« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

東松山市の台風被害、復旧工事が続く。

1030-25cm 顔より大きい

 

  原木栽培のシイタケから少し離れた地面にあった直径30cm近いキノコ、台風以後の湿気はキノコの成長には適しているようです。

 台風の川の氾濫から3週間近くになりますが、買物に寄った東松山市のショッピングモール「ピオニウォーク」周辺のお店はまだ休業中、清掃作業が続いていました。

 周囲の橋や川は何ヶ所も工事をしていて、屋根がブルーシートで覆われている家もありました。

 車で30分ほどの距離ですが、あの台風の被害の大きさを初めて肌で感じました。

 

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

毎日動く、忙しく時間に追われることにメリットも。

Img_6923 今朝は霧

 

  今朝は霧で遠くの山までは見えません。大雨で土に残った水分が日の出後の気温の上昇で煙のようになってあたりを覆っています。

  70代女性の指圧、肩や背中はこっていましたが、足に冷えはなく脈拍も落ち着いていて指圧中はよく眠りました。

  右股関節痛も今は治まっているようです。忙しく仕事も家事もこなしていることが立ったり歩いたりする時間を増やすことになり、結果として股関節周囲の筋肉を強化することになっているようです。

  季節の変わり目には体調を崩しやすいということでおなかの指圧では胃に張りを感じましたが、 時間に追われてやらなければいけないことがいつまでも減らないそうで、動物である人間が健康を維持するためにはそれは望ましい状況なのだろうとも思いました。

 

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

汗をかかなくなってこる、むくむ。

1029 小雨、気温の低い一日

 

 6時半を過ぎて小雨が降り出しました。

 今日は15℃前後の気温が続くようです。

 汗をかかなくなって血行が滞り、こりやむくみが気になるのが今の時期です。

 ストレッチをしてもこりがゆるまない時は筋肉や筋膜が癒着して潰れて血行不良が続いています。

 垂直圧の指圧は、圧して放す動作の繰り返しで縦方向の癒着を改善して血行を促進します。

 足裏がむくんでいる方も多くなっています。

 天気の悪い日も多かったので運動不足でこりやむくみが気になる方は指圧にいらしてください。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

冬こそ筋トレ。

1027 ギンナン

 

 イチョウの黄葉もまだですがギンナンの実は重たそうにぶら下がっています。

 朝外を歩くのに今が一番快適な時期です。

 冬に備えて今から体を動かして貯筋をしておきましょう。

 11月24日(日)には原宿生活の木で午前は「更年期の指圧・マッサージ」、午後は「健康貯筋の自重エクササイズ」のセミナーを行います。午後は運動が苦手だという方でも室内で続けられる運動を紹介させていただきます。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

サザンカが咲きました。

1026_20191027081501 サザンカ

 

 庭にサザンカが咲きました。

 今週末は11月、冬が近づいています。

 気温が下がって汗をかかなくなり代謝が落ちる今の時期こそ運動をして冬に備えましょう。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

昨日の雨で緊急速報が3回。

1026 護岸壁さらに崩れる

 

 昨日の雨で緊急速報メールが3回届きました。

 避難地域ではありませんでしたが、川でつながっているからなのでしょう、メールは坂戸や川越のものも入ってきます。

 ウォーキングのコースを変えて12日の台風で崩れた川の護岸壁へ行ってみると、下流に向かって以前より大きく崩れていました。

 家の庭も雨が吸い込めずに水が溜まっています。水が引くまではもう雨は降らないでほしいです。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

適量刺激とは物足りないくらい。

1025 土が水を吸い込めない

 

 今朝は雨がだんだんと強くなってきました。

 12日の台風の雨はまだ土に溜まっていて庭に水溜まりができています。

 この2週間の多過ぎる雨量は、「適量刺激とは物足りないくらい」が正解の指圧とは対極の「力まかせの施術」を思い起こさせます。

 多すぎる雨は災害をもたらし、やり過ぎの刺激は健康被害をもたらします。

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

認知症でも調子がいい時、認知症の診断はなくても調子が悪い時。

1024 富士山

 

