« 左腰痛から右肩こりと左広背筋のこりへ、患部をかばったこり。 | トップページ | 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 »

2019年5月12日 (日)

姿勢を正す意識が強過ぎて反り腰、首まで緊張。

512 キウイの実に

 

 キウイの花が落ちて今度は実が大きくなっていきます。

 疲労と首のこりが主訴の男性、初めての指圧です。座位では反り腰で、姿勢を正そうと、肩から首まで力が入っています。

 背部の筋肉は仙骨から首まで背中を反らす働きをする筋肉です。

 顎は5°引くのが良姿勢ですが、逆に5°上がっていました。

 伏臥位の指圧では首の位置が定まらない様子で、右に回旋させたり、左に回旋させたり、額枕をはずしたりして顔の向きを変えていました。

 伏臥位の指圧が終わり仰臥位の指圧に移ると胃経の指圧でおなかが小さい音を立てて少しずつ何度も動きますが、完璧なリラックスとまではいかず、今度は足や膝を動かしていました。

 右側頸部から右肩上部のこりと右大腿内側の肝経にこりがあったので、五志の「怒」に近いストレスが溜まっているのかもしれません。

 全身指圧後、再び座位になると反り腰は治っていて肩から首の緊張もゆるんでいました。

 最近引っ越してこられたそうなので、環境に慣れるまではいろいろと大変だと思いますが、また力を抜きに指圧にお越しください。

|

« 左腰痛から右肩こりと左広背筋のこりへ、患部をかばったこり。 | トップページ | 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 左腰痛から右肩こりと左広背筋のこりへ、患部をかばったこり。 | トップページ | 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 »