« 以前は左膝、今度は右膝。 | トップページ | 涼しい。 »

2019年9月 4日 (水)

トレイルランニングの練習で右膝痛。

94 ローズマリー

 

 早朝は半袖では涼し過ぎる気温、それでも湿度が高くてだんだんと長袖を脱ぎたくなってきました。

 30代男性、山岳地帯の100kmを超えるコースを走るトレイルランニング大会の練習をしていて、16km走って右膝が痛くなり指圧にいらっしゃいました。

 仰臥位で右膝の伸展や屈曲で痛みはなく、痛くなったという膝蓋骨の下を圧しても痛みはありません。

 2日ほど安静にしていたのが良かったのでしょう。

 右大腿前側の大腿直筋と右大腿外側の腸頸靭帯から外側広筋がこっているので、右膝はやや外側に倒れて足底の外側で地面を蹴り着地をしているようです。

 左大腿後側と左腰がこっていたので、右大腿は膝の伸展で力を出し、左大腿は膝の屈曲で力を発揮していることがわかります。

 全身指圧後、大腿前側と大腿後側のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

 膝蓋靭帯に炎症があったとしても軽症、膝関節の変形やその他の膝の炎症はなさそうです。

 しばらくはランニングは痛みが出ない距離までとして、疲労の蓄積を回避すれば本番のレースで良い結果が出せるのではないでしょうか。

 山のアップダウンを100km以上も走るレースは過酷ですから、体に違和感を感じたら大事になる前に途中棄権してほしいと思います。

|

« 以前は左膝、今度は右膝。 | トップページ | 涼しい。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 以前は左膝、今度は右膝。 | トップページ | 涼しい。 »