« 今日は痛みが悪化しやすい天気。 | トップページ | 秋に咲く桜。 »

2021年10月10日 (日)

黄色靭帯骨化症、手術から5年、背中が痛い。

Img_0817 小さい花

 

 4種類の小さい花が咲いていました。8時を過ぎて雲間に青空が見えます。

 70代男性、主訴は背中の痛みと肩こり、5年前に黄色靭帯骨化症の手術をしています。

 黄色靭帯は脊髄の後ろ側にあって、それが骨化して神経を刺激する形は脊柱管狭窄症に似ています。

 黄色靭帯骨化症は胸椎に多く、手術痕は肩甲下部で腰よりも上の正中線にありました。

 膀胱直腸症状があり、尿も便も出にくいとのこと、また一般的には手のしびれは出ないことが多いのですが、首の手術も25年前にしていて手足がしびれます。

 おそらく首は後縦靭帯骨化症だったのでしょう、加えて心筋梗塞で冠動脈にはステントが入っていて、腎臓癌で左の腎臓を摘出しています。

 夏頃から食欲がなく食べ物を飲み込みにくくなってもいて5kg痩せたそうです。しかし体はまだ肥満気味ではあります。

 家族の方に車で送ってきてもらいましたが、杖はつかず、歩きやマットに寝る動作は悪くありません。

 仰臥位から指圧を始め、下肢や腰に坐骨神経痛の痛みはなし、ストレッチも問題なくできました。

 肩は言うほどにはこっていないので肩こりの自覚は胃か心臓の反射からかもしれません。

 おなかの指圧でS状結腸に糞塊がを確認し、おなかの指圧中に大きな音でガスが出ました。

 背中は横臥位で強く刺激しないように指圧しました。

 背中の正中線の手術痕の両側のこりは、神経の痛みを出さないために緊張し続けているようです。緩め過ぎてはいけないと感じました。

 横臥位の指圧でもガスが出て、仰臥位でもう一度上肢下肢のストレッチをして指圧を終えると尿意があるとのことでトイレに行かれましたが、出たのは少量だったようです。

 指圧後は全身運動になっているのでだるさを感じているようでしたが、背中の痛みは続いているとのこと、机に両手をついて背中を伸ばしたり丸めたりするストレッチは痛みがないようなので覚えていただいて家で続けてもらうことにしました。

 背中の痛みは黄色靭帯骨化症の傷跡が原因か、再発か、腎臓か心臓からの痛みか、胃などの他の内臓の問題かもしれません。

 近々心臓の主治医の検査があるそうです。

 お役に立てたかどうか、痛みが減っているといいのですが。

 

 

|

« 今日は痛みが悪化しやすい天気。 | トップページ | 秋に咲く桜。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は痛みが悪化しやすい天気。 | トップページ | 秋に咲く桜。 »