« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月31日 (金)

大晦日。

Img_1180 風花

 

 今朝は地面にふわりとした細かい雪が残っているところがありました。少し前に短い時間風花が舞ったようです。

 50代男性、半年ぶりの指圧、9月半ばに車を運転中に追突されてむち打ちになったそうですが後遺症はなさそうです。

 右腰痛が持病でしたが腰の調子もむち打ちで休養がとれたとみえて悪くありません。

 右肩周囲がこっていましたがこれは仕事で右腕をよく使っているということ、後遺症の残るような大怪我でなくてよかったです。

 指圧中はよく眠りリラックスできた様子、また来年もお待ちしております。

 こちらの最高気温は6℃の予報、暖かくして大晦日をお過ごしください。

 今日も指圧の営業をしております。お疲れの方は一年頑張った体のケアに指圧にいらしてください。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

今年もあと2日。

Img_1177 梅のツボミ

 

 今朝も冷えました。今年も残すところあと2日、一日飾りはよくないので、毎年30日に正月飾りをしています。

 昨日は東京都の新型コロナ感染者数が10月以来の70人超え、初詣の混雑を避けるために年内にお先参りをする人たちの様子が今朝のニュースで放映されていました。

 今日までの無事に感謝して、感染対策をしながら、今日も指圧が始まります。

 

| | コメント (0)

2021年12月29日 (水)

年末年始も指圧をさせていただきます。

Img_1176 梅のツボミ

 

 年末のこの寒さで紅梅の開花が遅れています。例年はもう一つ二つ咲いているのですが今年のツボミはまだ赤い花びらの色が見えていません。

 明日も指圧の予約があり、年末年始も感染対策を徹底し、時間を空けて換気をして、お一人様に時間をかけて指圧をさせていただきます。

 久々に帰省される方も多いことと思います。

 時間の都合がつけば、指圧で全身のケアをして、リフレッシュした心と体で新年をお過ごしください。

| | コメント (0)

2021年12月28日 (火)

寒さで左顎関節症に。

Img_1171 チドリ

 

 冬の寒い日にチドリを見つけることがたびたびあります。車や人に慌てることもなく餌を探しながら歩いているようでした。

 40代女性、夕方にお子さんの外遊びに付き合った後の食事で左顎に痛みが走りました。

 しばらく口が開いた状態が続いたようですが顎を閉じることができました。

 触診では左前頸部鎖骨付近と、左の背中がこっていました。

 顎が外れかけた状態を戻そうとして左の胸鎖乳突筋と脊柱起立筋に力が入ったようです。

 伏臥位の指圧では左半身のこりが主で、右はそこまでではありません。

 仰臥位では左の前頸部から耳の周囲、顎関節、こめかみの指圧を繰り返し行って顎関節症状が再発しないように筋肉をゆるめ、血行を促進し、全身指圧後は体が軽くなったとのことでした。

 一度顎が閉じない状態を経験すると、それまでのように大きく口を開けては食べにくくなります。

 顎関節の関節円板が擦り減って顎が外れやすくなりますが、その他の原因として左右の噛み癖で使わない方の筋肉が弱くなって顎が外れやすくなっていることもあります。

 マスクをしていても顎関節の指圧・マッサージはできますので、気になる方は指圧にお越しください。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

今朝は̠氷点下の寒さ。

Img_1169 薄っすら筑波山

 

 スマホのお天気アプリを見ると今朝の最低気温は̠-4℃、8時を過ぎても-1℃になっています。

 ウォーキングでは爪先に地面の冷たさが伝わり、お墓のコップの水は枯葉を1枚閉じ込めて凍っていました。

 水を使って濡れた手袋はしないほうがまだましでした。

 最高気温は8℃の予報、この冬で一番の寒い一日になりそうです。

 出かける前には手足の関節を動かして準備運動、怪我や事故などのないように、どうか今日も御無事で。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

卓球の素振りの動きで肩の痛みが減る。

Img_1168 青々と

 

