« 今日も雨で寒い、ぎっくり痛に注意。 | トップページ | 茶葉の揉捻と手技療法の揉捏(揉撚)の違い。 »

2020年5月22日 (金)

左坐骨神経痛、膝を曲げられない、胆のう切除手術の影響もありそう。

522_20200522082301 晴れ間

 

 今朝は少し晴れ間が見えてきました。

 昨日は昨年秋に胆のう切除手術をした60代女性のお宅で久しぶりの指圧、主訴は左坐骨神経に沿った痛みで左膝を少し曲げただけで痛みがあります。

 整形外科では画像検査で膝の骨に異常はなかったとのこと、仰臥位下肢の指圧で左大腿四頭筋の起始から真ん中までの筋肉が弱く、真ん中から膝までが硬くなっていて、左大腿外側「胆経」の腸頸靭帯の指圧では強い痛みがありました。

 右上腹部の胆のうをとったことで、左下肢外側に対角線の負担をかけるようになったということがあるかもしれません。

 指圧前には一時間ほど下肢を温めていたということで下肢を触ると温かかったのですが、御本人は足が冷えていると感じていました。

 上肢は冷えていました。しかし久しぶりの指圧が効いたからか、いつもは脈が取りにくい左橈骨動脈でしっかりとした強い拍動を感じました。

 腹部の指圧は軽い圧で施術しました。胆のうをとって胆汁の濃縮ができなくなって脂肪がつきやすくなったからか、おなか周りのサイズは大きくなっていました。

 運動不足のむくみは全身にあっておなかは冷えていました。

 伏臥位の指圧で背中をゆるめ、下肢後側をゆるめて指圧を終えました。

 指圧後、起き上がる時には左膝に痛みがありましたが、少し歩くと左膝が指圧前よりも楽に曲がるようになりました。

 今回は大きく左膝関節を曲げるようなストレッチはせず、仰臥位でも伏臥位でも股関節を回旋させる方向に大腿に振動をかけて膝周囲の血行促進をはかりました。

 最後に、座位で左下肢を伸展挙上する大腿四頭筋のエクササイズを覚えていただきました。

 もともと左坐骨神経に沿った痛みのある方でしたが、坐骨神経痛が悪化したというよりは、胆のう手術以後、左下肢外側に負担がかかるようになった体のバランスの変化で痛みが強くなっていったようです。

 また月曜日にうかがいます。

|

« 今日も雨で寒い、ぎっくり痛に注意。 | トップページ | 茶葉の揉捻と手技療法の揉捏(揉撚)の違い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も雨で寒い、ぎっくり痛に注意。 | トップページ | 茶葉の揉捻と手技療法の揉捏(揉撚)の違い。 »