« 40代男性、肩こり、外反母趾、体の後ろ側が硬い。 | トップページ | 昨夜の「プロフェッショナル」世界最速三ツ星料理人 米田肇「食は希望」、そして指圧も希望。 »

2019年10月 1日 (火)

「切るではなく切れる包丁」包丁砥ぎ師 坂下勝美さん、「圧すではなく自ずと圧せる姿勢」。

101 ハギ

 

 ハギと10月の空、今年はハギの開花も遅れました。

 深夜に目覚めて「プロフェッショナル」の再放送で、包丁砥ぎ師 坂下勝美さんの仕事を見ました。

 機械で角度を調整しながら包丁を砥ぎ、砥石、紙やすり、最後は包丁の峰を母指で滑らかに整えていました。

 指にかなうものはないそうです。

 「切るのではなく切れる包丁」を砥ぎあげるために気を配り全力で仕事をしていました。

 世に認められるまでに30年かかったそうです。

 食材との接触を最小限にして、食材の断面が滑らかに切れる包丁に仕上げるまでには、道具の選択や角度の調整と砥ぎの摩擦で熱のこもった包丁を休ませるなど、渾身の気配りと全力の集中の連続でした。

 指圧も「(指の力で)圧すのではなく、自ずと圧せる構えと姿勢を作る」ことが必要です。

 切れる包丁のように、指圧は母指への全身のわずかな体重移動が空気を分けて空気の通り道を作るような感覚があります。

 

|

« 40代男性、肩こり、外反母趾、体の後ろ側が硬い。 | トップページ | 昨夜の「プロフェッショナル」世界最速三ツ星料理人 米田肇「食は希望」、そして指圧も希望。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 40代男性、肩こり、外反母趾、体の後ろ側が硬い。 | トップページ | 昨夜の「プロフェッショナル」世界最速三ツ星料理人 米田肇「食は希望」、そして指圧も希望。 »