 週末の大寒波がこちらまでは届いていないようで、朝陽を浴びた草が青々と量を増しています。

 背中が丸くなる寒さですが、肩甲骨をいろいろな方向に動かすことで、肩の痛みも猫背も改善することができます。

 卓球の素振りの動きは前に動かす時が肩関節の内旋、この時に肩甲骨は外側に広がって外転します。

 素振りで戻す時は肩関節の外旋、この時に肩甲骨は背骨に近づいて内転します。

 肩を内旋外旋させる回旋腱板の炎症や傷で肩が挙がらない状態が長引くと、回旋の動きに働く肩甲骨周囲の筋肉が弱くなるので痛みが出ない範囲で動かすことがリハビリになります。

 ゴムチューブ軽い負荷をかけたリハビリ運動の代わりに、卓球のラケットでも負荷をかけることができます。

 腕を体側から離して上に挙げていく肩の外転の時に肩甲骨は挙上と上方回旋し、肘を曲げて体側に腕を下げていくと肩甲骨は下制と下方回旋の動きをします。

 四つん這いで背中を丸めれば肩甲骨は外転し、四つん這いで背中を反らせば肩甲骨は内転、立位で胸を張っても肩甲骨は内転します。

 卓球の素振り、両腕を頭の真上に挙げてから、両肘を曲げて脇腹に近づける、猫のポーズ、肩の痛みを減らし、猫背を改善します。

 

| | コメント (0)

2021年12月25日 (土)

25日から28日にかけて大寒波襲来の予報。

Img_1165 夜中に小雨

 

 夜中に少し雨が降ったようで地面が濡れています。雲に覆われた朝ですが切れ間から青空が少し見えます。

 今夜から火曜日までは大寒波襲来の予報が出ています。今朝は風もなく霜も降りず厳しい寒さではないので、今日中に買物を済ませておいたほうがよさそうです。

 雪が降って雪かきをしなければいけないようになると大変なので、疲れが溜まっている方は指圧にいらしてください。

 

| | コメント (0)

2021年12月24日 (金)

膝痛、運転前、膝を軽く曲げて速い「かかと浮かし」。

Img_1157 蝋梅

 

 今朝は薄っすらと霜、蝋梅が蕾をつけて開きかけもありました。

 今朝のニュースでは80代の女性が運転する車がコンビニに突っ込んだ映像を見ました。

 関節の硬さや血行の悪さ、膝痛や坐骨神経痛などがあればアクセルとブレーキの踏み間違いを起こしやすくなります。

 膝関節の動きを滑らかにするのに、軽く膝を曲げて爪先は床につけたままで、速いテンポで数センチのかかと浮かしを繰り返す方法があります。

 膝を伸ばして行い、骨に負荷をかける「かかと落とし」は有名ですが、かかと浮かしは小さく速く膝を曲げ伸ばしすることが目的です。

 椅子に座っていてもできますが、膝を曲げた角度が直角になるよりは、立位で膝を軽く曲げて行うほうが車の運転や歩行の膝の曲げ方に近くなります。

 両足でもできますが、お薦めは片足を半歩前に出してかかとを浮かす、床を踏むを繰り返します。

 片側ずつだと痛む膝がある場合に回数や爪先の向きで痛みを出さずに膝関節の滑液を分泌させて関節の動きを滑らかにすることができます。

 爪先の向きを正面の12時から始めて、軽く外に向けて1時、軽く内に向けて11時というように、わずかな角度の違いで御自分の膝の痛みを軽くする動きを見つけることができるのではないかと思います。

 片足なら足踏み式の空気入れでビニールプールを膨らませるイメージ、両足なら爪先は床についたままかかとを浮かすジャンプをためらっているような動きになります。

 外に出かける前に、車を運転する前に、速いテンポのかかと浮かしはО脚の方や腰や膝、下肢に痛みがある方にお薦めです。

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

もう日の入りは少しずつ遅くなっています。

Img_1152 七福神

 

 指圧のお客様にいただいた七福神の羊羹、もうすぐ新年がやってきます。

 冬至が一番昼が短いとは言いますが、日の入りの時間は12月4日から7日が一番早くてさいたま市では16時27分、今日の日の入りは16時32分なので少しずつ日の入りは遅くなっています。

