« 連休中も指圧をさせていただいております。 | トップページ | 雨上がりの晴れ間、風は冷たい。 »

2022年5月 1日 (日)

「ゲンキの時間」、大腸癌の予防、排便時に力まない、歩く。

Img_1841 トマトの花

 

 5月最初の朝はくもりで肌寒さを感じます。トマトの黄色い花も花びらを閉じていました。

 今朝のTBSテレビ「ゲンキの時間」は消化器がテーマでした。

 大腸にポケットのような窪みの憩室ができると大腸癌になるリスクが高まるそうです。

 憩室ができる原因は排便時に力むこと、排便時に力むことで大腸の筋肉が薄くなって憩室ができ、細菌感染しやすくなったり、大腸癌が発症しやすくなるそうです。

 歩くことは大腸癌の予防になるので出演されていたドクターも実践されているそうです。

 内臓の平滑筋を強くするには自分の意思で動かせる横紋筋を動かして運動をすることです。

 排便の時は無理に出そうとして力まないこと、歩くこと、便秘にならないような食生活、できることを続けていきましょう。

 

|

« 連休中も指圧をさせていただいております。 | トップページ | 雨上がりの晴れ間、風は冷たい。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連休中も指圧をさせていただいております。 | トップページ | 雨上がりの晴れ間、風は冷たい。 »