« 干し柿の白い粉は傷を治そうとして出た糖。 | トップページ | 今朝は暖かい。 »

2020年11月13日 (金)

80代女性、一回の指圧で左坐骨神経痛症状は改善、3週間ぶりの指圧。

1113_20201113082501 ローズマリー

 

 朝7時を過ぎて陽を背中に浴びると急に暖かくなりました。今日も日中と朝晩の気温差が大きな一日になります。寒くなってからコロナの感染者数は増加、青々と力強いローズマリーなどのハーブを飲食に利用して体の防衛力を強めたいと思います。

 80代女性、3週間前に左坐骨神経痛で指圧をして、それ以後は左の腰から下肢への痛みはないとのことです。今回の指圧では体幹がやや右に回旋していて右の肩こりと右坐骨神経伸展のストレッチで痛みがありました。

 背中が縦に縮んでいるので若い頃と比べて身長は低くなっています。

 伏臥位の指圧で背中を伸ばしていくと今回は痛みがないとのこと、脈ははっきりとしていてしかも落ち着いています。

 冷えもなく、体調は良さそう、前回の指圧の後は長時間歩けるようになったそうです。

 家で座っている時間が長いと背中が硬くなって坐骨神経症状の原因となるので、時々背伸びをすること、夜中のトイレの回数を減らすために寝る前にしばらく脚を高くして仰向けでテレビでも見ていること+立位の踵の上げ下げなどを毎日していただくことをお伝えして指圧を終えました。

 

|

« 干し柿の白い粉は傷を治そうとして出た糖。 | トップページ | 今朝は暖かい。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 干し柿の白い粉は傷を治そうとして出た糖。 | トップページ | 今朝は暖かい。 »