« 左肩甲挙筋のこり、体幹右側屈で右背部に広く神経根症状。 | トップページ | 昨日の昼は強い雨、今朝はさわやか。 »

2022年6月12日 (日)

2ヶ月で肩と膝が見違えるほど回復。

Img_1991 サンパラソル

 

 玄関のサンパラソルは閉じた傘のような蕾を次々とつけていますが、左隣の多花性で次々と黄色い花が咲くというアポロンは購入後2週間たってもまだ花が咲きません。

 花に開花時期があるように、肩や膝の痛みにも治るまでの時間がその体の違いや使い方の違いによって違ってきます。

 40代男性、2ヶ月ぶりの指圧、右肩と右膝に痛みがあってどうなったか気になっていましたが関節運動で痛みはなく、右膝の最大屈曲では痛みが出ることがあるようですが日常生活動作は痛みを出すことなくできているようです。

 今回の主訴は左肩甲骨内上角の痛み、肩甲挙筋停止部のこっていました。

 右手を使う時に顔を右斜め下に向けて左の首の付け根に頭の重さがかかることが多いようです。

 右半身に痛みがある場合はやがて右をかばった左半身に新しいこりや痛みが生まれることがあります。

 右半身の負担を減らしながら体を使ったことで右肩と右膝が時間をかけて回復していったのでしょう。

 全身指圧後、左肩のこりがゆるみました。

 痛みがあるのに無理して使うと悪化しますが、痛みを出さないように使っていくとそれがリハビリになり回復につながります。

|

« 左肩甲挙筋のこり、体幹右側屈で右背部に広く神経根症状。 | トップページ | 昨日の昼は強い雨、今朝はさわやか。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 左肩甲挙筋のこり、体幹右側屈で右背部に広く神経根症状。 | トップページ | 昨日の昼は強い雨、今朝はさわやか。 »