« 路面凍結、転倒注意。 | トップページ | 女子中学生、左膝蓋靭帯の痛み、駅伝前の調整。 »

2019年2月 8日 (金)

花粉症のアロマ指圧講座。

27 小鳥のごはん

 昨日の飯能生活の木薬香草園は植え替え中が多くて、目立ったのは小鳥のごはんの落花生のリングでした。

 昨日の花粉症の講座では、頭部・顔面・首の指圧で目や鼻の充血を解消し、下肢内側の肝経と上肢外側の大腸経のアロマオイルトリートメントで手足の冷えを解消し「のぼせを下ろす」実技をしました。

 肝経ののぼせに効くとされる「太衝」は第一趾中足骨遠位外側に位置し、この第2趾との間で足背動脈が足底動脈に合流します。

 爪先に動脈血を送る重要なポイントが「太衝」ですから、ここを指圧することが頭部顔面の「のぼせを下ろす」ことになります。

 血を蔵すのが「肝」、怒りとストレスに反応するのが「肝」ですから、肝経の下肢の指圧やアロマオイルトリートメントは、頭部顔面にのぼせた血液を末梢に分配し、充血した鼻づまりや目の症状を改善します。

 大腸経は示指から始まり、示指の付け根の橈側面にある「合谷」の位置は、手と足の違いはありますが、肝経の「太衝」とよく似ています。

 反対側の小鼻の横の「迎香」に終わる大腸経へ指圧やアロマオイルトリートメントは、圧迫側で副交感神経が優位になるので反対側の鼻づまりが解消するという「圧発汗反射(半側発汗反射)」の具体例として覚えておきたい経脈です。

 アロマオイルトリートメントにはユーカリ・グロブルスとサイプレスを使い、血管収縮による血行促進と静脈血の血行促進を目的としました。

 次回3月7日(木)は腹部のアロマ指圧です。リクエストがあったので下肢との関連(胃経を中心に)も含めて実技を行います。

 

|

« 路面凍結、転倒注意。 | トップページ | 女子中学生、左膝蓋靭帯の痛み、駅伝前の調整。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症のアロマ指圧講座。:

« 路面凍結、転倒注意。 | トップページ | 女子中学生、左膝蓋靭帯の痛み、駅伝前の調整。 »