« 今日は立秋。 | トップページ | 猛暑の蓄熱が体の詰まりを生む。 »

2019年8月 9日 (金)

親指を動かして脳を刺激、「主治医の見つかる診療所」。

89 栗の葉がしおれる

 

 猛暑日続きで栗の葉がしおれています。昨日は日光浴で死亡した方もいて、気温が28℃を超えると外での仕事を30分続ければ誰でも熱中症になる可能性があるそうです。外では我慢をせず早目に日陰で休憩をとりましょう。

 昨夜の「主治医が見つかる診療所」では脳の細胞の多くを締める親指を動かすことが脳の効果的な刺激法になることを紹介していました。

 私のアロマ指圧講座やハンドマッサージのセミナーでも指圧を受けるだけでなく、指圧をすることが健康長寿につながることは説明させていただいています。

 浪越徳治郎先生の「指圧をしていればいいんだよ」という言葉は、母指圧を中心とする毎日の施術が続けられていることでその意味の深さを味わっています。

|

« 今日は立秋。 | トップページ | 猛暑の蓄熱が体の詰まりを生む。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は立秋。 | トップページ | 猛暑の蓄熱が体の詰まりを生む。 »