« 60代女性、左腰痛、右脚が小児麻痺で細い。 | トップページ | 顎関節症、同側の肩こり。 »

2019年3月17日 (日)

右頬の下、内側翼突筋のこり。

317 ムスカリ

 ムスカリが咲きました。庭に色が増えていきます。

 頭痛が続いている御客様の一週間ぶりの指圧、前回の指圧では下顎角内縁の痛みが最後に残っていました。

 右こめかみの頭痛が続いていたので、側頭筋や咬筋とともに三叉神経第3枝が支配する咀嚼筋である内側翼突筋が下顎角内縁に停止します。

 仰臥位の頭部、顔面、頸部、前胸部の指圧から始めて、上肢、下肢、腹部の指圧、伏臥位の指圧と続け、最後にラベンダーを使った下顎骨周囲を中心とした顔と首のアロマオイルマッサージを行いました。

 筋緊張性頭痛の薬が効き、片頭痛の薬は効かないということなので、原因は上肢、前胸部、肩甲間部と首から頭までの筋肉のこりにあると考えてよいでしょう。

 頬骨の下から下顎骨の母指軽擦と下顎骨の裏側の内縁に沿った母指軽擦で、主訴に一致する痛みが再現されました。

 施術後は表情筋がリフトアップされ、顔の筋肉の血行が促進されたようです。

 三叉神経は痛覚だけでなく咀嚼筋の運動も支配しているので、片側に頭痛があっても片頭痛ではなく筋緊張性頭痛のこともあるのです。

|

« 60代女性、左腰痛、右脚が小児麻痺で細い。 | トップページ | 顎関節症、同側の肩こり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右頬の下、内側翼突筋のこり。:

« 60代女性、左腰痛、右脚が小児麻痺で細い。 | トップページ | 顎関節症、同側の肩こり。 »