« 右肩甲骨下縁付近の痛み、大菱形筋と広背筋のこり、癒着、傷。 | トップページ | 台風15号通過の朝。 »

2019年9月 8日 (日)

大腿後側の痛み、こりか、傷か、坐骨神経痛か。

98 草を刈り、一輪咲く

 

 先週の日曜日に草を刈ったところに一輪の花が咲きました。

 60代女性、主訴は右大腿後側の痛み、膝をしっかりと曲げると痛みが出ます。

 右膝関節の変形や靭帯などの障害ではなく、右大腿後側中央のツボ「殷門」から膝窩中央の「委中」までの間の指圧で痛みが再現されました。

 右膝を曲げると痛みますが坐骨神経に沿って痛みが走る坐骨神経痛ではないようです。

 今回は検査もかねて仰臥位右下肢から指圧を始め、右下肢の指圧後に股関節、膝関節、足関節、足趾とストレッチをすると筋肉がゆるんできても傷があることが疑われる痛みが出ました。

 仰臥位、横臥位と指圧をし、全身指圧を終えた後に股関節と膝関節のストレッチをしたところ、右大腿後側の痛みはほとんど消えていました。

 左腰から下肢にはもともと坐骨神経痛があるので、右下肢がかばって筋肉疲労が蓄積したようです。

 湿度の高い日が続き、汗が蒸発しにくかったことも痛みを強めたようです。

 後頭骨下縁や首、肩、背中、腰のこりもあり、指圧と仰臥位、横臥位のストレッチなど、押圧操作と運動操作の細かい角度調整の組み合わせが痛みの緩和につながってよかったです。

|

« 右肩甲骨下縁付近の痛み、大菱形筋と広背筋のこり、癒着、傷。 | トップページ | 台風15号通過の朝。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 右肩甲骨下縁付近の痛み、大菱形筋と広背筋のこり、癒着、傷。 | トップページ | 台風15号通過の朝。 »