« 腎は精を蔵し、精を活性化して元気をもたらす。 | トップページ | 40代女性、左肩甲骨内側のこり、首はやや右側屈。 »

2019年12月19日 (木)

原宿生活の木「足の冷えに腎経」のアロマ指圧講座。

1219 写りこむ冬の木

 

 表参道の街路樹が冬の姿で生活の木のショーウインドウに写りこんでいます。昨日の日中は暖かくなりました。

 講座では、腹部大動脈から鼡径部を下行して足まで血液を運ぶ動脈の流れに沿った胃経の指圧の後、股関節から下肢のストレッチとエクササイズに続いて、足底から下肢内側を上行する静脈とリンパの流れに沿った腎経のジンジャーとブラックペッパーを使ったアロマオイルトリートメントを相モデルで行いました。

 腎の働きが活性化されればデトックスを促進しますから、生命力や活力、若々しさを充実させることになります。

 栄養分と酸素を使い終えた静脈血やリンパの還りが停滞してむくんでいたり冷えていれば、老廃物が溜まっているので心身が老けた状態にあり免疫力が衰えて病気にかかりやすくなります。

 腎経の内踝の周囲は血管や神経に触れやすく、老廃物が溜まる部位なので、関節の隙間や骨の陥凹部分をしっかりととらえてツボ刺激として効果的な位置を探って圧します。

 たとえば足内側で土踏まずの一番高い位置にある「然谷」は足底に垂直でもない、足内側に垂直でもない、斜めに圧の向かう方向をとると「効いている」感覚がはっきりします。

 一番難しいのは、どの角度に指圧をする時でも、母指指紋部の真上に胸骨の中心がくるようにして、母指指紋部を支えにして肘を伸ばし背中を伸ばすことです。

 指で圧そうと操作したり、目で見て圧そうとすると、どちらかの肩が挙がったり、体幹の移動が外側にふくらんで、結果として圧の向かう方向がねじれてしまいます。

 指力を抜いて体重移動で指圧ができるようになると、重力を味方にすることができるので大きな力を使えるようになります。

 大きな力を使えるようになったら後は引き算で力を入れ過ぎないように体重移動の調整をするだけです。

 指圧をしている時間は、肘を伸ばし、背中を起こす、呼吸ストレッチの時間です。

 被術者の体では何が起こっているのかを触圧覚とその他の感覚も使って考えて、ストレッチ、エクササイズ、アロマとを組み合わせて、その日その時のベストな状態に整えてください。

 今回の講座の内容で施術ができれば(その手技を自分で正しく再現でき微調整できるレベルはずっと先ですが)、足の冷え解消の即効性も、冷えの体質改善にも、効果を実感できると思います。

 

|

« 腎は精を蔵し、精を活性化して元気をもたらす。 | トップページ | 40代女性、左肩甲骨内側のこり、首はやや右側屈。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腎は精を蔵し、精を活性化して元気をもたらす。 | トップページ | 40代女性、左肩甲骨内側のこり、首はやや右側屈。 »