« 昨日のスペシャルセミナー「座位の肩こり」と「脳を刺激するハンドマッサージ」。 | トップページ | 11月のセミナーの打ち合わせ。 »

2019年7月 2日 (火)

20代男性、爪先に体重をかけていないのでふくらはぎの筋肉が弱い。

72 東郷神社 海の宮

 

 今日は夏至から11日目の半夏生、稲が踏ん張って根付くようにタコを食べる日です。写真は一昨日の東郷神社海の宮、日本の領海内で捕鯨が開始されて、海の神様は捕鯨に反対する国の動きを心配されていることでしょう。

 20代男性、両方のふくらはぎがだるい、つる、痛くなるということで指圧にいらっしゃいました。

 高身長で猫背、上半身をよく使っていて踵体重、爪先に体重をかけることはほとんどしていないようです。

 両足の小趾が短いという特徴もあって、О脚で足底の外側で着地をすれば他の足趾は浮いてしまいます。

 伏臥位から指圧を始め、首、肩、背中、上腕などがこっていましたが、仰臥位の指圧で全身を触ってみて大きな問題はありませんでした。

 最後に足趾屈曲のストレッチをするとふくらはぎがつりました。

 これはふくらはぎ最深部の長母趾屈筋と長趾屈筋が使われていないためで、ふくらはぎがつるのも予想できていました。

 すぐに足趾伸展+足関節伸展でふくらはぎのつった状態は治まりました。

 足趾の使わな過ぎです。

 立位では壁に手をついて踵を上げて爪先に体重を乗せる運動、座位では足趾を曲げて床につけた足を前後に滑らす運動、立っている時にも足趾を曲げて股関節を外側に開かないようにすることを覚えていただきました。

 肝臓の病気を心配していたようですが、背部、腹部、母趾内側からの肝経の経脈、そして目に肝臓病が疑われるような異常はありません。足趾に体重を乗せてください。

|

« 昨日のスペシャルセミナー「座位の肩こり」と「脳を刺激するハンドマッサージ」。 | トップページ | 11月のセミナーの打ち合わせ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日のスペシャルセミナー「座位の肩こり」と「脳を刺激するハンドマッサージ」。 | トップページ | 11月のセミナーの打ち合わせ。 »