« 朝からにわか雨、雷注意報、8時で20℃超え。 | トップページ | シャガの6枚の花びら、陰陽六経脈の手足を思う。 »

2022年4月28日 (木)

主張の少ない香りも空気に混ざる。

Img_1820 ミカンの花

 

 大ぶりの柑橘の花が道端でツボミをつけていました。まだネロリの香りはしません。

 花が開くと遠くまで香るミカンの花ですが鼻を近づけてもうっすらとした草花の匂いがしただけです。

 そのわずかな香りも空気に混じって今この時の香りとなり日々香りのブレンドが少しずつ変化していきます。

 その土地の植生、天気、風、自然のアロマテラピーは刻々と香りを変えています。

 

|

« 朝からにわか雨、雷注意報、8時で20℃超え。 | トップページ | シャガの6枚の花びら、陰陽六経脈の手足を思う。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝からにわか雨、雷注意報、8時で20℃超え。 | トップページ | シャガの6枚の花びら、陰陽六経脈の手足を思う。 »