« 指圧を受けて痰が切れてくる、コロナ前とは違って…。 | トップページ | 秋の気配。 »

2020年9月 7日 (月)

自覚症状は首、肩のこりでも、むくみのほうが気になったケース。

97_20200907080901 スリーオクロックフラワー

 

 雨が止んだ朝7時にウォーキングに出かけたら途中でけっこうな雨に降られました。軒先の午後3時頃に咲くスリーオクロックフラワーも濡れています。こちらでは大雨や暴風といったほどの荒れた天気にはなりませんでしたが、まだ台風の影響で雨が降りそうです。

 首と肩のこりが主訴で初めて指圧をすることになった女性、気になったのはこりよりもむくみです。

 今までは接骨院で骨格矯正の施術を受けていたということですが、体幹のやや右回旋と右肩下がりというパソコンを使う時の姿勢がうかがえますが、骨格の歪みはわずかです。

 伏臥位の指圧では右肩甲挙筋が一番こっていましたが、上肢、殿部、下肢のむくみのほうが不調の原因だと思いました。

 少なくとも脊柱や骨盤に矯正の必要な大きな歪みはありませんでした。

 運動不足と育児の忙しさがあって仕事もされているので自分の体のメンテナンスの時間はなかなかとれないだろうと思いますが年齢とともに体で使えていない部分は増えてくるので、もし今まで行っていた体のメンテナンスがあまり効いていないと思うようでしたら、どなたかに評判の良い施術者を尋ねて、思い切ってそこへ行ってみるといいと思います。

 体の変化に対応した施術でなければ、効果は期待できません。

|

« 指圧を受けて痰が切れてくる、コロナ前とは違って…。 | トップページ | 秋の気配。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 指圧を受けて痰が切れてくる、コロナ前とは違って…。 | トップページ | 秋の気配。 »