« 昨日は昼前から雪、今朝は晴れ。 | トップページ | 腎経の内踝周囲のツボ指圧は距骨の可動性を高める。 »

2020年1月20日 (月)

大寒の朝。

120 霜で土が盛り上がる

 

 今日から2月3日の節分までが大寒の候、霜が土を盛り上げて雪が降ったように白く見えます。

 お墓の花立てには薄氷、それでもコップの水は凍っていなかったのでまだ厳寒ではないようです。

 深夜のNHKラジオでは佐藤B作さんがギックリ腰を足裏マッサージで治してもらったというお話、ぎっくり腰から3年間名医を探し続けてやっとそこにたどり着いたという話に聞き手の萩本欽一さんが「そろそろ治る頃だったんじゃないの?」というリスナーが思いそうな的確なツッコミ、どちらも間違ってはいないと思います。

 踝周囲の施術が効いたと自覚されていたようなので、足裏のツボ刺激だけではなく、距骨調整で足の内反やO脚を矯正したことが腰への負担を減らすことになったのでしょう。

 「名医を探して3年」という期間も、その間に安静にしたり、温めて血行促進したり、痛い時は冷やしたりという積極的な治療と違和感があれば早目にケアをするということに気をつけるので、血行を促進して老廃物を排出する「腰磨き」になっていたのだと思います。

|

« 昨日は昼前から雪、今朝は晴れ。 | トップページ | 腎経の内踝周囲のツボ指圧は距骨の可動性を高める。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日は昼前から雪、今朝は晴れ。 | トップページ | 腎経の内踝周囲のツボ指圧は距骨の可動性を高める。 »