« 強過ぎるフットマッサージで静脈血が渋滞。 | トップページ | 70代女性、神経ブロック注射30回で右腰痛が治った後に左腰痛。 »

2020年9月12日 (土)

問診で右耳のピアスが後ろにあるという→体幹の右回旋。

912 ナスの花

 

 猛暑日が続いた頃は葉っぱだけだったナスに花が咲いていくつかの蕾もできています。今日の最高気温は30℃に届かないようですが朝から非常に蒸し暑く、梅雨に戻ったような天気です。

 60代女性、半年前から右の腰に痛みがあり、どこに治療に行っても良くならなかったとのこと、お得意様の紹介で初めての指圧です。

 問診で「右のピアスが後ろに行ってしまう」と言われたのは初めてでした。つまり体幹が右に回旋しているのだと理解しました。

 脈は1分間に96、ここに到着するまでに途中で電話が数回かかってきたのも新記録、緊張しがちな性格が出ています。

 座位の触診で、猫背、脊椎の間隔が詰まっていることで骨粗鬆叢症の疑い、右半身の使い過ぎ、左半身の使わな過ぎなどがわかります。

 15年前の追突事故を右腰痛の原因と思っているようでしたが、それならば半年前から痛み出すというのは考えにくい、全身指圧をして触らせてもらえない部位もなく、最初のタッチではメンテナンスができていないので痛くても、指圧をしていくうちに痛みが消えていくことから交通事故の後遺症の腰痛というよりは、右手を使う猫背の手仕事姿勢の連続による右腰痛+加齢による骨密度の低下+運動不足ということのようです。

 全身指圧後、背中が伸びてバンザイができるようになったと喜んでいました。

 そして今朝電話があってお姉さんの指圧を頼まれました。今朝も背中が伸びていて体調が良いそうです。

|

« 強過ぎるフットマッサージで静脈血が渋滞。 | トップページ | 70代女性、神経ブロック注射30回で右腰痛が治った後に左腰痛。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 強過ぎるフットマッサージで静脈血が渋滞。 | トップページ | 70代女性、神経ブロック注射30回で右腰痛が治った後に左腰痛。 »