 日の出は今日が6時48分で1月12日の6時51分まで日の出の時間が遅くなっていきます。

 5分前後の日の出と日の入りの違いを感じるのはなかなか難しいことで、年が明ければ迎春とはいえ冬の厳しい寒さがしばらく続きます。

 今朝は霜は降りていませんでしたが、地面からの底冷えが日の当たる屋外よりも夜明け前の家の中で感じられました。

 日中は太陽の光と熱の恩恵を体と家に取り込んで、寒さに熱を奪われないように備えましょう。

 指圧は冷えをとり、血行促進によって体を温めます。

 年末年始も指圧で体のメンテナンスをしてこの冬を健康で過ごしましょう。

 

| | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

冬至、柚子をいただきました。

Img_1154 柚子

 

 今日は冬至、暖かかった昨日の午後の影響か、霜も氷もない朝です。指圧のお客様から柚子をいただきました。

 去年は帰省自粛した子や孫が今年は年末年始にやって来るという方が増えました。体を整えておくための指圧です。

 元気な方でも、朝晩の冷えで体が硬くなっていたり、姿勢が歪んでいるものです。

 普段は夫婦二人の食事を作っている方が久しぶりに大人数の食事を用意するのに、指圧で体の動きを滑らかにしておくと後の疲れを軽減できます。

 アスリートでなくても、年齢を重ねていくうちに前後のメンテナンスが重要になってきます。

 冬至は柚子風呂と「ん」の二つつく「南瓜(なんきん=かぼちゃ)」を食べるなどの風習があります。

 柚子風呂で体を温め、カボチャを食べて粘膜を強くするβカロテンを摂取して免疫力を高め、指圧で血行促進して一年の疲れを取り除いて、余裕のある健康な体で新年をお迎えください。

 

| | コメント (0)

2021年12月21日 (火)

コロナ禍でも健康寿命延びる、男性72.68才、女性75.38才に。

Img_11451 今朝も霜

 

 今朝も霜が降りて冷えました。明日は冬至です。

 3年ぶりに健康寿命が公表され男性は72.68才、女性は75.38才、コロナがあっても健康寿命は男性で0.54才、女性で0.59才延びました。

 介護を受けず、寝たきりにもなっていないで過ごしている健康寿命と、平均寿命の差は男性が8.73才、女性が12.07才、厚労省はその差をできるだけ短くすることを目指しています。

 晩年の10年近くを介護を受けたり寝たきりで過ごさずにすむように、バランスの良い食事と運動習慣に加え、指圧で体のケアのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 ちなみに健康寿命の最長は男性が大分県の73.72才、女性が三重県の77.58才、最低は男性が岩手県の71.39才、女性が京都府の73.68才だそうです。

 地域の気候、環境に合わせた暮らしの工夫で、冬の寒さの中、無理をせず、体にいいことを続けていきましょう。

 指圧を受けることでも、御自分で指圧をすることでも体のケアになります。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

M1優勝 錦鯉、続けてやっと見つかって一年、年齢を問わずわかりやすいお笑い。

Img_1140 西に沈む月

 西の山に十五夜の月が沈んでいきます。朝7時、まだ日の当たらないお茶の葉の上にも畑にも霜が降りています。

 昨日のM1グランプリでは錦鯉が優勝しました。

 50代と40代のコンビが去年やっと一般の人に認知され始めて、一年間老若男女を問わずわかりやすいお笑いを続けての優勝です。

 面白いを試行錯誤して、自分たちの漫才の形を作って、その価値を信じて、続けた結果の優勝です。

 笑いや心を打つ歌やドラマが私たちをリラックスさせてくれることは、コロナ禍で一層身に沁みて感じられます。

 考える必要なく面白い、理屈抜きで気持ちがいい、指圧も自分が試行錯誤して生み出した施術の価値を信じてやり続けることで、いつか「見つかる」日がやってきます。

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

シンスプリントに、腓骨筋のエクササイズ。

Img_1138 エノキのような霜柱

 

