは確かです。

 おなかに動きもあり、施術後には首から背中のこりもとれました。

 会話の内容や指圧の効果が良いこと、三陰交や仙骨周囲の子宮や卵巣のツボに特に手応えがないことなど、更年期障害というほどのことは今のところなさそうです。

 呼吸器の症状も心配ないので、指圧をきっかけに体は回復していくはずです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

立春の朝、北西に虹。

24 今朝の虹

 日の出の反対側の北西の虹、この後に雲が広がり小雨が降って虹は消えました。

 立春の朝、虹に気づいた人は何人いたのでしょう。季節の変わり目に得した気分です。

 今日は20℃近くまで気温が上がって、春一番が吹くかもしれないとの予報です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

インフルエンザ後、右背中、右上肢の筋肉痛。

23 庭の梅

 グーのまま蕾を閉じていられなくなってきた庭の梅、そろそろ開きそうです。

 40代女性、インフルエンザ後に右の背中から上肢の筋肉痛が続いています。

 ふくらはぎが細くなっていて足の指圧では足趾の関節がポキポキ音を立てました。

 いつもは左の肩こりが主訴で、今回もこっている左よりもこっていない右に筋肉痛を感じているのは痛み物質が右に溜まっているのでしょう。

 伏臥位の指圧中に背中から熱が発散し、仰臥位の指圧に移る頃には背中の硬さがゆるんでいました。

 インフルエンザの時には寝る姿勢で右半身に体重がかかっていたのかもしれません。

 脈や呼吸は正常、呼吸器症状も問題なく、背中のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

 爪先に体重をかけて大股で歩くことで上半身のこりはさらにゆるんでいくはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛。

22 今日は初稲荷

 写真は箭弓稲荷神社の団十郎稲荷(宇迦之魂社)に連なる鳥居、今日は初稲荷、今日はおいなりさんで明日の節分は恵方巻という方も多いことでしょう。

 70代男性、午前中から左肩が痛くて何もやる気がしないとのこと、冠状動脈のバイパス手術を3回受けていて、服薬治療を続けていて糖尿病もあります。

 左上肢への放散痛やみぞおちの痛みはありませんが、左の首の付け根に「嫌な感じ」があるということなので心臓の状態を気にかけながら指圧をしていきます。

 伏臥位の指圧では左肩や右三角筋前部、左右の背中から腰、右大腿後側がこっていて、手足に冷えはありませんでした。

 運転中に時々右膝の曲げ伸ばしがしにくくなりコンビニに車を停めて屈伸運動をするということでしたが、右膝の骨に問題はなさそうで坐骨神経に沿った右下肢後側の指圧後にトイレに行った時には楽になっていたようです。

 仰臥位のおなかの指圧の途中でまたトイレに行き、施術終了後にもトイレに行きました。心臓のポンプの力が弱くなっているのでむくみが全身に溜まっていたようです。

 座位の仕上げの指圧の時に首を右側屈させて左肩を下げるストレッチをすると左肩の嫌な痛みは消えていました。

 かかりつけの病院に行くことも考えたようですが、次回の診察の予約日も近いようなので、指圧で症状が楽になるようであればすぐに病院へ駆け込まなくてもよさそうです。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛。

22 今日は初稲荷

 写真は箭弓稲荷神社の団十郎稲荷(宇迦之魂社)に連なる鳥居、今日は初稲荷、今日はおいなりさんで明日の節分は恵方巻という方も多いことでしょう。

 70代男性、午前中から左肩が痛くて何もやる気がしないとのこと、冠状動脈のバイパス手術を3回受けていて、服薬治療を続けていて糖尿病もあります。

 左上肢への放散痛やみぞおちの痛みはありませんが、左の首の付け根に「嫌な感じ」があるということなので心臓の状態を気にかけながら指圧をしていきます。

 伏臥位の指圧では左肩や右三角筋前部、左右の背中から腰、右大腿後側はこっていて、手足に冷えはありませんでした。

 運転中に時々右膝の曲げ伸ばしがしにくくなりコンビニに車を停めて屈伸運動をするということでしたが、右膝の骨に問題はなさそうで坐骨神経に沿った右下肢後側の指圧後にトイレに行った時には楽になったようです。

