« 寒暖差対策、朝晩は冷気を遮断+日中は体を動かして新陳代謝を促す。 | トップページ | 毎日感染予防。 »

2020年10月28日 (水)

からまるこり、ねじれたこりに軽い指圧が効く。

1028 

 

 昨日の昼休みに柿の木に梯子をかけて枝を切っていて、高さ3mほどの所から引っ張り下ろしてきた蔓、自然に絡みあって強さを補い合いながら伸びていました。

 「絡む」は経絡の「絡」、横のつながりを示しています。

 「経」は縦のツボの流れ、「絡」は横のツボの流れです。

 3本、4本とからまった蔓をまとめて植木バサミで切ることは難しく、1本なら力も入れずに切ることができました。

 蔓のねじれを引き離すのも1本なら簡単です。

 これはこりにも言えること、表層から深層までのいくつかの筋肉のしつこく重なったこりを、まとめて深部まで圧そうとすればねじれが潰れるだけです。

 表層から筋肉の癒着を軽い点圧ではがしていくと、手間がかかりますが薄皮をはがすように徐々にこりがゆるんでいきます。

 首、肩、腰のしつこいこりに、絡まった蔓のイメージで軽い点圧をしてみてください。

 今までの無駄な力技は何だったのかと、きっと気づくはずです。

|

« 寒暖差対策、朝晩は冷気を遮断+日中は体を動かして新陳代謝を促す。 | トップページ | 毎日感染予防。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒暖差対策、朝晩は冷気を遮断+日中は体を動かして新陳代謝を促す。 | トップページ | 毎日感染予防。 »