 天気予報ではこの地域の今朝の最低気温は̠-3℃、9時を過ぎても1℃、エノキのように細い霜柱が立ち上がっていました。

 昨日指圧した女子陸上選手、右下腿内側のシンスプリントはほぼ治り、かばった左下腿内側にシンスプリントの症状が出ていました。

 シンスプリントは足の着地が外側に傾いて足首内側から下腿内側下部に痛みが出ます。

 着地が足の外側に傾く足の内反は、捻挫の時や脳梗塞後遺症でよく起こります。

 着地の傾きを矯正するには、足の内側をしっかりと地面に踏み込む感覚を練習前や普段から足に記憶させるために、足を外反+背屈させる腓骨筋のエクササイズをしておくことが効果的です。

 キャスター付きの椅子に座って、爪先をやや外側に向けて足の外側を少し浮かして内側で床面をとらえ、膝を内側に倒しながら、椅子を後ろに徐々に引いていくと腓骨筋が硬くなってくる感覚がわかりやすいです。

 指圧中はよく眠ってリラックスできたようです。

 シンスプリントの原因は練習や試合での使い過ぎなので、年末年始に練習を休むことができるとかなりよくなると思います。

 重い症状ではないので、下腿外側の腓骨筋を使って足全体でバランスの良い着地ができるようにしていきましょう。

| | コメント (0)

2021年12月18日 (土)

肩の痛みに小さく腕組み振り子運動、痛みが減っていくストーリーを共有する。

Img_1133 桜の枝

 

 昨夜は怖いほどの風が吹いて霊園では桜の枝が落ち、落葉が広く厚く地面を覆っていました。霜が立ち上がり、今年初めてお墓の花立の水が凍りました。

 左肩痛の指圧、ファスナーを挙げるような動きができません。

 ファスナーを挙げる動き(肩の伸展+内転+内旋)と、肘を曲げて肩と水平にした上腕を後方に倒す動き(外旋)で痛みが出ます。

 肩の屈曲(前方挙上)や外転、下制など正面の動きはできます。

 指圧をしていくと左の三角筋前部、小円筋の停止部、腋窩の肩甲下筋に痛みがありました。

 左肩周囲の指圧でその3ヶ所の痛みは交代で現れました。

 痛みが移動するのは傷が治りかけの時によく起こります。

 全身指圧後、腕を胸の前で組んで体の正面で左右や斜め上斜め下に痛みの出ない範囲で動かすストレッチを覚えていただきました。

 両腕を組んで肩を動かすと振り子運動にブレーキをかけやすくなります。股関節痛の時の貧乏ゆすりのような感じで、痛みを出さずに肩の血行促進ができます。

 左肩の痛みで重心は右に傾いていましたが、全身がゆるんで姿勢が良くなると左肩前部と腋窩の痛みはなくなりました。

 ファスナーを挙げる動きは小円筋停止部の小さな傷を引き延ばして刺激することになっているようです。

 体の正面での腕組み振り子運動では左右の斜めの動きで患部周囲に小さなストレッチとエクササイズを繰り返して血行促進します。

 傷を治すのは血液です。ある日気がついたら痛みがなくなっていたという日が近いうちにあるかもしれません。

 このストーリーを納得していただいてお客様と回復の過程を共有できるとこの日の施術がより効いていきます。

 

| | コメント (0)

2021年12月17日 (金)

「埼玉県 ご近所型介護予防プログラム集」。

Img_1130 介護予防運動

 

 地域の介護予防体操の中心メンバーに町から招集がかかり、コロナ禍での実施状況を調査したプリントなどと一緒に埼玉県の「ご近所型介護予防プログラム集」が配布されました。

 内容は基本の重りを使った筋トレの他に、椅子に座って、寝て、立ってなど様々な体位でのストレッチとエクササイズが44種類、その他に認知症予防の脳トレと同時に行う運動などを合わせて60近くの運動プログラムが掲載されていました。

 読み応えがありました。実際にやってみるといくつかの運動は姿勢の違いだけのものもありますが、膝や腰に痛みがある方でも体位を変えればできる運動が見つかりそうです。

 今朝は雨、家の中では立った姿勢から軽く膝を曲げて6秒キープするだけでもスクワットの効果が得られます。

 筋トレは6秒、ストレッチは15秒から20秒持続としてあって、一般よりも少しハードルを下げているところもこのプログラムの良さです。

 

| | コメント (0)