 今年の富士山の初冠雪は例年より3週間も遅くなりました。これから紅葉が広がっていきます。

 昨日は2週間ぶりに80代女性のお宅で指圧、いたって元気で頭の回転もよく、よくしゃべり、指圧でおなかが何度も動きました。

 指圧後は認知症の診断があるとは思えない活発さで部屋の片付けを始めました。

 ほぼ90才の80代ですから自分の足で歩けて食事の支度も買物もできているので認知症という診断はなくてもいいのではないかと思うことのほうが多いです。

 むしろこの日は着いた時から90代の旦那様が「外で怪しい連中がたむろしていた」と興奮していて、よほど風体の良からぬ人たちだったのでしょう、その興奮が治まらずに近所に知らせなければいけないと御自分でもう一度外へ確認に出かけていきましたが、もういなかったようです。

 そしてそのことで気持ちが治まったのかすぐに昼寝を始めて、短い眠りの後はいつものように穏やかな笑顔になっていました。

 認知症の診断があってもなくても、高齢になると我慢弱くなったり、頑固になったり、急に興奮したりすることもあるようです。

 昔は年をとったら物を忘れるのは当たり前という感覚で、お年寄りは縁側の日なたでいつの間にかウトウトしているものだというもっとおおらかな見方が普通でした。

 認知症という診断にはグレーゾーンがあって、高齢になると認知症のような時もそうでない時も誰にでもあるようです。

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

60代女性、今月に入って2週間で実母と義母が相次いで亡くなる。

1023 雨上がる

 

 雨が上がって今朝は秋らしい青空です。赤と緑の実は昨日の雨の水滴を溜めています。

 60代女性、今月に入ってすぐに実の御母様がお亡くなりになり、それに引かれたように台風の後に嫁ぎ先で一緒に暮らした義理の御母様がお亡くなりになったとのこと、背中が丸くなって首、肩、背中がこっていました。

 2つの葬儀を終えて体も心もクタクタだったのでしょう。

 それでも指圧を進めていくとおなかが大きな音を立てて動き、こりがゆるんでいきました。

 指圧後に健康診断の結果を見せて精密検査についての相談をされました。大変なことが続いても、良く生きようとする力は失っていないということです。

 X線検査ではっきりしない画像があるようですが、それも去年のC判定がB判定になっていました。

 何でもないかもしれないし、旦那様がタバコをやめられないそうなので副流煙で多少は肺にダメージがあるかもしれません。

 いろいろとお話しをしたうえで納得して精密検査を受けることにするようです。

 家族の死は最大級のストレスですから、それを間を空けずに2度も経験したのですから大きなダメージがあったはずです。

 指圧が良く生きる力の助けになっていれば幸いです。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

強い雨が小さい川に。

1022 小さい川

 

 台風が畑の土を押し流してできた溝を雨が小さな川となって流れています。

 今朝の強めの雨で、先週の台風で被害が少なかった家の周りでこんな状況ですから、大きな被害を受けた地域では復旧作業や片付けがより大変なことになりそうです。

 崩れたままだと地面の傾斜で水の通り道ができてさらに土が押し流されて、小さな水の流れがだんだん大きくなっていくこともあります。

 信州から関東、東北地方まで広い地域で毎日大変な作業が続いていますが、治水という大きな環境整備は個人の力では難しく、国や自治体の総力を挙げての支援が必要になります。

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

今年も町内会の健康体操。

1021 小花咲く

 

 春にも咲いた小さな花が芝生の間から顔を出しました。気温が暑くもなく寒くもない頃の花です。

 昨日は町内の清掃の日、美化デーと言っている地域もあります。その後は健康体操、自治会のイベントとしてここ何年か指導させていただいています。

 立ってできる、すぐに効果が実感できる28種類のストレッチとそれをアレンジしたいくつかの自重エクササイズを行いました。

 効いた、伸びている、と感じた方はその動きをしていないので、できれば毎日そのストレッチを続けましょう。

 良く効くストレッチのコツを忘れてしまったら、聞きに来てください。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

70代女性、友人の癌検診にお付き合いで行って皮膚癌の手術をすることに。

1020 低い山から雲がわく

 

 北に見える群馬の低い山から雲がわいています。先週の台風で山は多くの水を含んでいます。

 70代女性、来るなり「皮膚癌の手術をすることになった」とのこと、友人の付き合いで受けた癌検診から来月の手術までは急かされるように決まったそうです。

 「もっと説明がほしかった」とのこと、日帰り手術だということなのでそのお医者様からしてみれば詳しい説明はいらないくらいの当然の流れなのでしょう。

 楽しみにしていた娘さんとの旅行はキャンセルになったそうです。

 首、肩、背中、腰とこっていましたが、指圧を受けながら不安や不満を話すだけ話して心が軽くなったようです。

 指圧後は最近ないほどの笑顔になって娘さんのお迎えの車で帰っていかれました。

 体に痛みはなくても体の中ではいろいろなことが起こっています。

 「春の桜の頃に旅行に行けるといいねぇ」と言うとニコッと笑いました。

 大変なことがあっても笑えたら大丈夫、きっとうまくいきます。

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

指圧の母指はてこの支点であり作用点でもある。

1019 雨

 

 今朝は雨、冷たい雨でレンズが曇っています。

 昨日は原宿でアロマ指圧講座を受講されている方が、久しぶりにお友だちと一緒に指圧にいらっしゃいました。

 指圧を受けた後、お友だちの指圧の時に何点かの指圧を見せてもらい、いくつかの他動的ストレッチも説明をしたうえでやっていただきました。

 指圧は母指を圧し込まないということについてはわかってきているようです。

 気づいた点をノートにメモしていたので、その勉強熱心な姿勢を持ち続けることができればもっと上達していくでしょう。

 母指はてこの支点であり体重移動の作用点でもあります。

 栓抜きのように、スプーン曲げのように、母指を動かさず皮膚表面に密着させて支点とすることで、大きな力が得られます。

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

主訴と実際のこりのズレをとらえる。

Img_6868 垂れ下がる

 

 藤棚の上にあったカラスウリが台風の後は地面近くまで垂れ下がっています。

 自覚しているこりや痛みの部位と、実際に指圧してわかるこりや痛みの部位とでは多少ずれていることも大きくずれていることもあります。

 「スクワットの筋トレで大腿前側がこっている」という主訴で、実際にこっていたのは大腿の内側と外側、ふくらはぎの内側と外側ということがありました。

 下半身の主訴なのでいつもの上半身の訴えはありませんでしたが、左上腕三頭筋、左前腕内側の回内筋、右上腕二頭筋の指圧では痛みを感じる下半身よりもしっかりとしたこりがありました。

 介護の仕事をされているので、寝たきりの患者さんのベッドからの移動の時に、左腕を背中に差し入れて右腕は脚の下に入れて、ベッドから自分の左腕の方向に持ち上げたという動きがあったようです。

 体重測定の機械に不備があってしばらく抱きかかえていたということですから、スクワットの筋トレよりもこの時の立位の安定のために下肢内外側にブルブルと震えるような緊張があったのではないかと思います。

 点で検査をしながら同時に治療もしていく指圧では、肩こりや腰痛でもその周辺の筋肉を点で圧していくことで、僧帽筋や大腰筋ではなく、その周辺の筋肉に原因があるこりを見つけることができます。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

昨日のアロマ指圧講座「膀胱経」。

922_20191017082901 おやすみ前のアロマ

 

 昨日の原宿生活の木のアロマ指圧講座は「腰痛と膀胱経」がテーマでした。

 内眼角の「晴明」から始まり背中を下行して第5趾に終わる膀胱経を使った動きを簡単に示すと、走り幅跳びで踏切った直後の反り腰の空中姿勢です。

 地面を蹴る、背中を反らすなど、反動で前方に速くて大きくて強い動きをするのが膀胱経の経脈が走る体の後ろ側の筋肉ですが、座位で猫背姿勢が続いて大股で速く歩く動きがなくなると筋力が弱まって脚がむくみ、さらに姿勢が悪くなってやがては内臓の病気にもつながります。

 実技では伏臥位の基本指圧と、伏臥位、横臥位、仰臥位の膀胱経のストレッチ、ラベンダーとマジョラムを使った膀胱経の至陰から委中・委陽までのアロマオイルトリートメントを行いました。

 やはり難しいのは指力や腕力を抜いてしっかりと広く母指指紋部を皮膚表面に対して垂直に当てて、それを支えに肘を伸ばし背中を起こすことで体重移動の指圧をすることです。

 皮膚をとらえずに母指が前後や左右にずれれば深い部位に圧は到達せず、ねじれた揉み返しの刺激になります。

 指力はいりません。力で圧しているうちは強い痛みがある方には通用しません。

 硬いものにぶつかったら戻ってくればいい、次に圧す時は少しゆるんでいます。

 丁寧に、丹念に、そこが一番難しいところです。

 繰り返しているとできるようになっていきますから、自分が疲れないように、受け手を疲れさせないように、視覚を切って触圧覚に集中してください。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

パソコンのマウスを使って右の肩上部僧帽筋と小円筋のこり。

1015_20191015175101 カリン

 

 カリンの実が枝をしならせています。急に秋が深まりました。

 40代男性、主訴は右肩こり、パソコン作業でマウスを使って右の肩上部僧帽筋と小円筋がこっていました。

 デスクトップパソコンの大画面モニターを見ながらの作業で、マウスを動かす位置がどうしても外側になり、手首から先でマウスを動かしていても、外回しの時には肘屈曲で肩には小さい水平外転+外旋の動きが加わり、外旋筋の小円筋を使うことになったようです。

 右肩を下制することができれば肩上部僧帽筋がこらないのですが、作業に集中していると肘屈曲では肩が挙がるのが普通です。

 デスクの広さ・高さとモニター画面の大きさ・高さが絶妙に調整できれば肩の負担も減りますが、会社の備品がオーダーメードになるというのは予算的にもなかなか難しいことです。

 全身指圧後、肩はゆるみました。最近パソコン作業が増えたそうで肩の筋肉のこりが体の使い方を伝えていました。肩の筋肉は「大変だけど何とかなる」と言っています。

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

小さい川の護岸が崩れていました。

1015 護岸崩落

 

 今朝は30分ほど歩いて川を見てきました。

 河原の草は水の流れの方向に倒れ、ガードレールと護岸壁が崩落していました。

 報道されていない小さな川や山道でもたくさんの被害が出ているようです。

 川沿いや山の道は水を含んで脆くなっているので近寄らないほうがいいと思いました。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

キンモクセイ咲く、今日から涼しくなる。

1014 秋の香り

 

 やっと庭のキンモクセイが咲いて秋らしい香りがしてきました。

 今日から急に涼しくなる予報なので夏の間お世話になった窓のスダレをはずしました。

 近所を歩いてみると水に浸かった窪地があったり、道路では浸み込んだ雨水が流れている所もあります。

 昨日は報道番組で各地で水が溢れた被害の様子を伝えていました。

 今までは川の流れに対して広すぎると思っていた河原ですが、河原の広さも、堤防や土手の高さも、これで安心ということはないのだと思いました。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

嵐の夜が明けて。

1013 筑波山

 

 昨夜の9時から10時半くらいまでは屋根が飛ばされるのではないかと心配になるほどの風が吹きました。

 午後の3時半から緊急速報が10回くらい届きました。

 近くの川が氾濫したようですが、家の周りは比較的雨量が少なかったようです。

 とは言ってもスニーカーでは爪先立って歩きたくなるくらいの水溜りもあり、町の放送は浄水場の点検のため節水を呼びかけています。

 霊園は飛ばされた葉っぱや折れた枝が散乱していて、葉っぱを集める集塵機の音が響いていました。

 多摩川から千曲川まで水が溢れて、今現在孤立して大変な状況の方が多いのをテレビで見て、何度も大きな音で飛び込んできた緊急速報をうるさいと思った私ですが、いつか避難しなければいけないこともあるのだろう、明日は我が身と反省しました。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

超大型台風接近。

1012 強い雨で煙る

 

 今朝は明るくなってから時々横殴りの強い雨風が吹きつけています。

 まだ雨の量はどしゃぶりというほどではありませんが、外を歩いていると何度か傘が飛ばされそうになりました。

 毎朝お参りする霊園の観音様は雨に濡れて霞んでいます。

 どうか大きな被害が起きませんように。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

嵐の前の。

1011  雨やんで静かな朝

 

 御近所の通りに面した柑橘の木、皮の油分が雨粒を大玉にまとめています。

 雨はやんで、明日猛烈な台風が来るとは思えないような静かな朝です。

 昨日は水や電池や食料品を買い足して家の周りに風で飛ばされそうなものはないかをチェックしておきました。

 万が一の備え、懐中電灯、避難が必要な時の持ち出し品などもう一度チェックしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

スポーツジムではなく、デイケアでもない、そんな需要。

Img_6831 ブルーベリー

 

 今朝、台風に備えて側溝の掃除をしたらバケツ4杯分の土や枯草が取れました。未熟で残していたブルーベリーを採り、風で飛ばされそうな庭の小物を片付け、台風の備え第一弾が終了です。

 昨日は80代女性のお宅で指圧、歩いていると膝の関節の曲げ伸ばしが引っかかって痛くなると以前言っていたことは嘘のよう、もうなんともないそうです。全身指圧の途中からウトウトとし、頭の回転が混乱せずに会話を続けるができていました。

 初めて行ったデイケアは一回で嫌になり、もう行かないそうで、そうなると介護のサービスではなくスポーツジムにもないような高齢者向けの個人レッスンを続けるのが一番いい方法かなぁと思います。

 自分の足で歩けて、日常生活動作にも不自由がなく、ほぼ90才ですが要介護の認定も受けておらず、初期の認知症という診断と脳賦活代謝薬の服薬中ではありますが御本人はいたってまともでお元気です。

 デイケアで心身の状態が様々な人たちと一緒に脳トレや運動をさせられるのは納得できないという人がいるのは当然だと思います。

 そんな方たちの需要に応えるセラピストやトレーナーが増えていってほしいと思います。

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

60代女性、腰が指圧を跳ね返す、病が内臓に達しそうな仕事のストレス。

109 空青く風強い

 

 北風が嵐のように吹いて空が真っ青です。台風へ向かって引き波のように風が引きつけられているかのようです。

 60代女性、主訴は全身疲労、首、肩、腰とこっていて下半身はむくんでいます。

 パートの仕事で疲れ切って、ストレッチをする余力もないそうです。

 2ヶ月半ぶりの指圧、今までこんなにこっていたことはありません。腰部脊柱起立筋は指圧の母指を押し返してきます。

 仕事場に行く時は心臓がドキドキして帰りたくなるそうで、もうストレスは限界にきています。

 このままでは交感神経の緊張で筋肉はより硬くなりやがて断裂し、表面の病証から奥の内臓の病気に移行していきます。

 腹部大動脈のドキドキ、舌の中心の白苔と外縁の赤さから、血液循環の障害「瘀血」があって水の停滞もあり、病院では神経性胃炎くらいの診断はされるのではないかと思います。

 指圧中は二人分の仕事をこなしていても評価されないことや、頭では辞めたいと思っていても、働き続けてきた自分が仕事をしないとうしろめたさのようなものがあるという本音が出てきました。

 「幸せでない自分がそこにいれば周りも幸せでなくなる」、そんなお話をしながら指圧が終わり、いくつかのストレッチを覚えていただいて施術を終えると気持ちは決まったようです。

 お金と同じくらい自分のために使える時間は価値があります。

 「旅行に行っていろんなものを見てみたい」と言って帰っていかれました。

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

40代女性、肩こり、右大胸筋と左腰部脊柱起立筋のこり。

108 ローズマリーとシソ

 

 ローズマリーの根元にシソが生えていました。どちらもシソ科、薬味、香りづけ、脳の働きを活発にする、消化促進など東西を代表するお役立ちハーブです。

 40代女性、主訴は肩こり、右肩と左の腰が気になるとのこと、座位の触診で肩を外転させると左右の棘下筋がこっていて、その反対の内転筋である大胸筋は左右同時に軽く圧しただけで跳び上がるほどの痛みがありました。

 やや体幹を右下に向けた猫背の手仕事で右肩内転内旋の姿勢から左背部を使って体を斜め外側に起こすとこのような部位にこりが生じます。

 1ヶ月半ぶりの指圧で、深い小胸筋ではなく浅層の大胸筋を軽く触って痛いほどのこりがあるのはかなりこりが溜まっているということです。そして下半身はむくんでいました。

 伏臥位背部の指圧中からおなかが動き、伏臥位の終わりでトイレに行き、仰臥位の指圧中もおなかが大きな音を立ててよく動いていました。

 体は指圧で交感神経の緊張がゆるむと副交感神経支配の胃腸が動き出します。

 こりが溜まっていましたが、指圧後の体の調子は良さそうでした。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

11月24日(日)午後2時~4時 原宿生活の木セミナー「健康貯筋の自重エクササイズ」。

107 アザミ

 

 アザミが咲いていました。キンモクセイはまだです。

 昨日は11月24日(日)の自重エクササイズの構成を考えながら実際にやってみて、気がついたコツをレジュメに書き足したり、動きのイラストを描いたりしていました。

 「長引く不調を改善」、「健康貯筋」と掲げてあるので、体の弱い人にもできて、効果が実感できるものにしたいと考えています。

 実際にやってみると、脚の重さや腕の重さでもしっかりとした負荷になりますから、当日は参加してくださった方たちの様子を見ながら、回数を減らしたり、途中で休憩をしてもらいながらも、休憩中も貴重な時間を退屈させないように肩こりや腰痛のツボ圧しやストレッチなどを盛り込んでいこうと思っています。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

冬桜。

105_20191006090001 冬桜

 

 朝のウォーキングコースに冬桜が咲きました。今朝は時々雨が強く降っています。

 70代男性、肩、首、腰とこっていて、最近は週の中盤になると疲れを感じるようになったきたということですが、脈は正常、冷えもなく、指圧中はおなかが動いて筋肉もゆるみました。

 いつもは2週間おきに指圧をしていますが今回は5日多く間を空けての指圧でした。

 季節の変わり目で朝晩は急に冷え込み、昨日のような真夏日もありますから体が環境の変化に折り合っていないということはあると思います。

 心配はいらないと思います。疲れを感じたら早目に休憩を入れ、時間を見つけてはストレッチやウォーキングをすればで体は変わっていきます。

 疲れを感じたら指圧も早めに来てください。必ず体は変わります。

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

ガーデニングの秋。 

104_20191005080501 飯能生活の木 薬香草園

 

 一昨日の薬香草園、この手前のレストラン横ではシュウメイギクが咲き、マートルが蕾をつけていました。

 今朝は秋の快晴で強い陽射しに強い風が吹いています。

 午後は30℃近くなる予報、秋播きの種や苗を植えるガーデニングには良い天気ですが、熱中症対策が必要です。

 猛暑の時には少なかった蚊も飛んでいて、思わぬところに蜂がいることもあります。

 30分に一回は腰を伸ばして、頑張り過ぎないようにしましょう。

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「肩こりのツボ」。

104 明日飯能生活の木で  

 

 明日10月5日(土)飯能生活の木で「かぼちゃのアロマソープ作り」が体験できます(お問い合わせ TEL 042-972-1787)。

 昨日の飯能のアロマ指圧講座は「肩こりのツボ」がテーマでした。

 僧帽筋で考えてみると、起始は後頭骨下部外後頭隆起から停止は第12胸椎棘突起の広範囲にあり、脊柱の両側を下行する膀胱経の「天柱」から「胃兪」くらいまでは僧帽筋をゆるめる指圧ポイントになります。

 僧帽筋の停止は、鎖骨外側3分の1、肩峰、肩甲棘ですから、肩上部外端の「巨骨」や肩甲棘周囲のツボがこりを緩める指圧ポイントになります。

 筋肉の中心部を繰り返し強く圧して筋紡錘の働きで筋肉をより硬くしてしまうのを避け、筋肉の端にある起始停止を刺激して腱紡錘の働きで筋肉をゆるめることが、こりを改善する正しい考え方です。

 もちろん多くの点を指圧する中には「肩井」のような肩上部僧帽筋の中心部も含まれていいのですが、僧帽筋のこりをゆるめるポイントは「天柱」や「巨骨」にあって、その間の筋肉は気持ちいいと感じてもらえる軽い当たりの指圧で点圧していけばいいのです。

 実技では、こりとぶつからず、硬いものにあたったら戻る指圧を、伏臥位で後頸部、肩上部、肩甲間部、肩甲下部、仰臥位で腋窩後縁の肩甲下筋、鎖骨下部外側「中府」、胸鎖乳突筋胸骨頭起始部外縁の「気舎」など、私の肩こりの指圧で効果が大きいと感じている部位の指圧と、ラベンダーとロースマリー・カンファーを使った大腸経のアロマオイルトリートメントを「合谷」「手三里」「曲池」に注目して行いました。

 実際に今仕事で施術をされている方で、指力が強過ぎて相モデルの実技で痛いと言われた方が何人かいらっしゃいましたが、当たりが強いのは屈筋を使う指力で圧の方向が捻じ曲げられているからで、指で圧すという固定観念を捨てて、皮膚表面にふわりと広く母指指紋部を当てるイメージで練習してください。

 母指指紋部を支えとして肘を伸ばす、背中を起こす、下を向かない、息を吐く、自分の呼吸ストレッチになる指圧法が受け手にも自分にもリラックスをもたらします。

 屈筋を使って施術の後半に握力が衰えるような圧し方は、施術の質にムラがあり、体の弱い方や痛みを抱えた方たちには害になります。

 秋冬の講座が始まり、3月までの6回で全身の指圧と、上肢・下肢などのアロマトリートメント、ストレッチ、運動法が実技を通して学べます。自分も健康になる施術法を一緒に勉強していきましょう。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

痛みとまともにぶつからない、硬いものにあたったら戻る。

103 川の土手

 

 越辺川の土手にはまだたくさんの彼岸花が咲いています。日高市の巾着田は今週いっぱいが見頃だそうです。

 昨夜の「ガッテン」では長く続く痛みの治療に、クリップボードを使って押し合うことで、痛みとまともにぶつかり続けている患者の意識に気づかせ、痛みから意識を反らしていく方法を紹介していました。

 気分転換の散歩、小旅行、転地療養、湯治、趣味など、痛みでダメだとあきらめていたことでもやってみると何とかなるものです。

 日々の痛みの具体的な内容を記録する痛み日記をつけることも、天候による対処法やストレスを回避して痛みの増悪を予防するためのデータとなります。それほど痛みが強くない時間の記録が増えていけば、安心感が得られ、対処法も増えていきます。

 指圧・マッサージで、痛みが主訴の方に、痛い刺激でも良しとして施術をすれば、痛みの意識を断ち切ることはできません。

 こりを潰そうとするのではなく、硬いものにあたったら戻る、それ以上痛みを与えない、気持ちのいい指圧を今日の午後は飯能生活の木で指導させていただきます。

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

昨夜の「プロフェッショナル」世界最速三ツ星料理人 米田肇「食は希望」、そして指圧も希望。

102 急に枯れる

 

 昨日までと違って彼岸花が急に枯れ始めました。朝晩の冷え込みが強くなって花の役目が終わります。

 昨夜の「プロフェッショナル」の世界最速で三ツ星料理人となった米田肇さんの試行錯誤を繰り返しながら食に取り組む姿勢には心を動かされました。

 ディナーのみの営業で400種類もの食材を使い、最適の大きさや最適の調理温度、岩塩の一粒を置く距離まで0.1cm、0.1℃にこだわり、「点を狙って」ずっとバランスを探しているとのこと、「料理こそ最高のエンターテイメント」、五感を刺激し「明日も頑張ろう」と思ってもらえるような料理を創作し続け、「食は御客様にも自分にも希望」という言葉には信じる道を突き進む者のひたむきさと苦悩が滲み出ていました。

 自分は器用ではないからと全ての料理を温度計で測りながら調理し、テーブルに届けるまでの1分半の時間を計算に入れて1秒と闘っていました。

 同じ御客様に一度食べた料理を出さないので自分でハードルを上げてしまっているのですが、毎回の創作とギリギリまでの試行錯誤をプロフェッショナルとしての苦しみとやりがいにしているようです。

 「今使える全ての食材を使いたい」と言う米田さんは、季節は変わり、体は変わり、食材の一つ一つの味が常に一定ではないこともよくわかっています。

 メニューのアイデアが浮かばすに自殺まで試したことを語っていましたが、それは命がけで料理と向き合っているということでもあります。繊細さで自分を追い詰めないように仕込み終わりにジムでの2時間のトレーニングをしてマッチョになっていることも納得でした。

 私の指圧もエンターティメントでありたいと思い、指圧とハーブティー、音楽、アロマ、鉢植えの花などで五感を刺激することを考えてきました。指圧は希望、そうあるためには毎回タッチを創作していかなければいけません。同じ御客様でも前回と今回は違います。

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

「切るではなく切れる包丁」包丁砥ぎ師 坂下勝美さん、「圧すではなく自ずと圧せる姿勢」。

101 ハギ

 

 ハギと10月の空、今年はハギの開花も遅れました。

 深夜に目覚めて「プロフェッショナル」の再放送で、包丁砥ぎ師 坂下勝美さんの仕事を見ました。

 機械で角度を調整しながら包丁を砥ぎ、砥石、紙やすり、最後は包丁の峰を母指で滑らかに整えていました。

 指にかなうものはないそうです。

 「切るのではなく切れる包丁」を砥ぎあげるために気を配り全力で仕事をしていました。

 世に認められるまでに30年かかったそうです。

 食材との接触を最小限にして、食材の断面が滑らかに切れる包丁に仕上げるまでには、道具の選択や角度の調整と砥ぎの摩擦で熱のこもった包丁を休ませるなど、渾身の気配りと全力の集中の連続でした。

 指圧も「(指の力で)圧すのではなく、自ずと圧せる構えと姿勢を作る」ことが必要です。

 切れる包丁のように、指圧は母指への全身のわずかな体重移動が空気を分けて空気の通り道を作るような感覚があります。

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »