« 走る、運動をする、筋肉から生理活性物質マイオカインが分泌、認知症予防。 | トップページ | 問診に出てこなかったご家族の入院、先入観なしの指圧。 »

2021年11月27日 (土)

足裏のアーチ、腹筋のアーチ。

Img_1044 ホトケノザ

 

 昨日の日中は暖かくて、今朝の庭に霜はありません。ウォーキングの道端に気の早い春の野の花ホトケノザが咲いていました。

 爪先で蹴って踵で着地する足裏と、おなかを引っ込ませた時の腹筋の形は同じアーチ型です。

 息を吐ききっておなかをへこませていくと上部と下部の腹筋を意識することができます。これは爪先と踵の刺激と似ています。

 おなかの中心は内臓や脂肪があるので、筋肉や腱と骨の土踏まずと違って、意識してへこまさなければ凸のアーチになりがちなので、過剰な脂肪を溜めない努力が健康を維持するためには必要になってきます。

 指圧、マッサージでは筋肉の端と端にある腱紡錘を刺激すると筋肉をゆるめることができます。

 この理論からすると、たるんだおなかには運動不足で脂肪の溜まったおなかの中心部へ運動になるような刺激をして「筋肉をゆるめるのではなく収縮させる」ことにおなか痩せ効果があると考えられます。

 歩く時に、爪先で蹴って踵から着地する足のアーチのイメージで、おなかもへこませてアーチを作ってその形を維持するようにすると運動効果が向上しておなか痩せにつながります。

|

« 走る、運動をする、筋肉から生理活性物質マイオカインが分泌、認知症予防。 | トップページ | 問診に出てこなかったご家族の入院、先入観なしの指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 走る、運動をする、筋肉から生理活性物質マイオカインが分泌、認知症予防。 | トップページ | 問診に出てこなかったご家族の入院、先入観なしの指圧。 »