2021年12月16日 (木)

「大金は知名度についてくる、才能や努力にではない」売れて病む人にインパルス板倉俊之さんの言葉。

Img_1121 ミントに霜

 

 庭のミントが霜をまとって今朝も冷えました。

 夜明け前の佐久間宜行さんのオールナイトニッポンゼロにゲストで出演したインパルス板倉俊之さんの名言、「大金は知名度についてくる、才能や努力にではない」、胸に響いて目が覚めてしまいました。

 売れてからその現場の空気を読んで求められるものを提供していくことと、自分の本当にやりたいこととのギャップに心を痛めた板倉さんの体験談は一般の方にも当てはまります。

 自分の才能を信じ努力をしてわが道を行くのも、もっとこうしたほうがいいのにと思いながら妥協して周りに合わせていくのも、どちらも険しい道のりです。

 心が病んだり、擦り切れたと感じたら、少しペースを落とす、わが道ではうまくいかないとなったら少し妥協する、今日みなさんに幸せだと思える時間がありますように。

 

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

いよいよ冷えてきました。

Img_1117 グラウンド

 

 日の出直前の城西大のスポーツフィールドではウォームアップのランニングをしている人が数人、毎朝何人かと道ですれ違います。

 山側に数百メートル戻った接骨院では看板のデジタル文字が動いていて診療中の札がかかっていましたが、治療室の電気が消えていて無人だったので夜明け前の急患だったのかもしれません。

 今朝はスマホカバーが冷たいと感じるくらい冷えて、昨日は横浜で雪が降ったようです。

 冷えて固まった体では思わぬ大怪我につながることがあります。

 転倒骨折の予防や脳や心臓の血管が詰まらないように、指圧にお出かけください。出張指圧もしております。

| | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

大泉洋さんのマッサージ体験、若手の激痛マッサージ後、大先生に気を送られる。

Img_1116 キウイ

 

 寒い朝ですが今朝も霜はないところが多く、氷も張っていません。丸々と実ったキウイをそのままにしているお宅がありました。食べ飽きてしまったのかな。

 昨日のお昼のナイツのラジオ番組で、ゲストの大泉洋さんが若手の激痛マッサージと大先生の気と、どちらが効いたかわからないというマッサージ体験談を語っていらっしゃいました。

 40分の激痛マッサージの後、大先生が登場し、体には触れず、気を送るのだそうです。

 激痛マッサージは刺激が強過ぎるので交感神経が優位になり、大先生の気の時間は体を休めることになって副交感神経が優位になってリラックスできたのでしょう。

 気は祈りや共感や共鳴、お祓い、離れていても手掌からは遠赤外線効果がある場合もあると思います。

 体を安静にした状態で気を送られている状態は神社やお寺の御祈祷やお祓いに似ています。

 気だけではマッサージ効果はなかなか難しいので、激痛の刺激は不適切ですが、そこから解放された安静の時間に収縮し過ぎた筋肉や血管が拡がって血圧が下がり、気の治療を受けているというパフォーマンスに対する共感や共鳴があればその時間は体に対してはよりプラスに働きます。

 マッサージはあまり上手ではなくても、気を受けている時間があったから、大泉さんの体はやり過ぎの刺激をリセットできたようです。

 上手な施術者は共感をし合えるように心身との気のコミュニケーションもとりながら刺激をしていくので、大先生が後から気を送るようなパフォーマンスにはなりません。

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

乾燥注意。

Img_1115 枯葉の道

 

 枯葉を敷き詰めた下り坂の砂利道ですが、霜がなく乾いているので滑りませんでした。

 時折風が吹いて乾燥が進んでいます。

 皮膚の表面だけでなく、関節も血行が悪くなると水分不足でギシギシと音を立てます。

 道は滑らないほうが安全ですが、関節が滑らかに動かないと思わぬ怪我をします。

 今週も元気で過ごすために、関節の曲げ伸ばしや軽い体操を行ってぎっくり腰や転倒を予防しましょう。

 お疲れの方は指圧にいらしてください。

 自分ではゆるめられない肩や腰の痛みにも指圧は良く効きます。

 心も体も余裕を持って残り少なくなった今年を締めくくりましょう。

 

