« 母指は「握る、つまむ」ために発達した、だから指圧は圧すのではなく体重移動。 | トップページ | カラスが騒ぐ朝。 »

2020年12月 9日 (水)

葉が落ちてわかること、水が引いてわかること。

129_20201209083501 

 

 枯れ枝に絡まっていたカラスウリ、いらない枝を切って全部採ったと思っていましたが、今朝見るとまだ木にに2つぶら下がっていました。

 指圧では症状の原因となるこりが表面のむくみを取り除いてから初めて診えてくることがあります。

 大雨が降った後、地面の水が引いた時のように、老廃物や痛み物質が流れた時、頭痛や肩こりの根本の原因が頭や肩以外から浮き上がってくることがあります。

 葉を落とした木は、その幹や枝に触れやすくなります。

 むくみを流した体の部位は筋肉に触れやすくなります。

 指圧が全身施術を基本としているのは、真の原因を見逃さないためです。

 手っとり早くとは無縁、外科的な患部へのアプローチを避けて、遠まわりを良しとします。

 そこに流れているのが母心です。何とかしてこの痛みを和らげたいという気持ち、丁寧に、やさしく、やさしく。

 

|

« 母指は「握る、つまむ」ために発達した、だから指圧は圧すのではなく体重移動。 | トップページ | カラスが騒ぐ朝。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母指は「握る、つまむ」ために発達した、だから指圧は圧すのではなく体重移動。 | トップページ | カラスが騒ぐ朝。 »