« 顎関節症、同側の肩こり。 | トップページ | 40代男性、肩、背中、ふくらはぎのこり。 »

2019年3月20日 (水)

花粉症に鼻両側中央のツボ「鼻中」の指圧が効いた症例。


 昨日はこのブログのシステムがリニューアル中で使えなかったので、書き込みの画面が変わった使い勝手を確かめながら昨日の花粉症の指圧について書いてみます。

 40代女性、花粉症で鼻がつまっていて、首、肩、前胸部、左上肢外側の大腸経、右上肢内側の肺経がこっています。


 左右ともに肩甲骨内側上部に停止する肩甲挙筋がこっていますが、右は肩甲挙筋の全体がこっていて、左は停止部のみがこっています。


 右の肺経のこりと左の大腸経のこりから診えてくるのは、右手掌は上を向いて左手掌は内側を向いて、右下から左斜め上へ両上肢の動きです。


 首、肩、背中、下肢、上肢を緩めた後後、仰臥位の鼻の両側の指圧で2点目の「鼻中」で鼻が通ってきました。


 副鼻腔に圧をかけるイメージで指圧をしていけば、よく響くポイントが眉間や頭部であることもありますが、今回は鼻の真ん中の「鼻中」が症状改善の特効穴になりました。

 だからといって「鼻中」1点の指圧だけでは頭部顔面の充血を解消することは難しいので、上肢・下肢の末梢の血流を改善することや、首、肩、背中のこりをゆるめることも花粉症の症状を緩和するためには必要です。

|

« 顎関節症、同側の肩こり。 | トップページ | 40代男性、肩、背中、ふくらはぎのこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 顎関節症、同側の肩こり。 | トップページ | 40代男性、肩、背中、ふくらはぎのこり。 »