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

疲れ目解消に+2.0の老眼鏡、「ゲンキの時間」。

Img_1108 ホトケノザ

 

 庭にホトケノザが咲きました。今朝は霜が降りませんでした。

 今朝の「ゲンキの時間」名医のリセット法がテーマで、疲れ目解消に100円ショップで買える+2.0の老眼鏡をかけて1m以上離れた場所を3~5分間ボーッと眺める「雲霧法」を紹介していました。

 緊張した目の筋肉を休めるためにあえてピントの合わない状態を作り出すことはとても良い方法です。

 半眼の座禅も同じような効果で「シャッキと見えてくる」のではないかと思いました。

 今日は100円ショップで+2.0の老眼鏡が品切れになるかも。

| | コメント (0)

2021年12月11日 (土)

肝の疲れの頭痛、酸味が欲しくなる。

Img_1107 霜と朝モヤ

 

 畑に霜が降りて朝モヤが立ち昇っています。日が高くなるにつれ、暖かくなっています。

 主訴が右前頭部の頭痛の女性、歯の治療で口を開けていたことの影響もありそうです。

 首の付け根付近の左右の僧帽筋の芯はこっていましたがむくんでもいました。

 週の真ん中くらいまでくもりや雨の天気だったので天気の影響と運動不足も頭痛につながっているようです。

 最近酸味が欲しくなるということから肝臓の疲れもありそうです。酸は肝を栄養します。

 今月はあまり忙しくなかったそうですが、今年の疲れ、先月の疲れが溜まっているようです。

 肝は血を蔵し、怒りを象徴する臓器、一年のストレスが年末に出てくることがあります。

 頭に血が上り、還り血の悪さがむくみとなって頭痛になったようです。

 右利きで右肩上部のこり、肝臓の裏の右背中のこりがあったので右前頭部頭痛と酸味を欲する食の好みの変化からも「肝の頭痛」と言えそうです。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月10日 (金)

両足底のしびれの指圧2回目、これでよし。

Img_1104 新しいミント

 

 冬枯れていくミントもありますが、まだ厳しい寒さではないので新しく育ったミントもあります。今朝も霜はありません。

 昨日は両足底のしびれが主訴の方の2回目の指圧、前回の指圧後1週間は足のしびれがなかったとのことで、内踝周囲の詰まりに問題ありという診立ては間違っていなかったようです。

 健康診断の結果は異状なしとのこと、肩関節と股関節が硬いので全身指圧で血行促進していくことで体の不安は減っていきそうです。

 指圧中胃腸が動き、橈骨動脈の脈は弱いながらとることができたので大きな問題はありません。

 内踝の隙間を拡げる足背屈+外反のストレッチを立位と膝を曲げた長座で覚えていただいて指圧を終えました。

 やはり整形外科で言われたような坐骨神経痛ではなさそう、体を動かして不安のない体を維持していきましょう。

 

| | コメント (0)

2021年12月 9日 (木)

足裏のしびれ、後脛骨筋のストレッチ。

Img_1101 今日は晴れる

 

 雲の広がる朝ですが今日は晴れる予報、ところどころ青空がのぞいています。

 今日は足裏のしびれが主訴の方の2回目の指圧、前回の指圧では内踝の周囲での神経の圧迫に原因があるようでした。

 だるさも続いているということなので、もう一度全身のチェックをしてから指圧を始めるつもりです。

 内踝周囲のストレッチは足の背屈+外反です。

 ふくらはぎ中央深部の後脛骨筋のストレッチをするのと同じです。

 片足を後ろに一歩引いて、後ろ側の後脛骨筋をストレッチします。

 後ろの足は爪先を外側に向け、前後の膝を曲げて重心を下げていきます。

 後ろの足の内側は着地したまま外側を浮かして膝を落としていくことで足背屈+外反のストレッチとなり内踝周囲に隙間が拡がります。

 О脚では使わない足の動きなので、日常生活動作ではなかなか使わない動き、足裏にしびれがある方はお試しください。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 8日 (水)

