« 東京医大の手洗い調査、鼻をかんだ後に手洗いをしている人は少ない。 | トップページ | 寒さでこりの自覚がない部位にもこりがある。 »

2021年1月21日 (木)

コロナ後遺症、血栓ができやすくなる、爆笑問題田中祐二さん。

121_20210121080301 胸の高さの隙間に咲く

 

 ホトケノザが胸の高さの壁の隙間に咲いていました。今朝も氷点下の寒さになりました。

 今朝のニュースで爆笑問題の田中祐二さんがクモ膜下出血と脳梗塞で水曜日の夜明け前に入院されたことを知りました。

 意識はあり、手術はせず一週間くらいの入院となるようで、田中さんはコロナウイルス感染の後遺症で血栓ができやすくなっていたのではないかというみかたもあるそうです。

 立春前の厳しい寒さで今はヒートショックに注意が必要な時期です。

 運動不足と正月気分を引きずっての塩分を摂り過ぎた食事は血管へのダメージになります。

 圧して放す指圧は、血管内皮細胞から血管拡張物質である一酸化窒素の分泌を活発にします。

 全身に軽くでいいので暇を見つけては指圧をしておきましょう。

 指圧は心肺機能を補って血行を促進し、血管を拡げます。

 

 

|

« 東京医大の手洗い調査、鼻をかんだ後に手洗いをしている人は少ない。 | トップページ | 寒さでこりの自覚がない部位にもこりがある。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京医大の手洗い調査、鼻をかんだ後に手洗いをしている人は少ない。 | トップページ | 寒さでこりの自覚がない部位にもこりがある。 »