« 産後一年、体を使う部位が変わる、こりが変わる。 | トップページ | 70代男性、首右側屈、右前腕内側と右大腿外側のこり。 »

2019年3月10日 (日)

右合谷が左側の歯と頭痛の反応点になっている症例。

310_4  ツクシ 

 土手にツクシが出ていました。日の出から晴れていましたが昼に近づいて雲が多くなってきました。

 40代女性、主訴は左側の頭痛、左の後頸部、側頭部に痛みがあって左肩が上がっています。左の歯の治療中です。

 右利きで、デスクワークが続いていたために左腕は固定されていたようです。

 右手を使うので右中手骨側面遠位の「合谷」がこっていて、ここを指圧すると左の頭痛を再現する痛みが走りました。

 大腸経の経脈の交叉(神経の交叉)の見本のような症例です。

 全身の指圧とストレッチで右肩が下がって体幹が右にやや回旋した姿勢を矯正すると左側の頭痛は消えていました。
  

|

« 産後一年、体を使う部位が変わる、こりが変わる。 | トップページ | 70代男性、首右側屈、右前腕内側と右大腿外側のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右合谷が左側の歯と頭痛の反応点になっている症例。:

« 産後一年、体を使う部位が変わる、こりが変わる。 | トップページ | 70代男性、首右側屈、右前腕内側と右大腿外側のこり。 »