田尾安志さんの現役時代は日本酒マッサージでメンテナンス。

Img_1097 ブルーベリーに雨

 

 昨夜から雨になって紅葉したブルーベリーの葉っぱの濃さが増しています。

 今朝の産経新聞に田尾安志さんが現役時代は日本酒マッサージでメンテナンスをしていたというコラムを書いていらっしゃいました。

 プロであれば球団のトレーナーにまかせるだけではなく、自分に合った施術者を積極的に探して怪我の予防やメンテナンスに努めるべきであるというのが田尾さんのお考えです。

 酒風呂を体験した方はわかると思いますが、日本酒は皮膚から浸透して血行促進に働きます。

 ただし私は酒風呂でのぼせてしまいますし冷え性でもないので日本酒マッサージは向かないかもしれません。

 血行促進するにはアロマオイルや温熱や鍼灸など様々な方法があり、私は指圧とアロマを選びました。

 指圧で圧迫された血管や神経が再び内腔を拡げられる隙間を作り、動脈血の酸素と栄養と熱を体の隅々まで行き渡らせるように調整します。

 プロのスポーツ選手ではなくても、どなたにも体の歪みや詰まりは積み重なって、やがて不快な症状が現れます。

 時間をかけてぬるま湯が体の深部までを温めるような指圧で、痛みやしびれやむくみから解放されますようにとの思いをこめて、次の指圧の準備が始まります。

 

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

後頸部の指圧3点目、奇穴「頸百労」。

Img_1094 晴れ間

 

 夜中に弱い雨が短い時間降ったようで地面が濡れています。今朝は雲の切れ間から青空が少し見えてきたので外を歩いていてホッとしました。

 アロマ環境協会の古い機関誌を整理しようと中身を読んでいたら、参考文献として残しておきたい内容があって結局捨てることができませんでした。

 その一つに奇穴「頸百労(百労)」などを紹介したツボ押しの記事、浪越の指圧ではおよそ後頸部の3点目にあたります。

 天柱から後頸部を下がっていった真ん中よりやや下が百労です。

 浪越の指圧では筋肉の端から端までをゆるめていくことが主眼なので、「百労」という名前では教わっておらず、経絡経穴概論の教科書にもこのツボは載っていませんでした。

 第7頸椎よりも指2本分上で天柱から下りてくる部位なので、僧帽筋、頭半棘筋、頭板状筋などがこのツボの位置にあります。

 首の疲れに対して百労のツボを重視するのは鍼灸の先生に多いのでしょう。

 こりや圧痛部位に対してアプローチする鍼灸と、西洋の整体やマッサージを取り入れて大正時代以後に現在の形になった指圧との違いを感じました。

 つまり指圧やマッサージは、筋肉の端と端をとらえてストレッチの刺激を与えることが目的ですから、筋肉の中心に近い部位は多くの1点と同じように扱うことができます。

 ただし百労の位置にこりを見つけた場合はそのこりがゆるむまで施術を繰り返していきます。

 答えに速く到達する手技と、答えがわかっても全身から答えを出す指圧マッサージとの違いを、「首の疲れのツボ百労」という注目の仕方から感じました。

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

今週は曇りの日が続く予報。

Img_1088 カロライナジャスミン

 

 暖かい日が続いてカロライナジャスミンの花が一つ開きました。

 しかし今週の天気予報では曇りが続きます。

 今朝のウォーキングでは風がなくて霜も降りていませんでしたが6時半くらいまで明るくなってきませんでした。

 寒さはさほど厳しくなくても曇り空で心身の不調をきたすことがあります。

 お天気病の予防にテキパキと行動するようにしましょう。

 やや速いリズムで動くと、明るい気が生まれます。

 座りすぎ、うつむき過ぎには要注意、時々胸を張って深い呼吸をしましょう。

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

冷えに良い飲み物の適温は50℃。

Img_1087 一夜で葉が落ちる

 

