« 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 | トップページ | 便秘を気にし過ぎないことで便通。 »

2019年5月14日 (火)

テーブルクロス引きの肩と腕の動きに拮抗する腸腰筋。

514 ブドウの実

 

 ブドウの実ができました。

 いつもは左背筋痛が主訴の男性、今回の指圧では左腰の訴えがあり指圧を進めていくと右三角筋後側から上腕三頭筋に、いつもはないこりがありました。

 上腕後側のこりは肘の伸展か上腕を後ろに引く肩関節伸展のテーブルクロス引きのような動きがあったのだろうと考えられます。

 仕事で思い当たる動きがあるとのことで、右肩関節伸展で背中を反らせる動きの拮抗筋として左腸腰筋を使って左腰の痛み、重だるさとなったのでしょう。

 右肩上部もこっていましたが、右三角筋後部から上腕三頭筋のこりをゆるめると肩のこりはゆるみました。

 左腰に負担が続けばぎっくり腰になっていたかもしれませんが、その危険を感じてストレッチや足の爪先の向きなどを工夫していたのでその手前の状態までで耐えられたようです。

 いつもよりもお尻の筋肉がゆるくなっていたので股関節伸展の大殿筋のエクササイズ(腸腰筋のストレッチ)と膝関節伸展+股関節伸展の大腿直筋のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

|

« 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 | トップページ | 便秘を気にし過ぎないことで便通。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「花の手入れをしている時は痛みを忘れている」。 | トップページ | 便秘を気にし過ぎないことで便通。 »