« 横臥位肩甲骨に圧をかけての外旋運動、神経痛に効果。 | トップページ | 昨日隣の鳩山町で最高気温40.2℃。 »

2020年8月11日 (火)

急な首の付け根右側の痛み、肩甲骨内縁の小さな硬結。

811_20200811081701 カブト虫

 

 カブト虫が木陰で蜜を吸っています。朝から今日の陽射しは強烈、この夏一番の暑さになりそう、今日は家でエアコンをつけておとなしくしていましょう。

 20代女性、夕方になって急に首の付け根から右の肩にかけて痛みが走るようになり、頸椎の屈曲(顔を下に向ける)ができなくなりました。

 右肩の外転や屈曲の動きは正常、右肩甲骨内縁に四指を当てながら体幹を右に回旋させて右肩甲骨を背骨に寄せていくと主訴と一致する痛みがありました。

 伏臥位と仰臥位で首、肩、背中、殿部、下肢、上肢、頭部顔面、前胸部、腹部と全身指圧をして、左を下にした横臥位で右肩甲骨内に左の中指と薬指を当て、右前胸部を右手根部でおさえて肩甲骨を外旋させていくと小菱形筋で小豆粒大の小さい硬結に触れました。

 この小さなこりが首から肩へ延びる神経線維を圧迫していたようです。

 座位でもう一度右肩甲骨を大きく外旋させて指圧を終えました。

 指圧後は顔を下に向けることができるようになって安心したようです。

|

« 横臥位肩甲骨に圧をかけての外旋運動、神経痛に効果。 | トップページ | 昨日隣の鳩山町で最高気温40.2℃。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横臥位肩甲骨に圧をかけての外旋運動、神経痛に効果。 | トップページ | 昨日隣の鳩山町で最高気温40.2℃。 »