« 「健常者向けあん摩マッサージ指圧師養成施設の新設規制は合憲」、東京地裁の判決。 | トップページ | 原宿生活の木「足の冷えに腎経」のアロマ指圧講座。 »

2019年12月18日 (水)

腎は精を蔵し、精を活性化して元気をもたらす。

1217_20191217184801 月桂樹

 

 庭の月桂樹が実をつけました。

 今日は原宿生活の木で「足の冷えのアロマ指圧講座」、腎経の施術がテーマです。

 腎は父母から受け継いだ先天の精を内蔵し、先天の精は飲食物から作られる後天の精によって常に補充されています。

 腎は生命力の根源である「原気」をもたらし、腎により活性化された精が「元気」です。

 腎の精が充実していれば活動的で病気にかかりにくく、根気強いタフな仕事ができます。

 水分代謝を調節し生殖能力を生み出す腎を活性化させる腎経の施術は体を「元気」にします。

 

|

« 「健常者向けあん摩マッサージ指圧師養成施設の新設規制は合憲」、東京地裁の判決。 | トップページ | 原宿生活の木「足の冷えに腎経」のアロマ指圧講座。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「健常者向けあん摩マッサージ指圧師養成施設の新設規制は合憲」、東京地裁の判決。 | トップページ | 原宿生活の木「足の冷えに腎経」のアロマ指圧講座。 »