 仰臥位のおなかの指圧の途中でまたトイレに行き、施術終了後にもトイレに行きました。

 座位の仕上げの指圧の時に首を右側屈させて左肩を下げるストレッチをすると左肩の嫌な痛みは消えていました。

 かかりつけの病院に行くことも考えたようですが、次回の診察の予約日も近いようなので、指圧で症状が楽になるようであればすぐに病院へ駆け込まなくてもよさそうです。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

70代男性、冠状動脈バイパス手術歴あり、左肩痛、右膝痛。

22 今日は初稲荷

 写真は箭弓稲荷神社の団十郎稲荷(宇迦之魂社)に連なる鳥居、今日は初稲荷、今日はおいなりさんで明日の節分は恵方巻という方も多いことでしょう。

 70代男性、午前中から左肩が痛くて何もやる気がしないとのこと、冠状動脈のバイパス手術を3回受けていて、服薬治療を続けていて糖尿病もあります。

 左上肢への放散痛やみぞおちの痛みはありませんが、左の首の付け根に「嫌な感じ」があるということなので心臓の状態を気にかけながら指圧をしていきます。

 伏臥位の指圧では左肩や右三角筋前部、左右の背中から腰、右大腿後側はこっていて、手足に冷えはありませんでした。

 運転中に時々右膝の曲げ伸ばしがしにくくなりコンビニに車を停めて屈伸運動をするということでしたが、右膝の骨に問題はなさそうで坐骨神経に沿った右下肢後側の指圧後にトイレに行った時には楽になったようです。

 仰臥位のおなかの指圧の途中でまたトイレに行き、施術終了後にもトイレに行きました。

 座位の仕上げの指圧の時に首を右側屈させて左肩を下げるストレッチをすると左肩の嫌な痛みは消えていました。

 かかりつけの病院に行くことも考えたようですが、次回の診察の予約日も近いようなので、指圧で症状が楽になるようであればすぐに病院へ駆け込まなくてもよさそうです。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

70代男性、急性腰痛、反り腰を戻す大殿筋起始部に使い過ぎのこり。

21 圧を感じる

 箭弓稲荷神社本殿裏にはたくさんのお狐様、奥には森があって近寄り難い気配が漂っています。

 指圧の営業時間が終わってから、重い物を持って腰が痛くなったという御得意様が指圧にいらっしゃいました。

 お尻の上部、左右の腸骨の大殿筋起始部に痛みがあります。

 仰臥位の検査では股関節の外転と外旋で痛みがありますが、屈曲で痛みはありません。

 仰臥位になる時にためらいなくできたことからもぎっくり腰というほどのものではなさそうです。

 仰臥位腹部の指圧から始め、下肢、上肢、頭部顔面、前胸部、もう一度腹部と指圧し、横臥位で首から背部、腰部、殿部、下肢と指圧をしました。

 左背部、右三角筋前部は特に硬くなっていました。右手を主として使って、下から重い物を持ち上げてできたこりのようです。

 さらに伏臥位で指圧をし、背中や股関節のストレッチをして、最後に痛みが残ったのがやはり腸骨上部の大殿筋起始部でした。

 年齢的に反り腰で痛みが出やすくなってきているので、大殿筋を使って股関節を伸展気味に使って骨盤を起こすことで、無意識に反り腰にならないようにしていたようです。

 わざと大きく猫背になる背部のストレッチと、座位で片膝を曲げて反対側の大腿に足首を乗せて体幹前屈で大殿筋を伸ばすストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

 指圧とストレッチの後は楽になったということでした。早目に手当てができてよかったです。

 昨夜はこちらは雨だけだったようで、道路の凍結もありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »