« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

肺炎後に咳が続く、治りかけ、指圧で仕上げ。

531 ユリのツボミ

 

 5月最後の日の朝、ユリのツボミが膨らんできました。

 発熱と咳で肺炎と診断された女性、胸の奥でエコーがかかったようなざらついた声です。

 座位で首、肩、背中に触れると外が暑い時間だったので熱を発散しています。

 細菌感染が奥のほうに炎症を作ったようですが、移りそうな病勢ではありません。

 伏臥位の指圧では首、肩、背中、腰、大腿後側がこっていて、仰臥位の指圧では右大腿付け根の鼡径リンパ節に硬さがあり、足底から足の内側の腎経の指圧で痛みがありました。腎経は喉につながる経脈です。

 発熱で寝ていたので背部の膀胱経のこりとなり、運動不足になるのでリンパの停滞と腎経のツボに反応が現れたようです。

 腹部の指圧で肋骨の下縁の詰まりは胸脇苦満というほどではなく、舌の白さも後半分くらいなので急性から慢性に移行する半表半裏の状態は脱しつつあります。

 全身指圧後、声のざらつきが減ってきたので日常生活には問題ないでしょう。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

昨日のアロマ指圧講座「肩が挙がらない時」。

530 ミントとレモンの季節

 

 原宿生活の木のショーウィンドウはミント&レモン、蒸し暑い季節がやってきます。

 昨日のアロマ指圧講座のテーマは「肩が挙がらない時」、棘下筋腱の上には肩峰下滑液包と肩甲骨の肩峰があり肩関節外転(側方挙上)では棘下筋腱にストレスがかかります。

 実技では肩関節外転180°の時に上腕の動きは120°で肩甲骨の上方回旋が60°必要であることを説明し、肩甲骨上の棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲骨内縁に停止する小と大の菱形筋をゆるめ、肩甲骨の胸郭上での動きを滑らかにする指圧から始め、肩関節屈曲(前方挙上)に働く上腕二頭筋長頭のラベンダーとユーカリを使ったアロマオイルトリートメントを前腕内側から上腕骨の結節間溝までピンポイントでとらえる軽擦とコッドマン体操などの肩の運動法とストレッチを行いました。

 「いわゆる肩関節」というのが上腕肩甲関節ですが、肩甲骨と胸郭、上腕骨と肩峰下滑液包も機能的には関節です。

 傷が修復されるまでには時間がかかりますが、その周囲の癒着した筋肉や詰まった関節に隙間を作る、滑動しやすくするということは指圧やアロマオイルトリートメント、ストレッチでできます。

 そして自然に腕を挙げる時のゼロポジションはバンザイの斜め前方を通るラインだということを頭に入れておけば、目一杯の肩の動きから少しハードルを下げて、できることから肩を動かして可動域を拡げていくことができます。

 指圧の体重移動、ツボのとらえ方、個別の筋肉の走行、筋肉の太さや体形の個人差などいろいろ難しいことがありますが、皆さん相モデルの施術で受けて、圧して、感じた新感覚があったようです。

 続けていけばわかる感覚が増えていくのでまた講座に参加してください。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

動けるようにしておく、でなければ誰かが動かす。

529 ツタに囲まれる

 

 今朝は雨の予報ですが、傘をささずにすみそうな曇り空です。

 昨日はスクールバスに乗ろうとしていた小学生たちと大人2人が襲われる凄惨な事件がありました。

 この事件は、整然と列を作って並ぶことがテロの標的となることもあると世に知らしめました。

 危機回避に咄嗟の状況判断で逃げるには動ける準備をしておく必要があります。

 体を動かせる人は自分で毎朝のストレッチ、体を動かせない人には誰かがマッサージや関節の曲げ伸ばしをして少しでも柔軟性を確保し、いざという時には移動させてあげなければなりません。

 今日は原宿生活の木で「肩が挙がらない時」がテーマのアロマ指圧講座です。

 いざという時に抵抗するためにも、挙がらない肩が挙がるように改善していく実技を紹介します。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

70代男性、庭木の剪定で腰痛。

528 ブルーベリー

 

 70代男性、庭木の剪定をして腰痛になりました。右殿部にも痛みがあります。

 伏臥位の指圧では左の側頸部から肩、背中、腰とこっていて、左第4腰椎と第5腰椎間の最初の軽い指圧でポキッという音がした後、左側のこりは急にゆるみました。

 右殿部は左腰の負担を減らすためにかばった対角線のこりで右下肢後側には坐骨神経に沿った痛みはありませんでした。

 全身指圧後に立ち上がると、「今朝は背中反らすことができなかったのが、今は楽にできる」とのことでした。

 年齢的に筋力が弱くなってきているので長時間の庭仕事が腰の負担になったようです。

 腰椎が少しずれていたようですが、垂直圧の軽い指圧で矯正できました。

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

昼の暑さと夜の冷え込みにも注意。

527 また咲き出す

 

 昨日の日中は猛暑、夜は急に冷えてきました。

 昼は真夏の暑さでも、夜も真夏のつもりでいると体調を崩します。

 一度枯れたツツジがまた咲き出したのも温と冷の気温の差が影響しているように思います。

 エアコンの冷たい風にさらされることは筋肉を硬くし、患部の血行を阻害しますから移動するか一枚はおるかして体調を崩さないようお気をつけください。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

50代男性、首のこり、2回目の指圧。

526 強い花

 

 土手に咲き乱れる黄色い花、草と一緒に刈られてもまた生えてきます。

 50代男性、主訴は首のこり、2週間ぶり2回目の指圧です。

 前回指摘させていただいた姿勢を正す意識で反り腰になっていたのは力が抜けて改善されています。

 座位では体幹がやや右に側屈+回旋しています。

 伏臥位の指圧では首の位置が定まらず何度も首の向きを変えていましたが前回よりは居ても立っても居られないという感じが減っています。

 首を指圧して体が逃げるようなことはないので大きな傷はないようです。

 全身指圧後、体幹の側屈と回旋は改善され、腰椎の前弯もちょうど良いくらいです。

 利き腕の右手を使う時に下を向くで上部頸椎が詰まってくるのだと思います。

 次回は横臥位で首から背部の指圧をしてみようと思います。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

朝は爽やか、昼は真夏日。

525 朝露

 

 放射冷却で冷やされた朝の空気は爽やかで、朝露の滴が葉っぱに並んでいます。

 日蔭は肌寒いほどの朝でしたが昼前からは真夏の気温になる予報です。

 高温の環境で長時間過ごせば心身にダメージを受けます。

 無理をせずエアコンなどで温度調節をして血管ストレスを減らしましょう。

 

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

今日から真夏の備えで。

524 サンショウ

 

 アゲハチョウが飛んでいた今朝、アゲハの大好きなサンショウは実が大きくなっていました。

 今日から最高30℃を超える日が続く予報です。

 真夏の備えで熱中症には気をつけたいと思います。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

昼寝から目覚めて急に変わる超高齢者の気持ちと体調。

523-7 キウイ

 

 少し大きくなったキウイの実、今日は朝から午後の気温の高さが感じられる天気です。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、転倒して顔を打った旦那様の御世話で肩がこっていました。

 それでも旦那様の顔の腫れは引いて、右目の下にわずかに赤黒い痕が残るだけとなり、病院での打撲の治療は終了ということになりました。

 旦那様はとても機嫌が良く、快気祝いのレストランの予約が済んでいて指圧後に御馳走していただくことになりました。

 奥様の指圧中は大きなイビキをかいて気持ち良さそうに寝ていたかと思っていたら、指圧後に目覚めて体調が悪いと熱を測り出し、急にぐったりとした病人になっていました。

 しかし熱を3回測って36.5℃くらいだということに納得すると、急に復活してまた元気になりました。

 寝起きは血圧が下がってエンジンがかかるまでは脳の血流が悪くなるのかもしれません。

 結局見晴らしの良いレストランでコースの料理を機嫌良く召しあがって、数年前とほとんど変わっていないような感じさえしました。

 しかし、今朝は昨日食べ過ぎたと言っているかもしれず、90代ですから気持ちも体もちょっとしたきっかけで病人になってしまいます。

 介護の仕事をしている若い人が事件を起こしてしまったり、仕事が続かないというのには、高齢者には若い人の常識や経験ではあり得ないようなことが次々と起こるからなのでしょう。

 私も今だから急に予定が変わって食事に御供することになっても何とかなりますが、以前はとても苦手でした。

 自分も一寸先はどうなるかわからないというところまで命のはかなさについて納得できていないと、気持ちも体も弱くなってきた高齢者の急変に対応するのは難しいことではあります。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

60代女性、右肩痛、上腕二頭筋長頭も短頭も起始部に痛み。

522 ヘビイチゴ

 

 昨日の大雨で坂道は濁流が下り、一時は雨水で下水の蓋が押し上げられるほどでしたが午後2時には雨が上がりました。

 その頃に指圧にいらっしゃったのが60代女性、90代の義母様の介護でお疲れ、右肩痛で右肩は上がりにくい状態が続いています。

 背中が丸くなり、背部は硬くこっていて、殿部の硬い梨状筋の指圧では坐骨神経に走る痛みがありました。

 仰臥位右上肢の指圧では、上腕二頭筋の短頭起始部の烏口突起付近と長頭起始部の上腕骨大結節稜から肩甲骨関節上結節のあたりに強い痛みがありました。

 右肩は屈曲も外転も90°くらいから痛みが出るので棘上筋腱停止部の炎症に原因がありそうですが、上腕二頭筋の短頭も長頭も起始部を圧すと棘上筋のほうに痛みが走ります。

 おそらく3ヶ所ともに傷があって小さく裂けているようです。

 全身指圧後、介護のお話しを指圧中にしていたのでストレスの発散になり背中が伸びて背筋はゆるみましたが、右肩が完治するには時間がかかりそうです。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

斜めに降る生暖かい強い雨。

521 ユリのツボミ

 

 今朝は生暖かく斜めに降る久々の強い雨、頭痛持ちの方には嫌な天気です。

 外を歩いてきて、レインコートを着ていましたが膝下は濡れてしまいました。

 ストレスが増える日になりそうですが、努めて冷静に、事故や怪我などにあわないようにお過ごしください。

 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

穏やかな風の道が交差するカフェ「ジュリアン」。

520 軽井沢のような

 

 指圧の御客様に「軽井沢のようだから是非行ってみて」と薦められた日高市多和目のカフェ「ジュリアン」、額縁のような大きな窓を通して南と西に広がる大きな庭にはいくつもの大木とその間に誘いこまれたように穏やかに流れる風の通り道が何本もできています。

 自家焙煎こだわりのエチオピアとコロンビアで酸味を出した浅い煎り加減の若草ブレンドは優しいお味でした。

 前からその前を車で通っていてカフェがあることは知っていましたが、店内からの景色と庭の心地良い風は確かに軽井沢のようでした。

 コーヒーは550円、日曜日の午後に庭のテラス席で読書をしている人もいて、ひと時の転地療養感を味わえます。

 一見の価値があります。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

右足関節前側の痛みと右腰痛。

519 ヒルガオ

 

 60代女性、主訴は右腰痛と右足関節前側の前脛骨筋腱に沿った痛みです。

 花の手入れをしている時間が長かったということなので、体幹の前屈と右足を少し後ろに引いた踵体重で利き手の右手を使って、右腰と右足関節前側に疲労が溜まったようです。

 全身指圧後、右腰の痛みは緩和できましたが、右足関節には痛みが残りました。右足関節前側には小さい傷があるようです。

 右足背屈で前脛骨筋に負担がかかっているようですから、右足を少し前に出すだけでも踵体重の負担は軽減できます。

 痛くない範囲で右足関節底屈+外反のストレッチをしておくと前脛骨筋がストレッチされて血行促進によって傷が修復されていき痛みが減っていきます。

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

「慢性痛→運動不足→眠れない」の悪循環を指圧で断つ。

518 柿の花

 

 繁った柿の葉の中で黄色い花が咲きました。

 慢性痛を抱えている方の不眠の原因は痛みそのものによる交感神経の興奮で副交感神経優位のリラックス状態になれないということがありますが、身体活動が制限されて運動不足になることも不眠の原因となります。

 慢性痛の患部の周囲の筋肉や対角線の筋肉は患部をかばうためにこっています。

 指圧は全身の点描画ですから、こり固まった筋肉と運動不足の筋肉に対してそれぞれ適量刺激のアプローチをして、酸素と栄養に富んだ動脈血を指圧点に運びます。

 かばうために使い過ぎた筋肉には弱い刺激、かばうために使えない筋肉にはエクササイズになるような速いテンポの刺激をしていきます。

 肝臓で分解されて脳に影響する睡眠薬とは違って、指圧は緊張した筋肉とゆるみ過ぎた筋肉を調整して副作用のない眠気をもたらします。

 怪我の後遺症や手術後も続く慢性痛や体の麻痺を抱えている方には適量刺激の全身指圧の効果を実感していただけることと思います。

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

夏の陽射し、ネロリの香り。

517 ネロリの香り

 

 ミカンの花が咲いてネロリの香りが漂うようになりました。

 昨日の午後の陽射しは外で作業をするのがためらわれるほど、今朝も強い陽射しが降り注いでいます。

 外を歩く時は帽子とサングラス、朝のウォーキングから帰ったら水分補給を体が要求するようになりました。

 

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

70代男性、今年もタケノコ千本掘って全身疲労。

516 マーガレット

 

 庭のマーがレットが今盛り、しばらく白い花で一杯です。

 70代男性、今年もタケノコを千本掘ってお疲れです。

 座位では右肩が上がり、背中がこっていて体幹は左に側屈、腰椎が後弯しています。

 伏臥位左背部の最初のほうの軽い指圧で第8胸椎と第3腰椎の2箇所でポキッと音がしました。

 クワを右斜め上から振り下ろして脊柱の左側が詰まっていました。

 このポキッという音がした時に「やりたいのはこういうことではない」と思ったのは、カイロプラクティックがやりたいのではなく、もっと段階的に徐々に筋肉をゆるめることで脊椎の調整をする指圧師だからなのでしょう。

 全身指圧後、背部のこりが完全にゆるんだわけではありませんでしたが腰椎の後弯は矯正でき、右肩も下がりました。

 まだ20本ほどはタケノコが残っているそうで、今頃朝掘りして出荷される頃ではないでしょうか。

 健康診断の結果の要精密検査の項目についての質問や、前回の指圧の時に足がつるというのでアドバイスさせていただいた寝る前に脱水予防のため水を飲むことにしたところ足がつらなくなったというお話しも聴くことができました。

 またお疲れの時は指圧にいらしてください。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

便秘を気にし過ぎないことで便通。

Img_6281 ネギの花

 

 昨日の「たけしの家庭の医学」では、医師からの「便秘を気にし過ぎなくていい」という5分の電話の後に便秘の人にお通じがあったことを紹介していました。

 便が出ない、便を出さなければいけないという追い込まれた気持ちを常に抱えていると、腸の動きががんじがらめに停止してどうやっても便意は起きないようです。

 副交感神経で働く消化器官はいかにリラックスできるかということがその働きを活発にさせるために重要だということです。

 おなかを強く圧してもおなかは鳴らないのに、大腿前測の胃経の指圧でおなかが鳴るというのも、その時には胃腸がリラックスしているからなのでしょう。

 症状を改善するのは「気持ちのいい刺激」です。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

テーブルクロス引きの肩と腕の動きに拮抗する腸腰筋。

514 ブドウの実

 

 ブドウの実ができました。

 いつもは左背筋痛が主訴の男性、今回の指圧では左腰の訴えがあり指圧を進めていくと右三角筋後側から上腕三頭筋に、いつもはないこりがありました。

 上腕後側のこりは肘の伸展か上腕を後ろに引く肩関節伸展のテーブルクロス引きのような動きがあったのだろうと考えられます。

 仕事で思い当たる動きがあるとのことで、右肩関節伸展で背中を反らせる動きの拮抗筋として左腸腰筋を使って左腰の痛み、重だるさとなったのでしょう。

 右肩上部もこっていましたが、右三角筋後部から上腕三頭筋のこりをゆるめると肩のこりはゆるみました。

 左腰に負担が続けばぎっくり腰になっていたかもしれませんが、その危険を感じてストレッチや足の爪先の向きなどを工夫していたのでその手前の状態までで耐えられたようです。

 いつもよりもお尻の筋肉がゆるくなっていたので股関節伸展の大殿筋のエクササイズ(腸腰筋のストレッチ)と膝関節伸展+股関節伸展の大腿直筋のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。

513 テッセン

 

 テッセンの花が増えました。

 一昨日、首から肩甲骨周囲に痛みを抱える方のお宅に指圧にうかがった時、ちょうど玄関の周りの鉢植えに水をやったり、しおれた花を摘んだりしているところでした。

 首を大きく前屈させないように、骨盤から背中を曲げている姿勢は背筋の弱さが診えましたが、理にかなった姿勢です。

 「鉢植えの花の手入れをしている時は痛みを忘れている」という言葉を聴くことができて、状態が少し良くなっているようで安心しました。

 首の周囲をかばった背筋はこっていましたが、遅脈になりがちの脈拍は正常範囲の1分間に60、持病の喘息も大きな発作はないようです。

 気温が暑過ぎず、寒過ぎずの時期は、テンポ良く動いたり、軽い運動をすることがこの体には合っているようです。

 気持ち良く動いている時は痛みを忘れます。慢性痛では痛みを忘れるために、没頭できる趣味や、自分が好きなことをする時間を作りましょう。一度痛みを忘れている時間を持つと、次に訪れる痛みのピークが下がります。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

姿勢を正す意識が強過ぎて反り腰、首まで緊張。

512 キウイの実に

 

 キウイの花が落ちて今度は実が大きくなっていきます。

 疲労と首のこりが主訴の男性、初めての指圧です。座位では反り腰で、姿勢を正そうと、肩から首まで力が入っています。

 背部の筋肉は仙骨から首まで背中を反らす働きをする筋肉です。

 顎は5°引くのが良姿勢ですが、逆に5°上がっていました。

 伏臥位の指圧では首の位置が定まらない様子で、右に回旋させたり、左に回旋させたり、額枕をはずしたりして顔の向きを変えていました。

 伏臥位の指圧が終わり仰臥位の指圧に移ると胃経の指圧でおなかが小さい音を立てて少しずつ何度も動きますが、完璧なリラックスとまではいかず、今度は足や膝を動かしていました。

 右側頸部から右肩上部のこりと右大腿内側の肝経にこりがあったので、五志の「怒」に近いストレスが溜まっているのかもしれません。

 全身指圧後、再び座位になると反り腰は治っていて肩から首の緊張もゆるんでいました。

 最近引っ越してこられたそうなので、環境に慣れるまではいろいろと大変だと思いますが、また力を抜きに指圧にお越しください。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

左腰痛から右肩こりと左広背筋のこりへ、患部をかばったこり。

  511 テッセン

 

 ミントの間からテッセンが咲きました。昨日の暖かさで花が咲き、ハチやアリなどの虫の動きも活発になってきました。

 70代女性、前回の主訴の左腰痛から背中の外側の痛みに主訴が変わってきました。

 治りかけは患部の位置が少しずつ移動していきます。

 指圧をしていくと右の肩から上腕外側のこりと左背部外側の広背筋のこりが最後に残りました。

 腰の中心あたりを使わないように、患部をかばった筋肉に疲労が蓄積されたようです。

 仰臥位大腿前則の胃経の指圧でおなかが動き、指圧中は眠ったのでこりはゆるみました。

 左腰は打撲で、小さい傷はありそうですが、痛みの出ない範囲で動かしていくことでもっと楽になっていきます。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

今日は夏日、熱中症に注意。

510 ユリの茎

 

 鉄砲百合の茎が50cm近い高さまで伸びてきました。今朝は陽射しが強く、植物がどんどん大きくなります。

 午後の最高気温は25℃を超えそうなので、今日は熱中症にならないように水分補給と塩分補給の注意が必要です。

 合い間に水分を取りながら、今日も指圧が始まります。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

80代女性、転倒し怪我をした旦那様の病院に付き添って肩こり。

59 キウイの落花

 

 茶色に変色したキウイの花が地面に落ちるようになりました。昨日の昼間は25℃、寒かった朝から数時間で夏日の気温になりました。

 昨日は2週間ぶりに80代女性のお宅で指圧、旦那様は顔面に青あざと絆創膏、一昨日舗道を歩いていて転倒したそうです。

 転倒した本人はいたって元気ですが、奥様は病院の付き添いでお疲れ、肩がこっていました。

 転倒での怪我は2回目なので「杖をすすめても嫌がる」とストレスが溜まっていて、指圧中は次々と旦那様への愚痴が飛び出しました。

 それでも米寿のお祝いの七宝焼がお友だちから届いたとお茶を飲みながら見せてくれて、いくらかデトックスになったようです。

 指圧が終わって、旦那様の怪我の2回目の診察に病院に連れていくというので車で送らせていただきました。

 病院の午後の診察時間の30分前に着きましたが、すでに5、6人診察待ちで並んでいました。

 怪我をして大変、ガーゼ交換くらいだと思いますが、診察を受けて帰って来るまでに長い時間がかかることも大変です。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

寒暖差の血管ストレスを衣服で調節。

58 梅の実

 

 伸び過ぎた梅の枝を切ったら小さい梅の実ができていました。

 昨日は不安定な天気で風が強く時折り雨が降る寒い一日で、今朝も空気が冷たく感じられました。

 今日は最低気温と最高気温の差が20℃近くなるところもあるそうですから、血管の寒暖差ストレスを服の脱ぎ着で調節する必要があります。

 春物の脱いでも邪魔にならない薄い上着を毎年探していますが、なかなか実用的で気にいったものには巡りあえず、結局ウインドブレーカーを着ています。

 昨日はバンダナを首に巻いたらちょうど良い温度調節になりました。

 もう冬物の季節ではないので、男性でもスカーフやバンダナで首や背中から冷気が入るのを防ぐことが体調管理にお薦めです。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

70代男性、お孫さんのお相手、連休疲れ。

57 ムスカリの種

 

 薄緑色でハート型のツブツブが庭のあちこちで見られるようになりました。これはムスカリの種、地面に落ちて来年また青い花をつけます。

 70代男性、連休の最終日にお孫さん一家が帰ったところで指圧にいらっしゃいました。主訴は全身の疲労、首肩背中がこっていました。

 斜め下に顔を向けてお孫さんのお相手をしている時間が長かったのでしょう、左右の胸鎖乳突筋の下半分は最後までこっていました。

 お孫さんが来る前に指圧をした時の腰痛は治っていましたから、前回指圧をしておいて正解です。

 孫は来て良し、帰って良し、迎えた側は体のメンテナンスが必要です。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

連休最終日、深呼吸とストレッチをして疲労を回復しましょう。

56 ブルーベリーの花

 

 今朝は雲が多く、ウォーキングの途中でポツポツと雨が落ちてきました。

 今日は連休の最終日ですから疲れが溜まる頃です。

 日常の生活に戻るには深呼吸で酸素を取り入れ、ストレッチで使い過ぎの筋肉をゆるめ、使わな過ぎの筋肉を動かしておく必要があります。

 車の事故が増えています。長距離の運転では休憩の時に足首と膝の曲げ伸ばしと、股関節は前後左右に大きく動かしてアクセルとブレーキの踏み間違いなどが起きないようにしておきましょう。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

菖蒲湯のショウブはサトイモ科、ハナショウブではない。

55 キウイの花

 

 昨日の夕方は雷雨になりましたが、今朝は青空が広がっています。

 キウイの花が咲いて初夏の陽射しが一層強くなってきました。

 今日はこどもの日、「菖蒲湯に浮かべるショウブはサトイモ科でアヤメ科のハナショウブとは違う」、毎年ショウブとアヤメの違いを検索していますが、去年のアヤメの葉を浮かべたお風呂が全くいい香りがしなかった理由が今朝わかりました。

 昨日買ってきた菖蒲の葉はショウガのような香りがします。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

5月4日はみどりの日、ハーブの季節。

54 ハーブガーデン賑わう

 

 一昨日の薬香草園の駐車場は満車、講師用の駐車スペースが空いていて助かりました。

 ラベンダーにはミツバチが飛びかい、やがてここで蜂蜜になります。

 ランチタイムをはずしていけばメインの駐車場と道路をはさんだ北側にも駐車場があるので、アロマグッズの買物とハーブガーデンの散策と休日のティータイムが楽しめます。

 うちの庭は雑草が繁ってきたので指圧の空き時間はこれから毎日草刈りです。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「急性腰痛(ぎっくり腰)」。

53 パン教室予約不要540円

 

 昨日は飯能生活の木で「急性腰痛」のアロマ指圧講座、ベーカリーでは予約不要のパン教室が6月30日(日)に3回行われるようです。良い企画です。感心しました。

 「急性腰痛」の講座では、冷やす、安静にする、腰を圧さない(出血や傷を拡げないため)の説明をし、横臥位か仰臥位の何とか維持できる姿勢で、殿部と大腿後側のツボ(トリガーポイント)の指圧を中心に、ニアウリ・ネロイドールとカユプテを使った足底から膝窩までのアロマオイルトリートメントと股関節と殿筋群のストレッチの実技を行いました。

 痛みの激しい腰の患部を無理に施術しなくても遠隔操作で腰がゆるむことは実感していただけたと思います。

 ニアウリとカユプテは攻めた組み合わせですが、血管を収縮させて炎症を鎮める効果があり、どちらもオーストラリア原産のフトモモ科の精油です。

 原宿校では10月に腰痛の講座を予定していますので、膀胱経のツボを捉えた遠隔操作の腰痛指圧の実技を紹介します。

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

腰痛の指圧が続きます。

52 モッコウバラ

 

 昨日も午後は雨が降りました。今朝は止んでいますが棘のないモッコウバラが濡れています。

 腰痛を訴える方の指圧が多いのは晴れの日が少ないことにも原因があります。

 気圧の低下で関節の内圧が上がると古傷の痛みを感じることがあります。

 雨が降り出す前に仕事をしてしまおうと曇り空の下でいつもよりも忙しく働けば疲労が早く溜まります。

 連休のレジャーのために休日を作ろうとすると二日分働かなければいけない日もできてきます。

 先週からの腰痛が主訴の方は早めにメンテナンスにいらっしゃた方ばかりだったので、ぎっくり腰というところまではいっていませんでした。

 未病のうちに治すのが指圧ですからどうか無理をなさらず、早めに指圧にお越しください。

 今日の午後は飯能生活の木で「急性腰痛(ぎっくり腰)」のアロマ指圧講座をしてきます。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

令和の指圧も丁寧に、適量刺激に調整して。

51 北の山頂に雪

 

 令和の最初の朝は、陽が射した時ば背中が熱いと感じるほどでしたが、雲が広く空を覆っています。

 北の山頂には雪が残り、昨日までの不安定な天気を思い出させますが、今日は過ごしやすい一日になりそうです。

 今日は令和最初の指圧、体の痛みや不安の原因を探りながら、垂直圧で圧して放せば血管は拡張し、血行は促進され、強く圧さなくても指圧で体は良い方向へ変わっていくことを、わかりやすい言葉で説明しながら安心して体をあずけていただける幸せな時間を作っていきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »