« 動くこと、止めること、止めた姿勢を保つこと、また動くこと。 | トップページ | 時間の流れを変えるタッチ。 »

2019年11月29日 (金)

40代男性、主訴は左肩痛、圧して一番痛かったのは右の腰。

1129 初氷

 

 ブラシを入れた庭の洗面器に薄氷、今朝は今季一番の寒さです。

 40代男性、主訴は左肩痛、座位の触診で左僧帽筋の首の付け根と左肩甲間部の真ん中より下の大菱形筋、その下の最長筋を圧して痛みがありました。

 また、右の腰には跳び上がるほどの痛みがありましたがここは意識に上がっておらず、右殿部もこっていました。

 体幹が右に回旋して左肩が挙がっているので、左肩から背中はデスクワークで固定されたこり、右の腰はデスクワークの体幹の傾きも原因となっていそうですが、その痛みの度合いから右腰と殿部のこりはどうやらゴルフで使い過ぎたこりのようです。

 右から左へ振り抜くスイングのバックスイングで右に腰をひねり、ショット後の伸び上がる姿勢で腰を左にひねり、右股関節は伸展+外転+外旋の刺激が加わって右殿部に負担がかかります。

 全身指圧後、左肩から背中と右の腰と殿部の痛みはほとんど消えました。

 左肩を背泳ぎの方向に回して肩甲間部に引っかかりが残りましたが、左肩骨に指が入る隙間ができていて8割以上は改善されているのでこれ以上の圧し過ぎは良い結果にはなりません。

 癒着や傷に過剰なダメ押しの刺激をするよりも、全身の血行が促進されたことによる体の力を信じてまかせれば、最後に残った違和感も消えていくはずです。

 デスクワークでは一時間に一回くらいは肩を背泳ぎの方向に回すと、肩こり不快感を減らすことができます。

|

« 動くこと、止めること、止めた姿勢を保つこと、また動くこと。 | トップページ | 時間の流れを変えるタッチ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動くこと、止めること、止めた姿勢を保つこと、また動くこと。 | トップページ | 時間の流れを変えるタッチ。 »