« 坐骨神経痛は治って腰痛が残った症例。 | トップページ | 後ろ蹴りの筋力が最強なのに使わないことでの弊害。 »

2019年6月23日 (日)

60代女性、左肩から上腕外側の痛み、背中で両手がつかなくなった。

623 蔓に並ぶ滴

 

 雨は止んでいますが蔓には滴が並んでいます。今朝は少し肌寒い曇り空です。

 60代女性、背中に上下から両手をまわして指先がくっついていたのが、左肩から上腕外側の痛みでできなくなったとのこと、肩が上がらなくなると心配なので指圧にいらっしゃいました。

 座位では、いつもは胸椎の後弯が気になる方ですが、今回は背中は猫背にならないように意識できていて、頭が前に倒れていました。

 鎖骨周囲の前胸部を圧すと強い痛みがあります。

 首、肩、背中とこっていて、下半身はむくんでいましたが大きな問題はありません。

 全身指圧後、肩甲骨上方回旋のストレッチ、肩甲骨下方回旋のストレッチ、肩甲骨外転のストレッチを覚えていただき、背中に両手をまわすと左右のどちらを上にしても指先がくっつきました。

 左肩は五十肩のようなものではなく、動かさな過ぎです。

 肘屈曲で肩を外転し反対側の手で曲げた肘を頭の上で引っ張る肩甲骨上方回旋のストレッチ、肩を下げてから肘を曲げ反対側の手で腰にある手首をつかんで引っ張る肩甲骨下方回旋のストレッチ、両手を胸の前で組んで背中は起こしたまま両腕を前に伸ばす肩甲骨外転のストレッチ、続けてみてください。

 

|

« 坐骨神経痛は治って腰痛が残った症例。 | トップページ | 後ろ蹴りの筋力が最強なのに使わないことでの弊害。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坐骨神経痛は治って腰痛が残った症例。 | トップページ | 後ろ蹴りの筋力が最強なのに使わないことでの弊害。 »