« スギ花粉の飛散は終息。 | トップページ | 中学生女子、シンスプリントと言われたそうですが…。 »

2020年4月 4日 (土)

先行きの見えない状況がこりとだるさを強めている。

44 ツツジの蕾

 

 ツツジの蕾が大きくなってきました。

 40代女性、主訴は肩こりと下肢のだるさ、書類整理を長時間していたということで、右肩から右前腕外側の指伸筋、右合谷の背側骨間筋と、指を伸ばしたり開いたりする筋肉がこっていました。

 前回の指圧で後ろ合掌ができないと訴えのあった、肩を伸展(後方挙上)+内旋させる方向への可動域の狭さも続いています。

 体の前で手を使う作業が続いているということです。

 首、肩、腕、背中はこっていましたが、下肢のむくみはそれほででもなく、おなかの指圧でも異常は感じられませんでした。

 新型コロナウイルスによる自粛は心身の働きにも影響を与え、症状を強くしているようです。

 新年度がいつもとは違う形で始まりましたが、新しい環境に慣れるまでにはストレスを伴います。

 この後に多くなるのが五月病、新しい時間割りで頑張った心身は疲労の蓄積で動きを鈍くしていきます。

 「圧せば命の泉湧く」、指圧は圧して放すという点圧の繰り返しで、心身の精気を蘇らせます。

 マスク、消毒、御一人様に予約で指圧をさせていただいていますので、心身の疲れをこじらせないうちに指圧を受けにいらしてください。

|

« スギ花粉の飛散は終息。 | トップページ | 中学生女子、シンスプリントと言われたそうですが…。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スギ花粉の飛散は終息。 | トップページ | 中学生女子、シンスプリントと言われたそうですが…。 »