« 南西からの雲、台風の影響。 | トップページ | 台風一過のさわやかな朝。 »

2021年10月 1日 (金)

慢性腰痛を整形外科で治療中の男性、ぎっくり腰で指圧に。

Img_0768 台風の朝

 

 10月最初の朝は台風が南の海上を進行中、弱い雨に加えて時々弱いけれど重たい圧の風が吹いています。

 1ヶ月ほど前から整形外科で赤外線などを使った腰痛の治療を受けている男性、朝起きて右の腰にいつもはない痛みを感じて指圧にいらっしゃいました。

 左腸骨稜上縁に沿った痛みがあり、伏臥位で寝ることにためらいがなかったので腸腰筋が狭い範囲で傷ついた軽いぎっくり腰のようです。

 首と肩のこり、右背中のこり、左腋窩のこり、左腰のこり、右大腿外側のこり、両ふくらはぎのこり、右下腿外側のこりがあって、足趾が丸まっていました。

 整形外科では患部の治療のみになるので、トリガーポイントとなっている部位のこりをゆるめることで指圧で症状が大きく改善されることはよくあります。

 右利きの人が右手を使う時に左半身が固定されて慢性の腰痛となり、起きてすぐのちょっとした動作で左腸腰筋が小さく裂けたのでしょう。

 台風接近の影響で関節の内圧が高まって腰の動きが悪くなっていたということもあるかもしれません。

 全身指圧後、立ち上がるのも椅子に座るのも問題なし、今朝はだいぶ良くなっていると思います。

 

 

 

|

« 南西からの雲、台風の影響。 | トップページ | 台風一過のさわやかな朝。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南西からの雲、台風の影響。 | トップページ | 台風一過のさわやかな朝。 »