« 60代女性、右腰痛、右腸骨稜周囲に傷、伸展痛。 | トップページ | ガソリンの携行缶での購入は警察への届け出が必要にしては?京都アニメーションの放火死傷火災。 »

2019年7月18日 (木)

NHK「金のベンリ堂」、熱中症予防に冷えたペットボトルを手に持つ、15℃前後が最適温度。

718 去年の7月18日

 

 昨夜は満月、夜明け前が近づく時間にはヒグラシが鳴きました。写真は去年の7月18日、昨日の午後はアブラゼミの声が聴こえましたが今朝は曇りで昼から雨になる予報、セミの声も姿もありません。

 昨夜のNHK「金のベンリ堂」では、熱中症予防に冷たいペットボトルを手に持つことが最も効果的だと伝えていました。15℃前後が最適な温度だそうです。

 体温が上がると普段は開通していないAVA(動静脈吻合)が熱を放散させるために開通して血流が活発になり、AVAのある手掌、足底、頬(顔では耳、鼻、まぶた、唇にも)を冷やすことは他の部位を冷やすよりも全身に冷えた血液を送ることができ、体温を効果的に下げることができるようです。

 自販機や冷蔵庫から出したばかりのペットボトルの飲み物は5℃前後なので、冷え過ぎていると血管が収縮して熱を下げる効果が下がります。

 強い刺激をし過ぎると血管が収縮して体に害を及ぼしたり効果が下がるというのは、触圧覚の刺激も温冷の刺激も同じです。

 逆に冬には、ハンドマッサージや足裏マッサージで手足が温かくなり、全身に温かい血液が行き渡って免疫力向上につながるということも言えるわけです。

|

« 60代女性、右腰痛、右腸骨稜周囲に傷、伸展痛。 | トップページ | ガソリンの携行缶での購入は警察への届け出が必要にしては?京都アニメーションの放火死傷火災。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 60代女性、右腰痛、右腸骨稜周囲に傷、伸展痛。 | トップページ | ガソリンの携行缶での購入は警察への届け出が必要にしては?京都アニメーションの放火死傷火災。 »