« 運転免許更新の警察署はアナログ、コロナ禍に誘導のまずさと職員の大声対応。 | トップページ | 後頭部の頭痛、仕事と子育て、子連れの指圧。 »

2021年1月16日 (土)

70代女性、椅子で寝て、起きて急性腰痛。

116-72 7時2分の太陽

 太陽が顔を出した時間に西の方に走っていく何台もの消防車のサイレンがしばらく続きました。西の山にかかっていたのは靄ではなく火災の煙でした。その後、煙の勢いは治まってきたので鎮火したようです。

 昨日は急な往診が夕方にあって、帰ってシャワーを浴びて着替えたらその後の予約もなかったので終了としていました。

 営業時間が終わってほっとしていると電話があって「椅子で寝ていたら腰が痛くなった」という70代の女性が腰を70°くらい曲げて指圧にいらっしゃいました。

 急性腰痛なので椅子での触診はやめにして、できる姿勢をとってもらうと時間をかけて右を上にした横臥位になりました。

 触診をしていくと腰や背中を圧して痛みはなし、坐骨神経に沿った痛みもありませんが、右の股関節の曲げ伸ばしで痛みが再現されました。

 仰臥位になってもらって股関節を動かしてみると、左の股関節を動かして痛みはなく、やはり右の股関節の曲げ伸ばしで痛みが出ました。

 腹部の指圧で腹直筋などに緊張はなく、右肩から右前胸部の指圧で右下肢外側に痛みが走ったそうです。

 3日ほど前に右肩甲骨の奥が痛かったとのこと、背中が丸くなってきているので骨の変形は背中にも腰にのありそうです。

 続いて伏臥位になってもらうと体位変換でかなり痛みが減っていました。左半身の指圧を終えるとトイレに行かれました。

 むくんでもいました。

 トイレに行く時も帰って来る時も、来た時のような腰を曲げた姿勢ではなく、腰が伸ばせるようになっていました。

 伏臥位の右半身の指圧を終えて起き上がってもらうとかなり良くなりましたが、起き上がったり、歩き出す時には体重がかかって一瞬痛みが走るようです。

 ぎっくり腰としては軽いほうですが、背中が丸くなってきたので骨の変形はありそうです。

 昨日は寒かったので椅子でのうたた寝が腰には負担となったようです。

 2、3日は起き上がる時はゆっくりと時間をかけ、座位姿勢が長時間にならないようにして、家の中でいいので立って歩くことを頻繁にしておくと腰の痛みは気にならなくなると思います。 

|

« 運転免許更新の警察署はアナログ、コロナ禍に誘導のまずさと職員の大声対応。 | トップページ | 後頭部の頭痛、仕事と子育て、子連れの指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 運転免許更新の警察署はアナログ、コロナ禍に誘導のまずさと職員の大声対応。 | トップページ | 後頭部の頭痛、仕事と子育て、子連れの指圧。 »