« 昨日の講座「花粉症のツボのアロマ指圧」。 | トップページ | 中学生女子、左足首捻挫、2回目の指圧。 »

2020年2月 8日 (土)

最強寒波が成長スイッチになる。

28 フキノトウ

 

 最強寒波が成長スイッチを押したように裏庭にフキノトウが顔を出しました。

 昼に動くための交感神経と夜眠るための副交感神経の切り換えのように、春の芽生えは冬の厳しい寒さがあってこそ始まるのでしょう。

 ずっと同じではいけないのだと思います。同じ姿勢を続ければ肩こりや腰痛になりますから、時間の経過とともに周りの変化や体の変化に気づいて、状況に適応し違和感を改善する工夫をしていくことが生命の質を維持し、劣化を遅らせることになります。

 ソファーでごろ寝をしてテレビでも見ていれば楽ですが、ずっとそれだけではいつか苦しくなります。

 人間は動物だから動く、動けなくなったら誰かに指圧や関節運動をしてもらう、それが生命の質を維持し、劣化を遅らせることになります。

|

« 昨日の講座「花粉症のツボのアロマ指圧」。 | トップページ | 中学生女子、左足首捻挫、2回目の指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の講座「花粉症のツボのアロマ指圧」。 | トップページ | 中学生女子、左足首捻挫、2回目の指圧。 »