« ペルー沖でラニーニャ現象、この冬は寒くなる。 | トップページ | 尺骨神経の沿った痛みは首の付け根から小指へ。 »

2021年11月12日 (金)

右ふくらはぎがつった、左の背中、右の腰、殿部、大腿後側のこり。

Img_0965 太陽と湯気

 

 太陽が草地を照らして湯気が立ち昇っています。今朝も晴れ、乾燥が進んでいきます。

 右ふくらはぎがつったという男性、座位姿勢は円弧を描く大きな猫背で、左の肩から背中と右の腰、殿部、大腿後側という対角線のこりがありました。

 右のふくらはぎに特に問題はありませんが、右腰以下のこりで、ふくらはぎは血液不足、水分不足になってつったようです。

 夏と比べて汗をかかなくなったので水分の補給が足りていない人が多いのではないかと思います。

 マスクをしていることでものどの渇きを感じにくくなるので、冬もこまめな水分補給と、背中を伸ばすストレッチやスクワット、かかとの上げ下げなどを気がついた時にしておきましょう。

|

« ペルー沖でラニーニャ現象、この冬は寒くなる。 | トップページ | 尺骨神経の沿った痛みは首の付け根から小指へ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペルー沖でラニーニャ現象、この冬は寒くなる。 | トップページ | 尺骨神経の沿った痛みは首の付け根から小指へ。 »