« 帰国者の公共交通機関利用、車との擦れ違い。 | トップページ | めまい、吐き気、水の停滞、胆経と膀胱経のこり。 »

2020年11月28日 (土)

キノコの本体は筋膜と神経のように見える地中の菌糸。

1128_20201128082701 葉が落ち枝が見える

 

 今朝は暖かくなりましたが、時々風が吹いて落葉が吹き流されていきます。繁った葉が散って、木が痩せて枝が見えるようになってきました。

 今朝のNHKBSプレミアム「美の壺」はキノコがテーマでした。

 キノコの本体は、地上に出ていて胞子を飛ばして子孫を増やすあのキノコではなく、地中に広がった菌糸です。

 菌糸は筋膜の中に神経が張り巡らされているような形をしています。

 見えていてわかりやすいのがキノコ、見えていないところで命を維持するのに欠かせないのが菌糸です。

 肩こりがキノコだとすると、キノコをとっても本体への施術ができていなければすぐにまた肩がこります。

 肩に張り巡らされた神経や血管、筋膜、盛り上がったこりの周囲ではもっと広く患部が拡がっています。

 見えないところ、手応えのないところまで緩めていくことが症状改善につながります。

|

« 帰国者の公共交通機関利用、車との擦れ違い。 | トップページ | めまい、吐き気、水の停滞、胆経と膀胱経のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰国者の公共交通機関利用、車との擦れ違い。 | トップページ | めまい、吐き気、水の停滞、胆経と膀胱経のこり。 »