« 声楽の姿勢矯正効果、筋トレとしても効果あり。 | トップページ | 今日は猛暑注意。 »

2019年7月31日 (水)

全身の疲れ、右上腕外側から肩甲骨周囲の痛み、右肩は120°まで挙がる。

731 バッタ

 

 強い朝の陽射しを避けて、バッタがローズマリーの日陰で休んでいました。

 60代女性、主訴は全身の疲れ、仕事終わりに猛暑の中やって来て汗をかいて体が火照っています。

 座位の触診では右側頸部のこり、両肩上部と背中のこり、右肩は屈曲も外転も120°付近で痛みが出ます。

 伏臥位から指圧をし、10分ほどすると会話が途切れて眠りました。

 仰臥位上肢の指圧後、眠っている状態で右肩を屈曲すると135°くらいまでは引っ掛かりなく動かすことができました。

 指圧が終わってもまだ眠りそうでしたが、座位で仕上げの指圧をすると、右側頸部から肩上部、背中までゆるみました。

 右上肢外側から肩関節周囲には炎症の名残りがありますが、もっと右肩関節を動かすことで可動域は拡がるはずです。

 右の側頸部と肩上部のこりは右肩を動かさないために緊張が続いていたようです。

 問診の主訴に出てこない肩の痛みですから、痛くない範囲で積極的に動かすことで回復の仕上げが早まります。

|

« 声楽の姿勢矯正効果、筋トレとしても効果あり。 | トップページ | 今日は猛暑注意。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 声楽の姿勢矯正効果、筋トレとしても効果あり。 | トップページ | 今日は猛暑注意。 »