« 60代女性、右肩痛、上腕二頭筋長頭も短頭も起始部に痛み。 | トップページ | 今日から真夏の備えで。 »

2019年5月23日 (木)

昼寝から目覚めて急に変わる超高齢者の気持ちと体調。

523-7 キウイ

 

 少し大きくなったキウイの実、今日は朝から午後の気温の高さが感じられる天気です。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、転倒して顔を打った旦那様の御世話で肩がこっていました。

 それでも旦那様の顔の腫れは引いて、右目の下にわずかに赤黒い痕が残るだけとなり、病院での打撲の治療は終了ということになりました。

 旦那様はとても機嫌が良く、快気祝いのレストランの予約が済んでいて指圧後に御馳走していただくことになりました。

 奥様の指圧中は大きなイビキをかいて気持ち良さそうに寝ていたかと思っていたら、指圧後に目覚めて体調が悪いと熱を測り出し、急にぐったりとした病人になっていました。

 しかし熱を3回測って36.5℃くらいだということに納得すると、急に復活してまた元気になりました。

 寝起きは血圧が下がってエンジンがかかるまでは脳の血流が悪くなるのかもしれません。

 結局見晴らしの良いレストランでコースの料理を機嫌良く召しあがって、数年前とほとんど変わっていないような感じさえしました。

 しかし、今朝は昨日食べ過ぎたと言っているかもしれず、90代ですから気持ちも体もちょっとしたきっかけで病人になってしまいます。

 介護の仕事をしている若い人が事件を起こしてしまったり、仕事が続かないというのには、高齢者には若い人の常識や経験ではあり得ないようなことが次々と起こるからなのでしょう。

 私も今だから急に予定が変わって食事に御供することになっても何とかなりますが、以前はとても苦手でした。

 自分も一寸先はどうなるかわからないというところまで命のはかなさについて納得できていないと、気持ちも体も弱くなってきた高齢者の急変に対応するのは難しいことではあります。

 

 

|

« 60代女性、右肩痛、上腕二頭筋長頭も短頭も起始部に痛み。 | トップページ | 今日から真夏の備えで。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 60代女性、右肩痛、上腕二頭筋長頭も短頭も起始部に痛み。 | トップページ | 今日から真夏の備えで。 »