 昨日は枯葉をまとっていた低木が今朝は丸裸に、冬の寒さと風が葉っぱの力を吹き消していきます。

 今朝の「ゲンキの時間」は冷え対策、飲み物は70℃では交感神経を刺激して冷えに結びつきやすいので適温は50℃だそうです。

 風呂の適温はよく言われているように38℃から40℃、マッサージも冷たい足先だけではなく大腿、下腿と大きな血管を刺激することが良いと紹介していました。

 熱いや痛いという感覚に加えて精神的なストレスも交感神経を刺激して血管が収縮し冷えの原因となります。

 物足りないくらいがちょうどいい、これが指圧、基本的には主訴の部分を強く圧すのではなく、全身に気持ちのいい指圧をして症状を改善していきます。

 熱いや痛いを我慢していると症状の改善にはなかなか結びつきません。

 信じて続けている解消法がストレスになっていることもあるのです。 

| | コメント (0)

2021年12月 4日 (土)

冬の朝は靴が硬く当たる、足のケア。

Img_1085 カモ

 

 溜池のカモが石の上で休んでいます。まだ氷は岸辺の葦の周りにも張っていません。

 今週は朝の気温がだんだんと下がって、爪先の内側で靴を硬く感じるようになりました。

 接触刺激が続くとタコや靴擦れなどにもなります。

 寒くなると自分の素足を見る時間が少なりなりますが、小さな違和感があれば早めにケアしておきましょう。

 痛みが強くなる原因には巻き爪や外反母趾もあります。

 毎日の足のチェックで、違和感なく歩けるように整えていきましょう。

 

| | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

朝のウォーキング中に富士五湖を震源とする地震。

Img_1084 霜と朝陽

 

 霜が降りた畑で、朝陽がイチョウを照らしていました。霜の降りていないところもあり、今朝は風がないので厳しい寒さではありませんでした。

 このウォーキング中に富士五湖を震源とする震度5弱の地震があったのですが、歩いていて気づきませんでした。こちらでは震度3だったようです。

 夜中にも富士五湖を震源とする地震があったようで、夜中の目が覚めたのはそのせいかもしれません。地震があったことには気づかずに、すぐにまた眠りました。

 富士五湖を震源とする地震は今年10回起きているそうで、富士山の噴火と直結するものではないということです。

 緊急地震速報が来て地震がたいして揺れなかった時はイラッとしますが、地震に気づかないでいて後で知ると教えてほしかった気がしました。

 緊急地震速報でイラッとしないようにします。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

バドミントン桃田選手試合途中負傷棄権、腰というよりは…。

Img_1070 筑波山

 

 昨日は雨が上がってから午後は20℃近い最高気温、今朝は筑波山が平野のおへそのように見えています。

 朝のニュースでバドミントンの桃田賢斗選手が試合開始後すぐに左の肩甲骨の下に手を当てて背中を反らし、試合を棄権する様子が放映されていました。

 「腰痛」や「腰を痛めて」としていたテレビ局が多かったようですが、手を当てた位置と左利きの桃田選手の腕の振りの様子から広背筋の肉離れのように思いました。

 腰を痛めたのであれば下半身があんなに真っすぐではいられないと思います。

 広背筋は野球のピッチングで振りかぶる時と投げ降ろした時の2回使われ、バドミントンの素振りも似た動作です。

 トップレベルの選手は筋肉の使い過ぎで怪我をすることがあります。

 前後のニュースでゴルフのタイガー・ウッズ選手が脚の複雑骨折からの復帰会見の映像が流れ、半袖から盛り上がった腕の太さと胸板の厚さを見ただけに、桃田選手の体が華奢に見えました。

 タイガー・ウッズ選手は骨折で下半身が動かせな間に、上半身をボディビルダーなみに鍛えていたのでしょう。

 桃田選手はまずは治療に専念して、また素晴らしいプレーをしていただきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

12月は雨の朝から。

Img_1065 雨の糸

 

 今朝は明け方から時々雨が強く降り、7時頃から雨が弱くなりました。12月の始まりは雨からでしたが、朝の気温は昨日ほど寒くありません。

 今年もあと1ヶ月、怪我をしないように、風邪を引かないように、病気にならないように、体を動かして、毎日を過ごしましょう。

 疲れが溜まったら指圧にいらしてください。

 お待ちしています。

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »