« 70代女性、右肩痛、灯油缶を持ち上げて…。 | トップページ | ウグイスの声、梅が咲き、花粉の飛散が増える。 »

2019年2月21日 (木)

昨日のアロマ指圧講座、花粉症の目や鼻の充血を足の施術で解消。

220 原宿生活の木

 昨日の開店前の原宿生活の木ショーウィンドウは抗ウィルス作用、抗菌作用に優れたマヌカハニーでした。

 昨日の講座は「花粉症ののぼせを足のアロマ指圧で解消する」がテーマでした。

 目や鼻の充血の解消に、のぼせを下ろす足の肝経に注目して、下肢の基本指圧とストレッチの後に、ジンジャーとブラックペッパーを使った経脈に沿ったアロマオイルトリートメントを行いました。

 目、鼻、のどがアレルギー反応で充血していれば末梢の手足は冷えていると考えることができます。

 手足に血行促進の施術をすることによってのぼせを下ろし、全身の血流を改善することを目的としました。

 特に足の甲の足背動脈と足底動脈がつながる位置の関係の「太衝」をポイントとして、手には「太衝」と同じような位置に「合谷」があることも大腸経の施術で紹介しました。

 血を蔵する肝と目の関係、肝を傷る(やぶる)怒りの感情なども説明し、脛骨上を上行する肝経、脛骨の後縁の際を上行する脾経、アキレス腱と脛骨の間を上行する腎経など、オイルの母指軽擦だから得られる感触を相モデルで実技をすることで体験していただきました。

 自分の感覚として理解できるまでには繰り返し練習をする必要がありますが、その効果が花粉症だけではないことも感じていただけたことと思います。

|

« 70代女性、右肩痛、灯油缶を持ち上げて…。 | トップページ | ウグイスの声、梅が咲き、花粉の飛散が増える。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座、花粉症の目や鼻の充血を足の施術で解消。:

« 70代女性、右肩痛、灯油缶を持ち上げて…。 | トップページ | ウグイスの声、梅が咲き、花粉の飛散が増える。 »